息づかい・ ぬくもり ・・・ アラン写真館

心に歓喜を、Dr.アランmac      幅広~い心と、 ゆとりある心で。。。。

心のふれあえる人間

2016-10-25 09:50:26 | 写真館
小さい頃から 真面目人間すぎた人は、会社を休んで少し遊んだほうが

長い人生を考えれば効果的な時間の使い方となる。


仕事も最後には、人間としての器量がものをいう。


新入社員の頃は 英語ができるとか、字がきれいだとか、

数字に強いとか、コンピューターの操作が上手いとか、

細かい事務が得意だとか ということが、ものをいうかもしれない。



しかし、次第に重い責任を背負わなければ ならなくなってくる。



そうなった時に大切なのは大切なのは 人間としての器量 である。

そこには父親としての仕事を果たす間に 培(つちか)われるものもある。


若い頃、友達と野山を歩いた時に身につけたものも大切になる。

恋人とのつきあいも知らず知らずのうちに 人を心理的に成長させる。


最後にものをいうには 人間としてのやさしさである。

心のふれあえる人間になっているかどうか ということである。


。。。。。
        出典: 「心の休ませ方」
                     加藤 諦三 著         PHP研究所



                                          画家 長谷 緑也さんの作品

現在のアランの心境で、「アドラーの教え」 の再確認が必要と 反省しております。
『写真』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小原流展「白い秋」・・・・... | トップ | 小原流展「白い秋」・・・・... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (小豆ママ)
2016-10-25 11:24:05
人にやさしくありたいと思います。
家族・・ 友人・・ 
心のふれあえる人間
心がけますね。。。
ステキな言葉をありがとうございます。
こんにちは (tempo1078)
2016-10-25 13:59:18
加藤諦三さん、
いや、先生と言うべきか。

私の青春時代には、
バイブルみたいなお方でしたねぇ。

ご高齢になられたはずですが、
お元気なのは喜ばしい。

コメントを投稿

写真館」カテゴリの最新記事