超級龍熱

香港功夫映画と共に

熱風!韓国LEGENDS⑰ 『タチマワ・リー/悪人よ、地獄行き急行列車に乗れ!』

2008-12-15 12:19:10 | 熱風!韓国LEGENDS
先日購入した「キム・ギヨン」DVDボックス、早速に『虫女』(72)から観てるんですが、いや~これまた壊れまくった物語展開、気味の悪い登場人物と・・もう問答無用のキム・ギヨンの怪物振りが全開の映画でしたねー!
さらにキム・ギヨン映画ではお約束の白鼠の大群、そして階段から転げ落ちる女性、とこのDVDボックスの売りであるはずの日本語字幕入りなのが逆に作品の強烈さを増長させていると感じているのは私だけでしょうか(苦笑)。
あ、あと主人公の本妻の運転手役で何とイ・テグンこと李大根が出演していて、テグン親分のファンの私としてはかなり嬉しかったです。先日の東京国際映画祭で観た『高麗葬』も含めて、残りの未見の2作品も今から観賞するのが恐ろしい・・じゃなくて楽しみです(苦笑)。

さてさて、私が最新韓国アクション映画で一番観たかった映画とは果たして何でしょう?『良い奴、悪い奴、変な奴』?それもお気に入り!『映画は映画だ!』?それも良かった!でも何よりも私が観たかった映画がこのリュ・スンワン導演、イム・ウォンヒ主演『タチマワ・リー/悪人よ、地獄行き急行列車に乗れ!』なのです!
2000年にインターネット上で放送され、何と129万件のアクセスを達成したスンワン導演による短編『タチマワlee(35分)』を元に、新たに長編バージョンとして製作されたこの『タチマワ・リー』は、スンワン導演の70年代韓国スパイ映画や韓国クンフー映画への溢れんばかりの思い入れと愛情がテンコ盛りの作品に仕上がっています。
物語は国際的な敏腕スパイのタチマワ・リー(イム・ウォンヒ。タチマワ・リーの語源は文字通りアクションにおける用語“立ち回り”から取っています)がそれこそ北京、日本、上海、アメリカなど世界各国を又にかけ、日本や中国の悪漢スパイたちと黄金の仏像を巡ってひたすら超おバカな闘いを繰り広げる、という展開です。
70年代の韓国アクション映画をご覧になった事がある方には良くお判りかと思いますが、それらの作品は殆どが現場録音ではなく声優たちによるアテレコ、それも主人公の男優は何故か一様に野太い声で「いいかぁ!これから俺の韓国テコンドーの妙技をぉ・・見せてやるぞォォ!ぬあああああ!」といった異様にオーバーな台詞回しが多々観られたのですが、この『タチマワ・リー』にもスンワン導演の意向によりその70年代的台詞回し&リアクションの手法が取られていて、イム・ウォンヒら俳優たちの台詞は現場録音ではなくアテレコ、それも声優によって吹き替えられています。このアテレコによる良い意味での“古臭い台詞回し”は個人的にはとても懐かしく感じられました。
また肝心のアクションも、あの『シティ・オブ・バイオレンス/相棒』(06)であれほど現代的かつハイ・レベルのクンフー・ファイトを構築したスンワン導演が、この『タチマワ・リー』ではややコミカル・タッチが過剰気味とは言え、敢えて70年代韓国クンフー映画と同様のシンプルで荒々しい“殴る、蹴る”を中心としたクラシカルなアクションを披露していきます。
それらのある意味ノスタルジックなアクションを経て、この作品中におけるアクションの一番の見せ場が、映画の中盤でリュ・スンボム演じる悪漢に片手を潰されたタチマワ・リーが自分を助けた娘の亡き父親が持っていた武芸の指南書から“獨臂剣法”に開眼し、特訓の果てにタチマワ・リーが断刀を手にスンボムら悪漢集団を片っ端から蹴散らす大乱戦でしょう。
この迫力の剣劇アクションは、言うまでも無く王羽主演『獨臂刀』(67)、そしてそのリメイクである趙文卓主演『ブレード/刀』(95)へのオマージュ的な剣劇アクションとして見事な完成度を誇るシーンですし、超おバカ映画に終始しているこの映画に「ビシッ!」とした1本の柱的な役割を果たしている重要なアクション・シークエンスですね。
とにかく個人的には映画を観ている間に何回爆笑したか判らないほど超ナンセンスなギャグが満載されていますが、そうは言いながらも映画のラストでタチマワ・リーと相棒の女スパイが悪漢の日本人に向かって颯爽と「この悪人め!さあ、受け取れ!地獄行き急行列車の最後の切符をォォ!」の決め台詞を言い放つシーンは超カッコイイねー!!あ、よ~く観ると映画の中で一瞬ですがチョン・ドウホンが顔を見せているシーンがあるので是非チェックしてみて下さいね。

最後にこの『タチマワ・リー/悪人よ、地獄行き急行列車に乗れ!』の映像を快く提供して下さったkazuさんに感謝します。ありがとうございました。
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 熱風!韓国LEGENDS⑯ “旋風方... | トップ | 懐かしのUN選手権ジャンボ... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
地獄行き特急列車に乗った男 (kazu)
2008-12-15 14:38:34
龍熱さま

「タチマワ・リー」を扱っていただき誠にありがとうございます。

今年の夏ごろから動画共有サイトで予告編がバンバン流れていて、是非観たい作品のひとつでした。

結局今年の韓国映画はこの「タチマワ・リー」と「良い奴、悪い奴、変な奴」というレトロテイストあふれる作品が話題を独占した感じですね。興収的には「D-WARS」もありましたが。
地獄行き特急列車に乗り遅れた男 (龍熱)
2008-12-15 17:09:26
kazuさん、

こんにちわ!
いえいえ、こちらこそkazuさんのおかげで観たかったこの
映画を観れて本当に嬉しいです。
本文では触れませんでしたが、この映画のオープニング
もイカしてたなぁ!
リュ・スンワン導演にはこれからもこのようなレトロティスト
&迫力のクンフー・アクション映画を撮って欲しいですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

熱風!韓国LEGENDS」カテゴリの最新記事

トラックバック

虫女 掲示板 (30代女性の転職でキャリアアップ!)
百万円と苦虫女商品価格:1,470円レビュー平均:4.5 昆虫女王商品価格:609円レビュー平均:4.0 百万円と苦虫女 オリジナル・サウンドトラック商品価格:2,625円レビュー平均:0.0 ...