超級龍熱

香港功夫映画と共に

“邪悪拳”こと高飛が死去。

2017-03-31 17:36:31 | ニュース
トビー・ラッセル監督のFBで訃報を知りました。あの“邪悪拳”こと高飛が29日に亡くなったそうです。享年67歳。
日本の文献で高飛について詳細に取り上げたのは拙著「香港功夫映画激闘史」ぐらいかと思いますが、私は反派役が多かった高飛本人曰く、リズミカルで力強い拳技アクション“邪悪拳”が大好きでした。
また高飛はリーさんこと李小龍の遺作「燃えよドラゴン」にもハンの戦闘員役で出演していて、高飛がリーさんと一緒に写っている写真が何枚もありますし、映画の終盤でジョン・サクソン演じるローパーを広場の中央に荒っぽく誘導する戦闘員が高飛です。
劉忠良との激闘が圧巻だった「神腿」(79)、金童と闘った「六合千手」(79)、姜大衛&徐少強コンビと真っ向勝負を見せた高飛のベスト作品「踢館」(79)、珍しく正義派として韓国第一蹴撃高手と死闘を展開した「非情のハイキック~黄正利の足技地獄」(80)、関徳興演じる黄飛鴻と一騎打ちを見せた「ツーフィンガー鷹」(81)、リングで楊斯と闘った邵氏公司作品で“南洋邪術片”「魔/デビルズオーメン」(83)などなど高飛の残したクンフー映画の秀作を挙げたらキリがありませんし、多くの良質なクンフー映画に出演した人でした。
早過ぎる急逝が本当に残念です。合掌。
コメント