Dr. フロッガーのブログ

内科医フロッガーのブログです。

大麻でラット凶暴化?についての検証

2008-12-30 | 大麻-その他

麻薬・覚せい剤乱用防止センター制作のビデオ映像で、「大麻の有効成分であるTHCをラットに注射すると攻撃性が増し他のネズミを攻撃するようになる」、というものがある。
この実験結果はしばしば大麻が暴力傾向を引き起こす根拠として喧伝されており、厳しい取り締まりの正当化に用いられている。しかし、この実験については大きな問題があり、ヒトにそのまま当てはめることができるのか大きな疑問がある。この記事で検証を行う。

・この実験について書かれた論文
この実験のソースが何であるのか調査したところ、 「目でみる精神医学シリーズ5 薬物依存」にこのラットの実験に関する記載があった。

「目でみる精神医学シリーズ5 薬物依存」より抜粋。
「Wistar系ラットを1ゲージ当たり数匹ずつ群飼育しながら、毎日1回THC 6mg/kgの腹腔内投与を続けても、2週間まではラットの行動に何らの変化も見られなかったが、15日目以降より情動過多運動反応とともにマウスを噛み殺す行動(muricide)を示すラットが現れた。しかし隔離したラットにTHCを投与すると、たった一回だけの投与で、差し出した棒にかみつき、muricideをも示すようになった。」
この教科書は大麻取締法変革センター(THC)のサイト閲覧できる(PDFのP80-88)。
http://asayake.jp/modules/report/index.php?page=article&storyid=157

上の教科書から引用論文を調べたところ以下のものであった。以降、この論文について検証を行う。

Effects of psychotropic drugs on delta 9-tetrahydrocannabinol-induced long-lasting muricide.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/6104841?ordinalpos=3&itool=EntrezSystem2.PEntrez.Pubmed.Pubmed_ResultsPanel.Pubmed_DefaultReportPanel.Pubmed_RVDocSum

・muricide?(これは共食いではない!)
論文のタイトルにMuricideという聞きなれない用語が出てきた。Muricideとはラットがマウスを殺す現象のことである。大麻の危険性を喧伝する文書やビデオでは、ネズミが仲間を殺すようになる、大麻は暴力性を高めることの証拠だ、という風に述べられることが多い。
しかし、この論文で述べられているのは、「ラット」が「マウス」を殺す現象についてなのである。ラットもマウスもネズミの一種であるが別の動物であり、ラットはマウスに比べ何倍も体が大きい。簡単にいえば、ドブネズミとハツカネズミである。
普通のラットでも攻撃性の高いものはマウスを襲う。野生のラットの70%、実験用ラットの12%がマウスを殺すというデータがある。そして殺した後食べるようである。捕食行動とも思える。これは仲間に対する暴力行動を助長する根拠となりうるだろうか?

また、muricideは、神経系以外にも、環境因子、社会因子、学習、空腹により影響される。
この論文では、THC投与終了後もmuricideは続く、とし、THCにより凶暴性が誘導されるのみならず後々まで続くという風に考察しているが、これはTHCの影響ではなく、ラットが「マウスが食料となること」を学習した結果ではないのかという疑問を持つ。

ラットは大型のネズミで、ドブネズミを品種改良したもの。 
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%88
マウスは小型のネズミで、いわゆるハツカネズミの系統である。
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%84%E3%82%AB%E3%83%8D%E3%82%BA%E3%83%9F#.E5.AE.9F.E9.A8.93.E7.94.A8.E3.83.9E.E3.82.A6.E3.82.B9
mouseとratの違い。muricideについての解説あり。 
 http://www.ratbehavior.org/RatsMice.htm

・THCの量
この実験で用いているTHCの量は6mg/kgである。これは、体重50kgのヒトでは300mgとなる
大麻たばこに含まれるTHCは10-20mgであり、喫煙で体内に摂取されるTHC量4mgであることを考えれば、かなりの大量である。

・攻撃反応の起こる条件
ラットを単独飼育していると、単回投与でもmuricideが生じるが、数匹飼育しているときには2週間以上THCを投与しなければこの反応は起こらない。このことから、この反応は環境因子によって影響を受けるものであると言える。

・まとめ
総合して考えてみる。
ラットを孤独な状態で飼育し、そこに通常使用量の80-90倍もの大量のTHCを注射する。そののちに棒で刺激したり、別種の動物を同じ籠に入れる。このような異常な状態に置かれれば、通常の生物であれば恐怖や防衛から攻撃を仕掛けるのではないだろうかという疑問を持つ。

少なくとも、人間の大麻使用者に一般化できる事柄とは言い難い。 

実際人ではどうか過去にまとめている。
・大麻と暴力傾向について:フロッガーまとめ。 疫学的検証も大麻と暴力の関連を否定。
http://asayake.jp/modules/report/index.php?page=article&storyid=599
http://blog.goo.ne.jp/dr-frogger/e/8e9dc8825ddbaf94573c878d48b64889

皆さんどう考えますか?

コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 医学論文を読むとき | トップ | 大麻の基礎 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (かっちゃん)
2009-01-05 15:40:01
フロッガーさん、こんにちは、私は動物が好きなので、ラットとマウスの関係もほぼ記憶していたと思いますので「マリファナは怖い」で同様の写真をみたとき、すぐに普通の「捕食行動」ではないか?と思いました。少なくとも餌を与えなければ、たとえ同種のものでも「捕食行動」はよくある話です。
 ところで、「マリファナは怖い」の中ではこれはマウスのムリサイドとして説明されています。ビデオではラットという事ですが、それさえも誤魔化しているのですね。
 写真は、大きなネズミが非常に小さなネズミを襲っている様に見えます。一見同じ種類に見えますが、私は例え同種であってもネズミ一般の捕食行動との区別は難しいと思いました。
 しかし、大きな方がラットというドブネズミの改良種だと知ったなら、ラット本来のもつ習性の中にクマネズミを捕食するドブネズミの様に目の前にマウスがいたら襲うのが本来の習性ではないかと思いますし、この実験は、非常に意図的な非科学的なものだと自ら示すものだと思います。

 動物学者に見てもらいたい実験だと思います。
コメントありがとうございます (フロッガー)
2009-01-05 17:56:16
かっちゃん
コメントありがとうございます。全くですね。科学者であれば、起こった現象を受け入れ、深く考えなければなりません。
勝手に解釈するだけならまだしも、プロパガンダにもちいるとは。しかも権威あるものが行うというのは犯罪的行為と思います。
untiダメセン (Δ9)
2009-01-13 01:18:22
メチャクチャですね。結果が先にあったことが伺えます。

あと腹腔内投与とありますが、これで人間が煙を吸ったときの薬効が想定されますかね?
人間だったら腹膜炎コースのような気が。。
腹腔内投与 (フロッガー)
2009-01-13 18:58:37
腹腔内投与は、ネズミなど小さい動物の実験ではよく行われます。小さい動物に静脈注射するのは大変ですからね。不思議と腹膜炎にはならないです。
http://www.ilas.med.tohoku.ac.jp/committee/rule_hiken.html
腹腔内投与は、静脈注射に似た血中濃度を示すように思います。腹腔なので門脈系からも吸収され肝臓を通過する経路もあるでしょう。その場合THCは肝臓で代謝されるかもしれません。
脊髄損傷後疼痛 (中枢痛患者の夫)
2009-02-01 21:49:13
 初めまして、「脊髄損傷 痛み 治療」で検索してこのブログに出会いました。
 私の妻は、脊髄損傷による中枢痛に苦しむ一人です。この痛みは本当に残酷な痛みです。治る見込みもなくずっと死ぬまで耐えていかなければなりません。しかも、次第に強くなるのです。
 最近、がんの痛みについては、理解が深まりその緩和について積極的に行われるようになってきたようですが、脊髄損傷後疼痛ついては世間は冷たいです。この痛みについてぜんぜん知らない医療関係者も結構います。
 諸外国では、この痛みの治療のために医療大麻が使われているんですね。なんという悲しい現実でしょう。私が子どものころは、麻なんてそこいら中に生えていましたが。この薬がちゃんと使えるように、今後ともご活躍をお願いします。
コメントありがとうございます (フロッガー)
2009-02-11 15:11:53
中枢痛患者の夫さん
コメントありがとうございます。脊髄損傷後の痛みについても、大麻を試す価値は大いにあるのではないかと思います。アメリカでは、医療大麻の規制緩和が進んできており、今後よりスタンダードな治療法となっていくことだろうと思います。日本で今後どのようにしていくか、難しい問題です。自分の力のなさを感じています。
国を動かす最も大きな声は患者・国民の声です。情報が広がり、自分も使ってみたいという患者の声が上がれば、もっとも説得力のある変革のきっかけになると思います。

大麻-その他」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事