DOYASA一期一会ブログ

DOYASA小杉陽子が、お仕事を通して感じた事をブログに・・・  

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

てんくうりつ

2012-01-18 18:28:28 | Weblog

天空率の話

たまには、真面目に仕事をしている事もブログっとかないと・・・・

天空率なるもの

おもに建築設計において、天空の占める立体角投射率のことをいう。ある地点からどれだけ天空が見込まれるかを示し、100%が「全方向に天空を望む」状態、0%が「天空がすべて塞がれた状態」である。 建築基準法において、建築物の立体形状に対する制限の一要因という位置づけとなっているが、これは平成14年建築基準法改正において斜線制限の緩和条件として盛り込まれたものである。そこでは、斜線制限の範囲内で建てられる建築物と同等以上の天空率を建築物の周辺で確保できることが緩和条件となっている。

↑ 受け売りです

例えば 北側斜線 なーんて 規定があるわけで

今回の計画のお家もこの北側斜線がかかるためシンメトリーの屋根に出来ない

 →が北側斜線

 まっとうに考えると いびつなバランスの悪い屋根の形になってしまう

ビジュアルだけでなく施工上もよろしくない

そこで てんくうりつぅ~

  を使うわけでして

これだと シンメトリーのお家でも日当たりとか大丈夫だよって証明でき

確認申請上もレッツオーライになるわけです

うちのボスが何日間か悩んでました

実際は、確認申請とは別に手数料がかかったり 添付図面が数枚いります

タイトなスケジュールの中  痛い・・・・

しかし・・・・ ALCOとしては、より綺麗なフォルムのものにしたい

おっさん(ボス)のこだわりが 天空率 でした

常に美しいもの・かっこいいもの・より良いものを追求する事は、大切ですね

こうやって 無理やり バージョンアップしていくこすぎ

年末は、より 鉄人28号的な こすぎになるのだろうか?

PS  突然 夜遅く 娘から送られてきたメール 「辰の子」と だけ・・・・

おかあさん・・・・  返事に困る・・・・

娘は、ラッパを吹いていない 手持無沙汰な時は、ペンを持ってます

大学4年生 お絵かき帳 必要な子

小さい時は、楽でした

ファミレスや遊園地の待ち時間が少々長くても ぐずることなく 絵を描いている

たまに お絵かきしりとりが始まり  これが結構 凄い

6歳の子供のくせに ブラックバスと鯛を描き分ける技

父親 ゆずりです


コメント   この記事についてブログを書く
« 仕事を楽しむ方法 | トップ | お仕事だけど プチ逃亡 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事