BOSSの壷

"Southern Valley" の日常とBOSSの《壷》をお伝えします。

《オヤジの壺》〜ソテツの剪定。

2019-06-19 19:44:28 | ご報告
久しぶりに《オヤジの壺》を書かせて頂く。

今回は「ソテツの剪定」。
ソテツ(蘇鉄)と言えば南国風の景色に登場する植物だが、
かなり昔から関東以南のホテルの庭や街路樹として植えられてきたので、
ややもすると少し和風な、ちょっと古臭いイメージもある。
ところが、ここ数年のヤシの木の流行に乗った形で、
庭のデザインやアレンジによっては「イケてるプランツ」として見直されているようだ。

〜で、私は去年、”SV” からほど近い自宅の庭に沢山のソテツを植えた。

ハワイには「ヘイヤウ」と言う、重要な儀式などに使う神聖な場所がある。
それを模して高台を造成し、周りに10本のソテツを植えたのだが、
リュータローやダイジローには「前方後円墳」に見えるらしく、
「BOSS は早くも自分のお墓を作った」などど噂を広めているらしい。
まあ、ソウ言われればソウにも見えるが・・・。


移植前からの葉っぱは極めて元気が良いが、頭頂部には新芽が展開し始めている。


根がしっかり張り、幹の元には新しい葉っぱが開き始める直前に。


頭頂部の新芽に注意しながら、まずは剪定バサミで全ての葉っぱを切り落とす。
なにか汚い感じだが、このままにする園芸家もいる。


ところが私の血液型はAAA。(こんなことに関しては・・・)。
レシプロソウ(電動ノコギリ)でツルツルに仕上げる。
こうすることで、将来に渡って美しい樹形を保てるのだ。


最終的な仕上がりはこんな感じ。
背丈ほどもある10本の剪定には半日もかかってしまった。


少し残念な感じの風景になってしまったが、
あとひと月も経てば真新しい、柔らかで鮮やかな葉っぱが展開するはずだ。


全ての作業が終わったのは夜の7時近く。
今日の夕陽は明日が晴天であることを知らせてくれる。


ドウでもよい話を最後までお付き合い頂き有難うございました。






この記事についてブログを書く
« 新しいドローン。 | トップ | 週末だというのに.・・・。 »
最近の画像もっと見る

ご報告」カテゴリの最新記事