童話と絵本の会

楽しい童話や絵本を集めています。気にいった童話や絵本があればお知らせください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

童話と絵本の会 2018.11.13 ゴルゴーンたいじ(1~3)

2018-11-13 22:23:58 | カ行の絵本
2018年 11月 13日(火)曇り 14℃ 78%RH am5:30

童話と絵本の会の準備をしています。 お気に入りの童話や絵本があれば教えてください。

今日の絵本
_ゴルゴーンたいじ(1~3)
___ギリシアの神話物語 文 槙本ナナ子 絵 河野日出雄 和田義三 向井長政 清水耕蔵 
__1967 研秀出版株式会社 
__御器所教会蔵書

ある ところに、 アクリシス
と いう おうが ありました。
「ひめに はやく、 まごの
おうじが うまれますように。」
いのって いると、 かみさまが
あらわれました。
「ひめには、 おとこの 子が
うまれる。 けれど その 子に
おまえは ころされるだろう。」
その とおりに、 おとこの
子が うまれました。
おそろしく なった おうは、
あかんぼうを はこに のせて、
うみに ながしました。
はこは、 とおい しまに
つきました。
あかんぼうの ペルセウスは、
りょうしに ひろわれて、
だいじに そだてられました。
ペルセウスは、 かしこく
つよい わかものに
なりました。

ある とき、 しまの おうが、
わかものたちを よんで、
ごちそうを しました。
「よいか。 こんど みんなで、
わしに おくりものを
もって くるのじゃ。」
ずるい おうが いいました。
「りっぱな うまが いいよ。」
「そうだ、 うまに しょう。」
「いや、 ゴルゴーンの くびだ。」
ペルセウスが いいました。
「よし。 ペルセウス、 すぐ ゴルゴーンを
うちとって こい。」
おうが、 めいれいしました。
ところが、 ゴルゴーンと
いうのは、 三人の 女の かいぶつです。
かみのけは へびに なって いて、
みた ものは、 石に されて しまうと
いわれて います。

「ゴルゴーンの いどころは、
だれも わからないんだ。
ちょうしに のって とんでもない
ことを いっちゃった。」
こまった ペルセウスは、
うみの そばで
かんがえこんで いました。
そこへ、 いくさの めがみ
アテーナーと、かしこい かみ
ヘルメースが あらわれました。
「ペルセウス、 たてを かして
あげよう。 これに うつして、
まん中の ゴルゴーンを
ねらうのだ。 あとの ふたりは、
けっして しなないのだからね。」
「わたしは、 つばさの くつを
かそう。 三人で ひとつ目の
おばあさんの ところへ いって、
さむい まほうの くにへ いく
みちを ききなさい。 ついたら、
うつくしい せいが おまえを
たすけて くれる。」(つづく)

御器所教会  ここをクリックすると、御器所教会のキレイなホームページが開きます。 画面中央の▲をクリックすると。きよらかなパイプオルガンの音が聞こえてきます。
ぜひご訪問ください。

    
御来訪ありがとうございます。

『育児』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 童話と絵本の会 2018.11.05... | トップ |   

コメントを投稿

カ行の絵本」カテゴリの最新記事