京都童心の会

ほっこりあそぼ 京都洛西の俳句の会
代表 金澤 ひろあき
俳句 冠句 自由律 詩 エッセイなど同好の人たちと交流

フリー句「夢に出て来た」の巻

2020-05-22 08:14:32 | 俳句
フリー句 自由連句 「夢に出て来た」の巻

夢に出て来た親父と祖母に五千円ずつ貰う 巡紅
神棚にあげて報告初任給    ひろあき
親子で外食咳払い俺が出す   巡紅
新緑のころには新たな赴任先   ひろあき
湖畔道路をオープンカ-で走る  巡紅
トップギアこだましている大歓声 ひろあき
山神様までノリノリで大地が揺れる 巡紅
もののけ姫の映画ででかい猪が ひろあき
護王神社前足腰の守り神様の御使いだ 巡紅
能舞台もとは室町花の御所   ひろあき
義満の目に留まったのは世阿弥まだ十二歳 巡紅
元服の装束許しの色使う    ひろあき
朝日浴びて合掌すれば気持ちは二十歳 巡紅
葉のかげにいつの間にやらさくらんぼ ひろあき
夜明け前水田になれば蛙達の嫁来いコ-ル 巡紅
耕せるうちは守るわと丹波の農家 ひろあき
売るに売れず使うに使えない相続田圃 巡紅
されど山にはマツタケが出る   ひろあき
美人のお姉さんの幽霊が出るって本当 巡紅
月夜にいたずらぽんぽこ狸    ひろあき
コメント   この記事についてブログを書く
« 西国街道 水無瀬まで | トップ | フリー句「テイクアウト」の... »

コメントを投稿

俳句」カテゴリの最新記事