青の洞門草紙

家庭料理と酒肴の店「青の洞門」0742-41-9845 17:00~23:00 日曜休み(祝祭日営業)

ソフトバンクの「白い犬」お父さん逝く!

2018-06-30 16:18:15 | Weblog
一昨日の青の洞門は、W杯サッカー日本対ポーランド戦の影響もあり静かな一日でした。それでもサッカーに興味のないお客さん(?)が集まり、予想した以上の営業成果でした。
試合は1対0で敗れましたが、日本はイエローカードの差で決勝トーナメント進出を決めました。最後の日本の時間稼ぎのパス回しのプレーは、見ていてちょっと残念な気持ちになりました。
同時に他競技場で行われていたセネガルの負けを想定したパス回しは、攻める以上にリスクがあると思いました。しかし予想通りにセネガルが負けて、日本の決勝トーナメント進出が決まりました。
決勝トーナメントでは、日本の果敢なプレーを期待したいものです。元々期待値の低い日本だから、常に強気の攻撃こそが一番の武器だと思います。
さて、最近のペットブームでテレビのCMでも犬や猫が登場します。その先駆けとなった、ソフトバンクの「白い犬」お父さんのカイ君が一昨日に亡くなったそうです。16歳という高齢でもあり、老衰だということです。
現在はカイ君の息子のカイト君とカイキ君が、2代目「お父さん」役となっているそうです。愛くるしい姿で人気を集めたカイ君のご冥福をお祈りしたいと思います。


コメント

W杯日本強し!

2018-06-25 16:19:53 | Weblog
大阪北部地震から今日で一週間となります。余震もようやく治まり、普段の生活に戻った感じです。
日本に住んでいる限り、地震はどこで起きてもおかしくありません。今回の地震を機に、「備えあれば患いなし」の気持ちを徹底したいと思います。
さて、サッカーW杯の日本対セネガル戦は深夜に行われました。生中継は見ていませんが、朝のテレビで日本が引き分けたことが一番に放送されていました。
第1戦のコロンビア戦の勝利の後の強豪セネガルとの引き分けは上々の結果だと思います。同点とした本田選手のキックは、やはり各国を渡り歩いたキャリアを感じさせました。現在はフル出場こそありませんが、本田選手が登場すると必ず点に結びつくから不思議です。
次のポルトガル戦でも、本田選手の活躍により決勝トーナメント出場を決めて欲しいものです。監督交代により、本田選手の出場が可能となったW杯での日本の熱い闘いに期待したいと思います。
大阪北部地震の影響で、青の洞門は数日は暇な状態が続きました。今週は予約も多く、何とか挽回したいと思います。
今日の奈良は最高気温が33度です。この暑さ克服するため、夜は青の洞門でのエビス樽生ビールが一番です。








コメント

奈良震度5弱!

2018-06-19 15:55:10 | Weblog
昨日の大阪震度6弱の地震にはびっくりしました。奈良も震度5弱と、かなり揺れました。
阪神・淡路大震災の翌年に大阪に転勤となったため、初めて大きな地震との遭遇でした。自宅はマンションの6階でしたが、物が落ちることもなく無事でした。
お店「青の洞門」のことも気になったため、暫くして確認に行きました。こちらも奇跡的に何も落ちることなく、いつもの通りの様子でした。
ラインで知り合いに連絡すると、家の中は荒れている人はいましたが、みんな無事でした。災害時のラインの有効性の凄さにビックリです。
今朝、自転車で立ち寄った法融寺墓地での光景にまた驚きです。昨日の地震の影響で、無縁仏の墓石が散乱していました。
いつも手を合わせている無縁仏ですが、今朝も同様に合掌しました。重い墓石なので何も出来なくて、申し訳なく感じました。
今日も余震は震度1程度で、何度か発生しています。今後、何事もなく地震が終結することを祈るばかりです。
さて、今ロシアではサッカーワールドカップの最中です。今夜はいよいよ日本が登場します。
サッカーと雨に弱い青の洞門なので、今日は暇を覚悟しなければなりません。それならばお店のテレビで、不利と評判の日本を応援しましょう。





コメント

布施の夜

2018-06-14 15:32:14 | Weblog
先日の青の洞門定休日の日曜日には、東大阪の布施まで出かけました。福岡支店時代から付き合いのあるH氏との久々の再会のためです。
H氏は仕事を辞めたせいか、ずい分身体が大きくなっていました。そのため、医者からも体重を落とすように指示が出ているそうです。
減量といえば、こちらも同様の状況です。走れなくなると、増えるのは体重ばかりです。何とかしなければと、日々自転車に頼っていますが・・・・。
H氏とは、午後4時から8時まで延々と話し飲み続けました。長時間飲んでもこの日はあまり酔うこともなく、気持ちのいいお酒でした。
東大阪会などは血気盛んな女性軍が混じるため、最後は正体不明になります。しかし、男性だけで飲むと酔わないのは何故でしょうか。
酒席でのH氏の話の中で、ちょっと記憶に残ったものを二つ紹介します。
・ハローワークから紹介の市営の自転車一時預かり場の仕事では、週三回ほど通ったそうです。その朝の忙しい時間帯に、いつも千円札を出して釣銭を急がせる女性がいたそうです。
毎回千円札を出してワイワイ言って急がせるため、急ぐのであればきっちり150円を用意しなさいと注意したそうです。その言い方が気に入らなかったのか、その場で大騒ぎしたようです。
市役所にもクレームがいき、何かと大変だったとのことです。そして最後には5千円札を出して、早くしろとまた騒いだようです。
とうとう頭にきたH氏は、他の駐輪場を利用するように入場を拒否したそうです。そんなこともあり、H氏はその仕事を辞めたそうです。
・もう一つは、ある上場企業での受付での仕事です。お金を扱う仕事のため、会社への入退室は必ず持ち物チェックを行うそうです。
ある女性課長の入館の際、何故かカバンの点検は拒否したそうです。規則だからと説明し、強引にやったそうです。
その後総務課から呼び出しがあり、女性課長への点検内容の確認があったそうです。カバンを調べたと説明すると、本当に女性課長のチェックをやったのかとビックリしたそうです。
特定の人間に関しては、特別扱いをするという会社のやり方にH氏は納得出来ません。そのため、こちらの会社からもH氏はさっさと離れてしまったようです。
これを聞くと、H氏らしい筋の通った性格が出た話だと思いました。私も仕事柄、どこまで自分の言いたいことを我慢できるかという問題が多々あります。ただ、時にはH氏のように本音をガツンと言ってみたいものです。
コメント

ジッタリン・ジン プレゼント

2018-06-08 16:09:49 | Weblog
近畿地方も梅雨に入りました。今朝も小雨の中、杵築神社まで自転車を走らせました。
途中の田んぼでサギの姿を発見。エサ探しに夢中で、側でカメラを構えた私は無視されました。
サギは田んぼの中の虫を必死に追っていました。彼らも生きるために必死です。
私が住む富雄は自然も多く、鳥たちが生きるにはいい環境です。だからこれ以上は、無駄な開発は止めて欲しいものです。
無駄な開発といえば、かつてバブル期という日本が狂った時代がありました。最近はそのバブル期をネタに色んな芸人も登場しています。
音楽もこの時期には、たくさんのグループが活躍しました。中でもジッタリン・ジンというグループは印象に残っています。
女性2名と男性2名のグループは、見た目もカッコよく若者に人気がありました。ボーカルの女性とギターの男性が奈良の大和郡山出身と知って親しみを感じました。
「にちようび」・「プレゼント」・「夏祭り」と代表曲は、リズムもよくバブル期を思い出しました。細くて可愛いいボーカル女性の小気味よい歌声は、今の時代でも通用すると思われます。
さあ、青の洞門の週末がまた訪れました。雨模様の天気の中、ジッタリン・ジンの元気な歌を口ずさみ、この二日間を乗り切りましょう。


コメント

中洲ネオン街殺人事件

2018-06-04 15:59:25 | Weblog
昨日の青の洞門定休日には、奈良中部の唐子遺跡前にある「道の駅」まで行って来ました。青の洞門の食材探しが目的で、最近出来たばかりの「道の駅」を目指しました。
日曜日でもあり「道の駅」は、多くの買い物客で賑わっていました。「道の駅」の駐車場はいっぱいで入れずに、やむなく臨時駐車場に車を止めました。
「道の駅」の前の唐子遺跡は、すっかり様変わりしていました。立派な公園となり、芝生の広場も出来て以前とはまったく違う唐子遺跡でした。
この日は30度を超える暑さで、正に夏日の天気でした。梅雨前にこの暑さでは、本番の夏はもっと厳しいものとなりそうです。
さて、本日「中洲ネオン街殺人事件」(石沢栄太郎)という推理小説を読み終えました。古い小説ですが、ずいぶん前に買ったままであったものを引っ張り出した次第です。
小説の時代は、私が福岡支店勤務のすこし後くらいでしょうか。博多中洲のマンモスキャバレーを舞台にした連続殺人事件ものです。
小説に登場する会社名が西日本新聞等実名で書かれ、あの福岡支店時代を懐かしく思い出しました。ただあの若い頃は、中洲には高級すぎてあまり行くことは出来ませんでした。
コメント