青の洞門草紙

家庭料理と酒肴の店「青の洞門」0742-41-9845 17:00~23:00 日曜休み(祝祭日営業)

大型連休に突入!

2018-04-28 16:10:18 | Weblog
世の中は、大型連休に突入しました。青の洞門のお客さんの中には、7連休・13連休という羨ましい方もいます。
休みというのはじっとしている分は何もないのですが、動くとなるとお金と体力が必要になります。観光地はどこに行っても人が多く、自由な行動がとれません。
それでも人間はこの時期に動きます。海外旅行も過去最高の出国ラッシュで、国外でも大変な人出になりそうです。
青の洞門は祝日は関係なく、日曜日の定休日以外は営業します。時間の許す方は、近くの青の洞門の暖簾を押してみては如何でしょうか。
さて、明日は青の洞門の定休日です。どこかに出かけようかと考えてはいるのですが、車の渋滞に巻き込まれては大変です。
奈良の田原本町に、最近道の駅が完成しました。唐子遺跡に面したこの道の駅は、野菜売り場も広く評判は良さそうです。
青の洞門の食材探しに、この道の駅に明日出かけてみようかと考えています。24号線という主要道路にある道の駅だけに、渋滞は覚悟しなければなりません。
明日起きてみて、その気になれば出かけようと考えています。明日も良い天気に恵まれるようで、外に出たい気持ちは強いのですが・・・・。
コメント

自転車買いました!

2018-04-24 15:47:33 | Weblog
先日の青の洞門定休日に、自転車を買いました。膝の故障で日々の運動は、歩くことに専念していました。
ただ歩くことは、時間の関係で行ける範囲に限界があります。そのため、歩く行為はストレスが溜まるように感じます。
自転車は膝に体重がかからないため、今出来る運動ではこれしかないと考えました。富雄川沿いにはサイクリングロードもあり、自転車は行動範囲が広がります。
自転車に乗ることにより、足の筋肉を鍛えることで故障からの脱出を考えています。再びフルマラソンのゴールを切る、そんな夢物語を自転車にかけてみようと思います。
さて日曜日のテレビドラマで、「ブラックペアン」という医療ドラマが始まりました。「ドクターX」の男版のようで、このドラマも色んな人物の思惑が絡む医療界の裏側を映し出しています。
「神の手」を持つ心臓外科医の内藤聖陽と天才外科医の二宮和也の奇跡の医療技術が凄く、今後の展開が楽しみです。正に組織に於いて自己中心的な二宮和也は、「ドクターX」そのものです。
さあ、暑さが増すにつれお店も活気づきます。先週からエビス樽生ビールの消費量が並ではありません。今日も忙しいことを願って、いざ出陣です。


コメント

ボストンマラソン

2018-04-18 15:46:33 | Weblog
心臓破りの坂で有名な「ボストンマラソン」で、日本最強市民ランナーの川内優輝選手が優勝しました。2時間4分・5分台の強力アフリカ勢が揃った大会での優勝なので、これは大いに評価に値します。
ただこの日の天候は、気温5度以下、風雨も強い最悪のコンデションでした。川内選手はこの悪天候を上手く利用し、前半から早いペースで強力ランナーをふるい落としました。
途中前年覇者のケニヤの選手に逆転されましたが、最後2キロで再び首位に立ちました。ゴール後の川内選手は倒れることもなく、今回は満面の笑みでした。
川内選手のレース後の言葉に、「強い選手が必ずしも勝つとは限らない。前向きな気持ちが、レースの悪天候にうまく合致して結果を生んだ」とありました。東京五輪も暑い闘いになりますので、日本人の奮起を期待したいと思います。
さてNHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」で、銀座の高級クラブのママのことが放送されました。主人公は、大分出身の銀座の名物ママ白坂亜紀女史です。銀座のママらしくない薄化粧で、学生時代から51歳の今まで独特の人心掌握術で力を発揮してきました。
とにかく、ホステスを大事にします。ノルマは課さずに、独立して店を開けば全面的に応援するといった情けのあるやり方です。
何かあってもけっして部下のせいにせずに解決に動き、これは今の日本に一番必要な施策ではないでしょうか。この魅力ある白坂ママに一度は会ってみたいのですが、座っただけで2万5千円の席にはとても座れません。
早いもので4月も、もう半ばを過ぎました。青の洞門も、川内選手や白坂ママに負けない様に後半戦を頑張りましょう。
コメント

ツツジの花

2018-04-12 15:57:27 | Weblog
一気に咲き誇った桜の季節が終わり、次はツツジの出番です。桜の花の淡い色合いとは違い、ツツジの花は色も濃く鮮やかな姿です。
ツツジの花と言えば、私の故郷の福岡県豊前市にツツジの名所があります。その宝福寺というお寺では、境内一面に植えられた様々なツツジの花の饗宴が見られます。
夜はライトアップされ、一段と艶やかな花が見られます。ツツジの開花時期には、多くの人達が花見に訪れ大変な賑わいとなります。
奈良のツツジが開花した頃には、子供の頃から訪れた宝福寺ツツジ祭りを思い出します。いつかまた、昔のように花見に行けることを切に希望します。
さて最初から犯人の分かったような政界の推理小説は、なかなか終わりません。日々色んな事実が判明し、もう最終章かとの感じはしますが。
それにしても、朝日新聞を始めとするマスコミの情報取集力は凄いものです。野党が集められない秘密事項を、毎日のように紙面に出しています。
マスコミの影響力は強いだけに、それが間違った方向に行くと怖いものです。一連の事件が、我々が納得出来るような終末となることを期待します。
私事ではありますが、今日は青の洞門の14回目の誕生日です。色んな方々の応援で、何とか今日までやってこれました。来年の記念すべき15周年に向けて、更に頑張っていきたいと思います。
コメント

明石海峡大橋

2018-04-09 17:04:37 | Weblog
先週はやっと暖かくなったと思ったら、急に気温が下がり冬に戻ったような天気でした。でも今週は気温も上がり、初夏のような天候になるようです。
そんな中で、青の洞門の平日は暇な日が続きました。それでも、週末はお蔭様で多くのお客さんで賑わいました。
その疲れもあり、昨日の定休日はお店の掃除以外は家でじっとしていました。家では、かねてから家人に言われていた机の周りと衣類の整理を行いました。
意識しないと、不用品というのはいくらでもたまるものです。不用な書類と衣類を、ゴミ袋に思い切って詰め込みました。
さて、新聞に本四3架橋が借金返済に四苦八苦しているとの記事がありました。通行台数は過去最高でありながら、通行料値下げにより国への借金返済の見込みがたたないようです。
本四3架橋は大動脈として必要不可欠なものと、管理会社は声を大きくしています。しかし、借金返済のメドが立たないものは、本当の事業ではありません。このような国に甘えた借金が、日本を借金大国にしたのでしょう。
その本四3架橋の中で、開通20周年を迎える明石海峡大橋は、かつてマラソンを走った場所です。開通記念として、明石海峡大橋を走ったマラソンは感動ものでした。
マラソンには、ゴールがあります。本四3架橋も、早く借金返済のゴールを切ってもらいたいものです。
コメント

一乗寺下り松

2018-04-03 16:19:57 | Weblog
青の洞門定休日の日曜日は、再び京都一乗寺までドライブです。今度は道順を変えてみたのですが、京の都は観光客と車でごった返して大変な混雑でした。
途中の鴨川沿いの河川敷では、桜の花見で多くの人達の姿が見られました。満開の桜も来週は散ってしまって、この日が花見は最後でしょう。
娘の引っ越し先の一乗寺で、大量の段ボールを引取りました。車の座席いっぱいに積み込んで、娘と暫しのさようならをしました。
この京都一乗寺は、宮本武蔵の決闘地で有名です。一乗寺下り松で、吉岡一門数十人と武蔵は闘ったとの伝説があります。
真偽のほどは定かではありませんが、単独で闘う武蔵には憧れます。主役一人の闘いは、男のロマンです。
さて、今日も富雄川沿いに日課の散歩を行いました。川沿いに咲き誇った桜の花も、風に吹かれて宙を舞っていました。
この日本を代表する桜の木を脅かす怖いニュースが、今朝のテレビから流れていました。外来種のカミキリムシが、今日本中の桜の木を食いつぶしているそうです。
このカミキリムシには天敵がおらず、これが原因で生存範囲が広まっています。一強というのは、本当に怖いものだと思いました。
すべてにおいて、一強は色んな弊害をもたらします。今の政治の世界なんか、特にそれはあると思います。
コメント