青の洞門草紙

家庭料理と酒肴の店「青の洞門」0742-41-9845 17:00~23:00 日曜休み(祝祭日営業)

ゴーンショック!

2018-11-26 16:09:00 | Weblog
私の故郷の福岡県豊前市の豊前松江駅前の丘には、10基からなる「黒部古墳群」があります。その昔この古墳の石が、日豊本線の工事の際に石垣に使われたと祖父から聞いたことがあります。
周防灘に面したこの古墳群は、今は住宅地になって一部の古墳しか残っていません。帰省した時に何度か訪れましたが、住宅地の中の古墳は少々寂しく感じました。
朝日新聞の「ぶらっとやまと遺跡散歩」で、葛城山麓公園が紹介されていました。ここは「寺口忍海古墳群」という名称で、20基以上の古墳があります。
1984年に田畑だった場所を調べてみると、上部を削り取られた多くの古墳が見つかったそうです。そして大半の古墳が未盗掘だったため、多くの貴重な出土品が発掘されました。
公園内には今も古墳が保存されており、一度訪れてみたいと思います。一方堺市の大山古墳(仁徳天皇陵)は、一部の場所で発掘調査が始まっています。
ここは宮内庁管轄だけに、普段は立入が厳しく制限されています。この発掘調査も、宮内庁相手だと成果には限界があるようです。
巨大古墳の謎は、どこまで解明できるのか。国民共有の文化財でもあり、公開性はもっと高めてもいいのではないかと思います。
先週は、「ゴーンショック」の週でした。日産自動車の救世主として騒がれたゴーンでしたが、負の部分も巨大だったようです。
人間は権力の座が長すぎると、色んなひずみが出てきます。自制が効かなくなった権力者は、ますます独裁の実権を強めたようです。
これは、今の政界にも当てはまります。ひずみが表面化しても、強引に事を推し進めるやり方はよく似ています。果たしてゴーンは裁かれるのか、まだまだ先は見えません。
さあ、青の洞門も11月最終週となりました。今月をいい形で終えて、年内最盛期の師走に備えたいと思います。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 大相撲九州場所 | トップ | 干し柿 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事