どっと屋Mの續・鼓腹撃壌

引き続き⋯フリーCG屋のショーモナイ日常(笑)

彼女らは確かにそこにいた?(2)

2014年03月17日 20時13分29秒 | 日記
ステージ上には、暗がりの中うっすらとDJブースが見えているので、RIP SLYMEからスタートなんだなと言う事がわかります。

そして18時半、ほぼ遅れることなく、ドン!ドン!ドン!と腹に響く重低音がスタートし、皆ワー!!となって立ち上がります(^_^;

RIP SLYME?名前くらいしか知りません(^_^;

ヒップホップとかラップみたいなの、ほとんど聴きませんし?。

まぁ周りに身を任せて、身体ゆすってました(^_^;

MCの人も、「わからない人も、わかってる振りしてください」みたいな事言ってたので、わかってる振りしてヘ(・.ヘ)(ノ.・)ノ(^_^;

スクリーンで赤塚不二夫キャラが出てるのが面白かったですね(^_^)メンバーを赤塚キャラで表現したようです。

あとは?やっぱり「Baby Cruising Love」のアレンジは盛り上がりましたねヤッパリ(^_^)

そこだけレーザー発射して雰囲気も良かったです!

別のMCで、メンバーの一人が以前P.T.A会員だった事をカミングアウト(笑)

P.T.A.のネーミング由来をスラスラ解説していたんで、ホントのことなんでしょう。

あとはとにかく?スピーカーが目の前でしたし、ガンガンと爆音状態だったので、迫力はハンパなかったですね(^_^)

この調子だったら、Perfumeも相当スゴイぞと?。

最後の曲は、タオルぶん回しのヤツらしくて、もうかなりの人がPerfumeタオルをぶん回してました(^_^;

ホコリと汗のニオイがスゴイのなんのって?オッサンには厳しい状態で><

まぁ?そんなこんなでRIP SLYMEは約1時間で終了しました。会場もかなり暖まるどころか熱い熱い(´Д`;)

客層もドームに比べて平均年齢低めに感じたし、RIP SLYMEも馴染みがあるんでしょうね。

まぁこんな事でもなければ、ライブで見ることもないだろうし、面白い体験をしたと思います。

さて?ステージは暗転し、DJブースも片づけられて、いよいよ我らがPerfumeの登場です!!

長くなったので、ここでもう一区切りさせてくださいm(_ _)m
コメント

彼女らは確かにそこにいた?(1)

2014年03月17日 16時02分43秒 | 日記
原宿駅側から会場に向かい、16時チョイ過ぎに到着。

NHKホールの手前の公園ではタイの物産イベント(?)みたいなのやっていて、お祭り状態(^_^;


さてNHKホールに着くと、まだ人はマバラで、物販コーナーも並ばず購入できる状態。


タオル・Tシャツ・キーホルダー(計5000円也)をサクッとゲットです(^_^)

ここで並ぶのも?と思って早めに来たのですが、開場までの時間も1時間以上余裕があったので、イベントやってる方に戻ったりして、暇つぶし。

いろんな露店で賑わってましたが、その中でインディーズ系(?)のアイドルユニットがミニライブを?。


どこの誰なのか知りませんが、Perfumeもほんの7~8年前まではこんな感じだったんだろうなぁ?と感慨深く暫し見ておりました(^_^)

17時を過ぎると、ホール前にも人が続々と集まり始めます。


門前では「チケット譲ってください!」と書かれたプラカを掲げる人や、ダフ屋がチラホラ(^_^;

プラカの人達、首尾良くゲットできれば?と思いつつ、ダフ屋ってまだいるんだなぁと一瞥をくれてやりました( ̄0 ̄)

ホール前では、Perfumeコスに身を包んだ女性も(^_^)なかなか華やかですなぁ(*^o^*)


さて定刻通り、17時半に開場、いよいよ指定のシートへ!

予想通りでしたが、もう申し訳ないほどステージが目の前の素晴らしいポジションで一気にテンションあがりました\(^o^)/

?とちょっと長くなりそうなので、ここで一区切りいたします(^_^;


コメント