dotRed Audio Designs

株式会社ドットレッドオーディオデザインズ公式ブログ(日本語版)

ACLのOKTAVE

2019年02月14日 | モジュラーシンセ

こんにちは。

ブログ担当の後藤です。

 

前回、ドイツのACL(Audiophile Circuits League)の製品を弊社が取り扱いするのを始めますとの記事を書きました。

近日中に....と、蕎麦屋の出前の如くアナウンスしてますが、もうしばらくお待ちください。

そんな状況で、「OKTAVE」についてお問い合わせが有りました。

 

んー、画像がデカイ。

このモジュールはオクターブという名の通り、CVをオクターブ単位で上下4オクターブまで、トランスポーズが出来ます。

(入力したCVに対して±4VまでのDCオフセットを1V単位で付加します)

さらに、トランスポーズの後で、上下7半音(基音に対して5度)までのファインチューニングが出来ます。

トランスポーズはパネルを見ればすぐに解かりますが、TUNEつまみの仕様は見ただけでは解かりません。

取扱説明書も無い...ということで、急遽、作成しました。

 

これは、表紙をキャプチャした画像なので、内容を確認するときは、画像をクリック後にジャンプしたページにある

ファイルをダウンロードしてくださいね。

 

せっかくなので、WEBサイトの製品詳細ページも日本語にしました。

https://www.audiophilecircuitsleague-japan.com/details-oktave

 

お気づきでしょうか?

ACLの日本語版サイトを弊社サイトから独立させたので、URLが

https://www.audiophilecircuitsleague-japan.com/

になっています。

毎度、長い名前で、すみません。

短い名前だと取得できるドメインが少ないんですよねー。

Asia Champions LeagueもACLだし....

 

OKTAVE以外の製品は、まだ製品詳細ページを日本語化してないので、本家サイトのページにジャンプしますが、

なるべく早く、日本語化したいと思います。

 

そんな訳で、問い合わせいただければ、頑張って対応しますので、お気軽にどうぞ。

 

今回は、このへんで。

 

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« ドイツのメーカー"ACL(Audiop... | トップ | Amazonでの販売を休止します »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

モジュラーシンセ」カテゴリの最新記事