何も知らないド素人が株に手を出すとどうなるか、リアルタイムで記録していくブログ。目標、総資産35億円。
ド素人が株に手を出す



■2005.04.06
保有株式損益 ¥0-

確定収支 ¥0-

保有銘柄
無し

初期投資 ¥0-
パフォーマンス 0.00%

コメント ( 23 ) | Trackback ( 3 )




このブログでやろうとしていることは、2年間の思慮の末に自分で考え出した資金運用法。このやり方は特に誰から教えてもらったものではないのですが、昔から実践されてきたことのようです。
しかしどうやらこの方法は、20世紀前半に林学博士として日本の造林・造園学の発展に多大な影響を及ぼした本多静六氏の資金運用法とまったく同じようです。


----以下資料を元にド素人が文章作成

貧しい学者生活の中で蓄財に励み、巨額の資産を築いた本多静六。そのほとんどを社会事業に費やしたが、生涯の蓄財額は現在の価値に置き換えれば500億円に相当する。
 彼の蓄財方法はいたって単純で、月々の給料の4分の1を貯蓄し続けること。貯蓄は株式投資を行い、株価が2割上昇するとともに着実に売っては利益を元本に組み入れた。こうして40歳の時には給料より売却益・配当のほうが多くなった。
 「平凡こそもっとも確かであり、効果的であり、間違えのない法である」。一見、地味で平凡な方法だが実行するのは容易でない。多くの人は給料の4分の3で生活するのは無理と考えるし、株価が2割上がれば「もっと上がるまで待とう」と欲をかく。本多氏の成功の秘密とは、強固な哲学と実践力を持っていたことである。

----以上作成文

主な資料元
http://www4.kcn.ne.jp/~siawase/6-1okane.html
http://www.chiiki-dukuri-hyakka.or.jp/info/online-book/furusato100/html/furusato024.htm

私がこの資金運用法に至ったのは、ローリスクハイリターンを考えてのことです。

●やれば必ず貯まる
●貯めるのが面白くなる、
●うまくやれば自分の力次第でさらに貯まる
●雪だるま式に貯まる
●うまくやれば失敗しにくい

この5つのポイントを満たす運用法であるわけです。
お金を貯めたければ、ケチになる必要があり、コツコツ貯めていく必要がある。
ならばケチになるとしても楽しいことをしよう、と。
ケチったお金はすべて投資資金に。
これができるかどうかが、この方法の肝だと思っています。
給料の1/4をすべて最初から無いものと思って貯蓄に回すというのは、たしかブッダが説法で言っていたことじゃなかったかな、と思います。

現在自分が貯蓄に回すことができるのは給料の1/5。
これを実践するには、食費を抑える必要があり、無駄な買い物をしないという必要があります。さらに喫煙者であるため、喫煙本数を下げていき、やがて禁煙するに至るまで徹底する必要があります。
たばこ1箱買うお金があったら、300円の株が1株買えてしまうわけですから。


といったところで。
多忙が災いし、株の選定が行えず、実はまだ株を買い始めていません。
なんでもいいから買ってしまうというのであれば、リスクが増える可能性があるので意味がありません。
幸いにもゴールデンウィークには休みがやっと取れたので、そこで選定を行っていこうと思っています。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




反日行動で中国関連株が軒並み下落。
新日鉄も下がってしまいました。
ライブドアはもっと下がるでしょう。
250円ぐらいが相場か。
まだ買うタイミングではありませんね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




Yahooで検索していたらこんなものを見つけました。Bloglines | Preview Feed

なんでしょうこれは? 謎です。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




このブログの目的は、アクセスを増やすことでもなく、人との交流を目指すわけでもないわけです。それらは、続けていればあとからついてくるものであって、それが目的ではありません。

目的は、資金が増えていくことを記録すること。資産運用ブログとしてスタートしますので、14ipの皆さんこうご期待。「株というのはこんなに増えるのか」または逆に「こんなに気を付けなければいけないのか」ということが、日を追って分かることでしょう。

では、資産ゼロの裸一貫からスタート。

■2005.04.06
預金 ¥0
投資資金 ¥0
株式資産 ¥0
総資産 ¥0

総評:遊びすぎてただの貧乏人。給料日前に資金枯渇。
あと2日は買い貯めておいたカップラーメンで過ごすw

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




分散してリスクに備えることにしますた
松井証券
ライブドア
このあたりを軸に、もう2銘柄ぐらい。

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




株式を購入するにあたり、購入してメリットがあるものを選ばなければならない。そのための参考資料。

新規公開株を物色するための資料
東京IPO
幹事証券会社が決定した公募価格が、財務状況に比べて安いものに注目する。未来がありそうな業務内容のものに投資していく。飛騰した場合、短期で売り抜けることも視野に入れる。

株主優待を物色するための資料
株主優待倶楽部
株式を保有して名義を書き換えておき、優待制度を利用することで、資産貯蓄とあわせてプラスになるもの。
自分がいつも利用する交通機関の株式や、飲食関連企業の株式などは、優待制度によってメリットをダイレクトに享受できる。

高額配当株を物色するための資料
みつから無いっす。自力で探してちょ
注意事項として、高額配当株は、短期で配当を受け取って即売却ということはなかなかできないということ。配当が行われた後、値下がりするのを見計らって購入、配当が行われる直前に売り抜けするか、数年以上保有し続けて配当を得続けることをしなければ、損をするということ。逆に言えば、それさえ守れば確実に利益を出せるということでもあります。

株価上昇率・下降率が高い企業を物色するための資料
Yahoo!ファイナンス ランキング
これはもう一目瞭然。伸るか反るか。デイトレーダー向きですね。反落・買い戻しに注意。

自己責任によって注意しながら購入していけば、資金は確実に増やせるわけで、その利回りは銀行貯金や証券ファンドを大きく上回ることになります。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




目標まで、あと1億円増やすだけ。
5月~7月の間に、イーバンクを15億円ぐらい買う予定。
1億円で西武鉄道を買って数年後の再上場に備え。
あと2~3カ月でドルが急落する予測が
多くのアナリストによって立てられているので、
残り全額でドルを空売り。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




給与日から家賃支払日までのタイムラグが20日間あります。
これまで、20日早く支払いを済ませてきましたが、
20日間の金利を考えるとこれはもったいない。
家賃予定の全額で1株500円以下の株式を購入、
20日の間に5%以上値上がりしたところで売り抜けを行う予定。
これにより小銭が稼げる。稼いだ小銭分は株式として別の銘柄を購入する。

最初の購入は4/10以降。
ライブドア株の底値を見計らって、まずは10万円分を購入予定。
4月末までに、元本割れであったとしても売り抜け、
稼いだ分の購入は堅調に推移している新日鉄、神戸製鋼などを検討。

こうやって使ってしまえば、手元に現金が残らず無駄遣いすることもない。
また、無駄に勝負に出ないことで確実に増やせる反面、
続伸を予想できず儲け損なうこともある。
しかし買い手が無く売り抜けられず、という事態だけは回避できる。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ただいま熟読中。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ