ちいさな幸せみっけた

「ちいさな幸せ」を幸せと感じられますように。

『炎のメモリアル』

2005年10月25日 | えいが観察

ボルティモアの消防署に勤務するベテラン消防士ジャック・モリソン。ラダー隊(ハシゴ車隊)に所属する彼の任務は、真っ先に炎の中に飛び込み生存者を救出すること。ある日、穀物倉庫で発生した火災現場に駆けつけた彼は、取り残された男性を窓から脱出させた直後、爆発に巻き込まれ、自力での脱出が不可能になってしまう。ジャック救出に総力を挙げる消防士仲間たち。一方、彼らの到着を待つジャックの脳裏にはいつしか懐かしい日々が蘇る。それは入隊以来、署長のマイク・ケネディや先輩たちと数々の苦楽を共にしたかけがえのない思い出だった…。


自分の仕事に誇りを持っていますか?

・・・No

Yesとは言いがたい。
誇りってなんだろう。

人を助けるという仕事。
自分の命の危険なんて顧みずに、炎の中に飛び込んでゆく消防士。
自ら進んで、危険な任務に立候補する。

すごいことですよね。

私は身近に、そういった職業の人がいないので、
今まであまり考えたことがないのですが、
愛する人、家族がそういった仕事をしているのを、耐えることができるのでしょうか。

「悪夢を見るの。」

朝、元気に出勤した夫が、突如帰らぬ人となる。


想像を絶するものがあるんだろうな。

色々考えさせられましたが、映画としてはありきたりな感じでした


コメント (4)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
« かぼちゃの甘辛煮 | トップ | かぼちゃの和風ポタージュ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ハロウィン~! (小米花)
2005-10-25 21:18:32
テンプレが変わっていますね。

季節感があっていいですよ~。



TBありがとうございました!

なかなかリアルな感じの映画でしたね。

ホワキン・フェニックスが良かったです。

小米花さま (かず)
2005-10-26 12:56:26
気分だけは、ハロウィンです♪

でも、背景のどぎつい色が・・・ちょっと辛い(笑)



映画は・・・色々考えちゃいましたよ~。

切ないですねぇ。

でも、楽しいシーンもたくさんあったので、救われた気がします。
いろいろ考えさせられるけど (chishi)
2005-11-21 22:11:47
映画としてはありきたり

そのカンジ、わかるな~



そんなこと言っても、劇場では号泣したんですけどね(照れ
chishiサマ (かず)
2005-11-22 20:35:56
実は後半・・・ウトウト



映画館で見たら、また、迫力が違ったかもしれませんね;;;

コメントを投稿

えいが観察」カテゴリの最新記事

5 トラックバック

炎のメモリアル (こんな映画見ました~)
『炎のメモリアル』 ---Ladder 49--- 2004年(アメリカ) 監督:ジェイ・ラッセル  出演: ホアキン・フェニックス、ジョン・トラヴォルタ、ジャシンダ・バレット ジャック(ホアキン・フェニックス)はベテランの消防士でハシゴ隊に属する。 ハシゴ隊は炎の中に飛び込
例え不器用でも世渡り下手でも、私は正直に生きたい。 (家族太鼓山本家(かぞくだいこやまもとや)です。)
お父さんを尊敬するがゆえに、 『1年経っても許せない事、許せない人が有ります。』 直接一緒に仕事はしていませんが、 職場で仕事上関連のある方に、立腹したまま1年以上が経ちました。 こんな人が、保育に携わっていて良いのだろうか・・・。 いや・・・人を悪く思うの
映画『炎のメモリアル』貴方は何点? (本と映画と音楽と・・・お酒が好き)
この映画、10点満点なら貴方は何点ですか(^^)? ※この映画、観て良かった? ←金返せ! / ブラボー!→                   0点□□□□□□□□□□10点 ※友達が観たいと言ったら? ←止める  / 推薦する→ 1本目をお気楽に楽しんだ
映画『炎のメモリアル』貴方は何点?結果報告! (本と映画と音楽と・・・お酒が好き)
いつも 『この映画、貴方は何点?』 にご協力いただきありがとうございます! 今回ご報告させていただくのは9・11同時多発テロの現場で尊い命を捧げ英雄的な活躍を繰り広げた消防士達に心からのリスペクトを…と作られた作品「炎のメモリアル」です。CGではない大迫力の
「炎のメモリアル」 (雑板屋)
邦題のカッコ悪さは無視して下さい! 勇敢な熱き男の・・命を賭けた生き様に涙が溢れて止まりません! この人間ドラマは、私にとっての映画の基本である! 家族への思いやり、愛情表現。 人の命を救う、人命救助の奉仕精神。 仕事への情熱とその生き様。 一人の男.