こどもアートあそびworkshop どろどろ

こどものお絵かきと造形遊びのワークショップ
触覚と感覚をジンジンさせたい。思いっきりどろどろになって遊んでほしい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

色と遊ぶ、色と話す

2017-08-18 | ワークショップ

はならぁと事務局企画で、にじみ絵のワークショップをさせていただきました。

▼はならぁとブログ
http://blog.hanarart.jp/?eid=132

シンプルな三原色のお絵かきですが、奥深い
私がこれまで行った場所の中では最も暗かったのですが、これもまた新鮮で美しかった。
参加してくれた方それぞれの、その時だけの状態が現れたのかなーと思います。
絵だけでなく、取り組み方にも、その時の状態が表れるなぁと感じて、
ときどき、我が子と家でもしよう!と決意するも未だ実現できず。
嗚呼!家で絵の具をつかって絵を描く事の難しさよ…家事に追われるのか?片付け切れない状態だからか?
暮らし方そのものを見つめなおしたい、というところに行き着きます



・・・
私のワークショップは、基本的に「遊ぶ」ということを主軸に置いています。
そこから、何かを得ようとしなくてよし。なるべくやりたいことをやってよし。
入り口はアートであっても、解釈ややり方は本人が思考して、できればその後体内か脳内の片隅で居残るような…という壮大なことを一応考えています。

でも、それは「ナイナイ尽くし」でもあり…(「完成品」も「ハウツー」なし。特別な道具もなし。。。)
完成度の高い持ち帰り品がなくて申し訳ない...と思ったり、目に見える成果がなくて大丈夫かな...と不安になったりもしています。

そんな中、今回のワークショップで、紙の前に座った瞬間目をキラキラさせて「ワクワクする〜!」っていう女の子♥️♥️
後日、その母様から有り難いお言葉も頂戴して、どれだけ励みになったことか!
「だれかに道筋を決められるんじゃなくて、自分の思うように筆を持てるっていいなーっと強く思った」

自分のために、ちゃんと遺しておこうと思った出来事でした。
ありがとう

そして、こんな機会をくださったはならぁと事務局の皆様、参加してくださった皆様、心を寄せてくださった皆様、
本当にありがとうございます


母いわく、幼い頃の私は弟とよく雨降りの最中、公園の泥の中で泳いでいた...
今年の田植えの時に、娘は横の小川で水面を触り続けていた…
そんななんにも成果のないような事だけど、愛しく向き合うようなワークショップがしたい。
美術の力で、そんなことに光を当てたい。

コメント

【お知らせ】にじみ絵ワークショップ

2017-08-02 | ワークショップ
はならぁと事務局の企画に参加させていただくことになりました。
ご都合つきましたら、ぜひ一緒してくださいね


マルカツ企画その1
子どもから大人まで一緒に楽しめるにじみ絵講座「色と遊ぶ、色と話す」

絵の具の三原色と水の力をつかったにじみ絵の体験をしてみませんか。
色と遊び、会話するように絵に向かい合ってみましょう。勝手に絵が変化していきますので、「巧い・ヘタ」とは別の色体験になると考えています。
じんわーり、しみしみー

日時 2017年8月8日(火)10時半から16時
場所 マルカツ (はならぁと事務局:奈良県宇陀市大宇陀上茶2109)
参加費:無料
参加対象:幼児から大人までどなたでも
午前の部:10時半から12時
午後の部:13時半から15時
定員:午前の部 3名/午後の部 3名
申込先:info@hanarart.jp (件名を「マルカツ企画」としてください)
Tel/Fax 0745-80-2312(はならぁと事務局)
090-3130-1759(高橋)

http://blog.hanarart.jp/?eid=125
コメント