さふらん日記

私もいつの間にか2児のママ☆
子育てに趣味に色々楽しんでます♪

ルツ記

2006-04-11 | 聖書物語
雨の日は聖書通読がはかどります

今日は、ルツ記を読みました短い書なのですぐに読み終わりますね
このルツ記は読み終わったときに、ハッピーエンドだなぁ~って思える書です。


この書の主人公はモアブ人女性のルツ
ルツは夫を亡くし、姑のナオミ(イスラエル人)と共にユダの地へと向かいます。

このユダの地はルツの故郷ではなく、ナオミの故郷です。

この時代に、出身国以外のところへ行くのには勇気が必要だったのでは?と私は思います。でも、ルツは自分の国へ戻りなさいと気を使っていったナオミの言う事は聞かず、ナオミと共にユダに行くと付いて行ったのです

「あなたを捨て、あなたから別れて帰るように、私にしむけないで下さい。あなたの行かれる所へ私も行き、あなたの住まわれる所に私も住みます。あなたの民は私の民、あなたの神は私の神です。あなたの死なれる所で私は死に、そこに葬られたいのです。もし死によっても私が離れるようなことがあったら、主が幾重にも私を罰してくださるように。」(ルツ記1:16.17)

とっても親孝行な嫁ですね。すごいと思います。夫の親とその神に対してここまで従順に付き従うのは難しいと思います

ユダの地に付いた二人にとって、その日その日を暮らすのは簡単ではありませんでした。とくに女性ですので。このルツは落穂を拾いに、ナオミの親族の畑に行きました。
よその畑の物を拾うのは今では考えられませんでしょうが、この当時、どの畑でも落穂は貧しい人の為に取り残しておかれていました親切なルールがあったのですねぇ

ルツは、この畑の持ち主に良くしてもらい、夫の土地を無くすことなく、またその後の生涯を幸せに暮らしたのです。もちろんナオミもです。
『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 夜桜o(^-^)o | トップ | いっきに夏の夜? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

聖書物語」カテゴリの最新記事