gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

無意味だった 地震予知 の研究

2011-10-16 08:53:09 | 日記
『マグニチュード(M)9.0という巨大地震を想定できなかったのは「地震学の大きな敗北だ」など、学会では異例の自己批判が相次いだ。』
 
 『海溝付近の地殻変動や過去の巨大地震、津波のデータが不足している』

とのことだが、
 未だに、『データが不足している』と言う人が居るんですね。
データがそろっていれば、100%当たる地震予知が可能ですか?
 地震が起きる 日・時 を正確に予知できるのですか?
不可能ですよね!
 専門家なら、こんな簡単な事くらい理解するべきです。
データがあっても無くても結果は同じです。
 地震予知は、100%の確立で当てないと意味がありません。
例えば、1週間以内に、地震が起きるかもしれないので、
1週間の間、避難していてくださいと言えますか?
 数万人から数十万人の人を、避難させることができますか?
なんかばかばかしいです。こんな幼稚園児でも分かることが、
理解できていない専門家が居ると思うと・・・・
 
 100%当たる地震予知に真剣に取組みたいのであれば、
今まで行ったことの無い研究をするべきです。
 今までの研究手段では、
永遠に、100%当たる地震予知はできませんね。

dorewo ← 検索してね
ジャンル:
東日本大震災
コメント   この記事についてブログを書く
« iPhone4S 通信速度の比較結果 | トップ | 生霊 の限界 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事