パソコン便利屋 どらともサポート ブログ

パソコン便利屋 どらともサポートは岐阜市内を中心に出張パソコン修理・出張パソコン教室を行っています。管理人のブログです。

お断り

本ブログで紹介しております設定や修理方法が必ずしも最善であるとは限りません。
本ブログの内容を参考にされる場合は、自己責任でお願いします。
不具合など発生しても当方は責任を負いません。

サポートに関するお問い合わせ・ご質問はこちら
どらともサポート掲示板 
まで

support@doratomo.net

どらともサポート ホームページ

ワイヤレスマウスの電池交換の方法

2018年06月29日 | パソコンサポート
最近のノートパソコンでは、購入時にマウスが付属されていない機種もあります。
そのような機種の場合は、マウスを別に用意する必要があります。

以前(2年程前)Bluetoothのマウスを用意させていただいたお客様から・・・マウスの電池がなくなったようだが、電池の交換の方法がわからない・・・とご連絡がありました。

ワイヤレスのマウスだと、当然電池が本体に入っていて、いつか電池が無くなるので、交換する作業が発生します。交換はユーザーが行うので、そんなに難しい作業ではないはずなのですが・・・

一般的なワイヤレスマウスの場合・・・マウスの底面に電池交換用のカバーがあり、そのカバーを開ければ電池が見えて簡単に交換できる構造のものが多いです。

しかしお客様が使用しているマウスは、BSMBB21Sという型番のもので、電池交換は上面のカバーを外して電池を交換するという構造のものでした。その旨お伝えして、無事に電池交換ができたそうです。

マウスの電池交換方法も、購入時に付いていた説明書に記載されているのですが・・・2年も前なので、どこかへ行ってしまうこともあるあもしれません。でも、ネットでその型番で検索すれば・・・たいていの製品は取扱説明書を見る(調べる)ことができます。

iBUFFALO Bluetooth3.0 BlueLEDマウス 静音/3ボタン ブラック BSMBB21SBK
バッファロー
バッファロー
コメント

無線ルーターを新しくしても、あまり速度が変わらない?その原因は!

2018年06月28日 | パソコンサポート
先日、無線ルーターを新しくしたので、設定作業を行ったお客様・・・インターネット閲覧の確認で、「あまり速くなっていない」とのコメントがありました。
お店では、「これは867Mbps+300Mbpsなので、インターネットが速くなります」と言われ購入したそうです。

お客様の環境は、光回線1Gbpsです。以前の無線ルーターの箱を持っており見ると300Mbpsと記載されていました。
今回の機種は867Mbps+300Mbpsと箱に記載されています。当然数値が大きい程、無線の速度も速くなります。

しかし数値を分けてあるのに意味があり、この機種の場合867Mbps(11ac/5GHz帯)、300Mbps(11n/2.4GHz帯)となっています。
最近の新しい無線ルーターでは、11ac(5GHZ帯)と11n(2.4GHz帯)の2つの種類の電波に対応しています。
11acの方が新しい規格で、速度も11nに比べると速いです。
以前の無線ルーターが300Mbpsとしか記載されていないのは、11nのみに対応ということです。少し前の無線ルーターですと11acには対応していない機種がほとんどです。
無線ルーターからのSSIDに11acでは-a、11nでは-gなどが付加されていることが多いです。

では、1Gbpsの光回線で、無線ルーターが11ac(5GHz)対応で、なぜ速度が変わらないのかというと・・・パソコン側に理由がありました。

少し前(Windows7)のノートパソコンだったのですが、パソコン側のWifi受信が11nしか対応していませんでした。せっかく11acの電波は無線ルーターから出ているのですが、パソコン側が11acに対応していないので、11n(300Mbps)でしかWifi接続できないのが原因でした。
11n・・・300Mbpsといっても、理論値のスピードであり、実際の速度はもっと遅くなりますし、同じ11nの無線ルーターでも機種により結構異なります。
もちろん、スマホなど11acに対応している機器があれば、11acのSSIDに接続すれば、11acの恩恵を受けることができます。

今後パソコンを新しくした場合などは、Wifiも11acに対応している機種がほとんどなので、今回無線ルーターを新しくしたのも無駄ではありません。

あと余談なのですが・・・最近の無線ルーターには「利用人数」が表示されるようになってきました。Buffaloのサイトでは「利用人数」について以下のように記載されています。

利用人数は、1人最大3台の無線機器(パソコン・スマホ・タブレット・ゲーム機など)× 人数分 が同時に無線接続した場合に快適にインターネットができることを想定した人数です。

ただし、5GHz/2.4GHzの両方に対応している親機は、接続する無線機器が5GHzと2.4GHzに分散されていることが前提です。


つまり一人最大3台の無線機器を同時に使用して、快適にインターネットができると思われる人数ということです。

一般的に価格が高い無線ルーター程、「利用人数」も多くなる傾向にあります。11acで同じ通信速度でも、「利用人数」はいろいろです。
これはどらともの想像なのですが・・・「利用人数」が多い機種は、無線ルーター自体の処理速度が速いような気がします。パソコンのCPUのイメージに近いかもしれませんが、処理速度が速ければ利用人数が多くなっても、処理が間に合い、インターネット閲覧に影響がでない。そのため、価格も高くなるのかもしれません。

なので・・・Wifiに同時接続する機器が多いような場合は、「利用人数」も考慮に入れて無線ルーターを用意することも大事です。

以前、このブログでも書きましたが・・・どらともは、元々ベーシックモデルの無線ルーター(利用人数2人)を使用していました。Wifiを使用するのは事務所の1部屋内だけなので、それほど遠くへ飛ぶ必要もなく十分でした。
しかし、スマホやタブレット、プリンターなどのWifi接続機器が増えてきて、インターネットがなかなかつながらなくなったり、なかなかプリンターにつながらなくなったり不便を感じるようになりました。Wifiにつないでいる機器が少ない時は、全く問題なかったので無線ルーターの限界と思われました。
「利用人数」の多い無線ルーターに替えようということでTP-LinkのAC1750(Archer C7 利用人数8人)にしました。
利用人数が6~9人くらいの無線ルーターの中では、比較的買いやすい価格でした。
無線ルーターを交換してからは、Wifi接続機器が増えても(最大14台)、全く影響なくインターネット接続、プリンター印刷などできるようになりました。

詳細は、こちらをご覧ください。

余談が長くなってしまい・・・申し訳ありませんでした。

TP-Link WiFi 無線LAN ルーター Archer C7 11ac 1300Mbps + 450Mbps 【 iPhone X/iPhone 8/8 Plus 対応 】 (利用推奨環境 8人 4LDK 3階建)
TP-LINK
TP-LINK





コメント

差出人:Apple 件名:セキュリティアラート というフィッシングメールが来ました!

2018年06月28日 | パソコンサポート
どらともの所属しているボランティアのメール宛に・・・差出人がAppleで、件名が「セキュリティアラート」というメールが来ました。



以前も似たような内容のメールが送られてきましたが、ボランティアではAppleのアカウントは作成していないので、おかしな話です。
メールの内容も少し不自然な日本語です。

そして「確認を完了するにはここをクリック」の部分のリンク先アドレスが、全くAppleと無関係なアドレスになっています。
リンク先を確認するまでもなく、Apple(本物)に似せたサイトが表示され、AppleIDやパスワードなどを入力させて、それらの情報を盗み取ろうとするフィッシングメールの類だと思われます。速攻で削除です。

ホームページで公開しているメールアドレスなので・・・このようなフィッシングメールや詐欺メールもよく送られてきます。メールアプリにもメッセージルールやフィルター機能などでそのようなメールを見ないで削除するようなこともできるのですが、件名や差出人名、差出人アドレスなどを変えてきますので、なかなか完全に防ぐのは難しいですね。

不審な件名や内容のメールが届いた場合は、件名、差出人名などでネット検索すると、判断の助けになる場合があります。
コメント

Wifi接続できなくなった・・・Windows10のApril 2018 Updateが原因?

2018年06月27日 | パソコンサポート
一ケ月くらい前から、インターネット(Wifi)につながらなくなったというお客様のご依頼でお伺いしました。

詳細をお聞きすると・・・Wifiにつながらなくなって、回線業者(ケーブル)へ連絡したら、回線の状況は問題ないとのことでした。ケーブルモデムに直接LANケーブルをパソコンにつないでみたら、インターネットにつながったので、モデムの後ろの無線ルーターが故障の可能性があり、無線ルーターを新しくすることを勧められたそうです。無線ルータを買って、接続しようとしたそうですが・・・やはり、Wifiではインターネットにつながらないとのことでした。

ノートパソコンで元々Windows7をWindows10にアップグレードしてありました。
まず、Wifiの状態を示すアイコンに「×」が付いています。

パソコンの画面で「Wifi」がオフになっていたので、オンにしてみると・・・すぐにオフに戻ってしまいます。
ちょっと前のパソコンなのでWifiオンーオフの機械スイッチがあるかなと思い、確認してみましたが・・・見当たりません。

Windowsのバージョンを確認してみると・・・1803(April 2018 Update)で3週間くらい前にアップデートされていました。
もしかすると、WifiのドライバーがOSをアップデートしたことで、対応できなくなったのかもしれません。

デバイスマネージャーで確認してみると・・・Wifiのデバイスは「正常に動作しています」と表示されていました。

Wifiデバイスは、Intel Wifi Link 1000RGNと表示されていました。Intelのサイトで調べてみると、昨年8月の最新版が提供されていました。しかしサポートOSは、Windows8.1まででWindows10は含まれていません。
なので・・・最新版にアップデートしてもダメかもしれませんが、とりあえずWifiデバイスのドライバーを最新版にしてみました。

すると・・・無事にWifiがオンになり、インターネットにつながりました。再起動・シャットダウンを行いましたが大丈夫でした。

元々がWindows7のパソコンなので、メーカーはWindows10での動作保証はしていないと思います。今までのWindows10ではWifiデバイスは動作していましたが、今回のApril 2018 Updateを行ったことで、今までのドライババージョンでは対応できなくなったようです。最新のドライバー(といってもWindows8.1まで対応)に更新したことで、今回はWifiデバイスが動作するようになりましたが、今後のWindows10のメジャーアップデートにより、また動作がおかしくなる可能性もあります。
そうなってしまった場合は、これより新しいドライバーバージョンは、提供予定がないので、内蔵のWifi機能をあきらめて、外付けの無線子機を利用することになります。

Windows7をWindows10へアップグレードしたパソコンは、ほとんどのメーカーがWindows10での動作を保証していないこと、ドライバー関係も提供が終了して、最新版が入手できないことなどから・・・Windows10のメジャーアップデートを行うことで、いろいろ不具合が発生する可能性があります。元がWindows7のパソコン自体も、使用が4年から8年くらいになる機種が多いと思いますが、Windows10のメジャーアップデートでトラブルが発生した場合に、どうするか悩むところですね。
Windows7に戻すにしても、サポートはあと1年半くらいで終了してしまうので、Windows10のメージャーアップデートの回避や延期する手段(ネットで検索するといろいろ出てきます)を使用するのがよいのかもしれません。

Windows10が最終のWindowsのOSという話で・・・今後は、ソフトやドライバーなどの対応OSの心配をしなくてよいと思っていたのですが、Windows10もメジャーアップデートのたびに、いろいろ変わってきているので・・・Windows10でもバージョンを心配しないといけないようになってくると思います。

ちなみに現在までのWindows10のバージョンは
1507,1607,1703,1709,1803(最新版)と変わってきています。基本的に毎年2回、春と秋にメジャーアップデートが提供されることになっています。
・・・そんなに頻繁にメジャーアップデートをしてくれなくてもよいのですが・・・


コメント

突然画面が映らなくなった

2018年06月23日 | パソコンサポート
時々サポートさせていただいているお客様から・・・突然パソコンの画面が映らなくなった・・・とご連絡がありました。

デスクトップパソコンにモニターをつないで使用しているのですが、どちらも電源は入っているとのことでした。

とりあえず、お伺いしました。パソコンとモニターの電源を入れてみました。よくモニターのケーブルが抜けてしまい、何も映らなくなってしまうということがあるのですが、きちんと接続されています。
パソコンは、電源ランプが点き、ディスクアクセスランプも点滅していますので、正常に起動しているように思えます。モニターを確認すると・・・真っ黒のままですが、電源ランプはアクティブで映像信号は受けているようです。

原因がパソコンかモニターかを切り分ける必要があります。まずどらとものノートパソコンをモニターにつないでみましたが・・・やはり真っ黒のままです。


そうするとモニターが怪しいことになります。一旦どらともの車に戻り、モニターを持って来て、つないでみました。
すると・・・ちゃんと画面が移りました。モニターの故障のようでした。

詳細をお聞きすると・・・以前から時々突然画面が真っ黒になることがあったが、パソコンの電源を入り切りすると直ったので、そのまま使用していたそうです。

とりあえず、どらともの手持ちのモニターを使用してもらい、その間にお客様のモニターを用意することになりました。
デスクトップモニターで液晶モニターが別付けの機種は、モニターが故障した場合は、液晶モニターだけを交換すればよいので、比較的対応が楽ですね。




コメント