パソコン便利屋 どらともサポート ブログ

Wifi中継器の設置場所

Wifiルーターからパソコンやタブレット、スマホまでの距離が遠くて電波が届かない、届いても電波が弱くて速度が遅い・・・ような場合、Wifi中継器を使うと解決でいる事があります。
Wifi中継器といっても、専用の中継器や、Wifiルーターのモードを切り替えることにより中継器として動作するのものなど、いろいろです。

今回のご依頼は、Wifiの電波が届かないので、中継器を購入したが、以前と状況が変わらないので調べて欲しい・・・とのことでした。

お伺いしました。事前のお話しでは・・・電波が強く受かっているのに、ネットにつながらないとのことでした。
パソコンの設置場所へ行って納得・・・中継器が、パソコンのすぐそばに置いてありました。
中継器の設置場所の考え方については、以前こちらのブログでも記載したかもしれません。
まず、中継器は基本的には、Wifiルーターと、使用するパソコン(タブレット、スマホ)の部屋の中間点に設置します。
これは、Wifiルーター(親機)から遠すぎると、中継器がWifiルーターの電波を拾うことができず、本来の中継機能が機能しません。
今回は、このパターンで・・・電波が届かないパソコンの横に中継器を置いていたので、そこまでWifiルーターの電波が届いていないので、中継器が機能できていませんでした。中継器自身からは、電波が強く出ていますので、パソコンではネットにつながらないWifiを強く受けていたと思われます。
逆に、Wifiルーター(親機)に近すぎると、中継器の中継機能は動作しますが、中継器からパソコンなどの機器までの距離が遠くなりますので、中継器の電波が弱くなり、ネットにつながらなかったり、速度が遅くなってしまいます。
中間点といっても実際は、スマホやノートパソコンなどでWifiルーター(親機)からの電波の届く位置や強度を確認しながら、中継器の設置場所を決めます。
電源も必要になるので、コンセントの有無、位置も設置場所のポイントになります。

今回は、中継器を一旦、Wifiルーターの近くへ持って行き電源を入れて、中継設定を改めて行いました。ほぼ中間点の階段の踊り場に中継器を設置して、パソコン設置部屋で、問題なくインターネット閲覧ができることを確認しました。
名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最近の「パソコンサポート」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事