湯治庵の日々

癌・頑強・爺・自律・自由・自在

北海道発・・・

2007年09月30日 | 命と健康

>>健康記録<<     
手足の先の過敏症はそのまま分散しだそいた。抗癌剤投与中止23日目。

>>Terryの散歩路<< 

ニチハムが優勝し札幌市民は沸き立っている。
フアンにはたまんないのだろう。

北海道の人々には長い冬の季節がまもなくやってくる。
昔は「半地下のムロ」に野菜や果物など保存した。
テリーは母親の眼を盗んで米殻に埋めた箱から「りんご」を盗んで食べた。コメ殻を元に戻すと減ったのがわからない・・・。
しかし犯人のテリーはいつも見破られた。
5人兄弟でそんな悪さをするのはテリーだけだったから。

長い冬に閉じ込められ、人々は次の春まで工夫を凝らす。
札幌雪祭りに代表される各種イベント、札幌ラーメン、ヨサコイソウラン・・・
白い恋人、ワカサ芋、などに代表される御菓子などなど数えあげれば沢山ある。「室蘭の焼き鳥」実は鳥ではなく豚肉なのだ。人気があるという。

そのうちIT関連で新しいものが生まれてくるに違いない。
厳しい母(冬)が、大地に生き残る人々の知恵をはぐくむのだろうと思う。

自立と共生 http//www.tetsuaki.net


 

コメント

80、000カウント

2007年09月29日 | 命と健康

         旭岳

>>健康記録<< 

血糖値高め、体調は良好。 

>>Terryの散歩路<< 

2001年1月1日開設のHPが今日80、000カウントになった。
多いのか少ないのか判断できないが、今日まで約7年間ヨタヨタと続けてきた。
知人と「絵のお墓」について構想を練ったりしたが、多くの人のホームページやブログのお墓を考えなければならなくなった。またビジネスとしても成り立つだろう。

現実のお墓は白鳥の塔」建設計画も今のところは物語の中だけだが、命を永らえればそれらすべてを合体したより膨らんだ構想にしなければならない。

今年中に「自立と共生」も全面リニュアールの予定である。
一生のテリーに暇はないのである。

自立と共生 http//www.tetsuaki.net

コメント

2007年09月28日 | 命と健康

        北海道の秋

>>健康記録<< 

体調良好。 

>>Terryの散歩路<< 
テリーは最近、病人は自分の病気を多角的に研究する人が意外に少ないのに驚いている。
ガンなどの早期発見は日ごろ自身でチエックする注意深さが必要だとおもっている。
自身深刻な病気に犯されて気がついたのだが・・・・。最近はインターネット環境が整い調べようとおもったらかなりの部分まで可能になっている。

テリーはせめて携帯を所有しメール送受信するだけでも世界がひろがるといって、同期生などに勧めている。ソフトバンクホワイトプランに加入しろと。

 

コメント

平和ボケと独裁

2007年09月27日 | 湯治庵の日々

>>健康記録<<     

 

>>Terryの散歩路<< 

福田内閣59%支持率・・・。
自民党が燃え尽きる前のローソク最後の灯かりのようだ。

ロシアと中国、ミヤンマー軍事独裁政権を後ろから支援。
ロシアと中国は国連に加盟しているが、ともに今でも本質的には独裁国家だ。

国家益や国際関係でのいろいろな思惑や理由があるだろうが、政権の価値観や体質の根っこが同じで、ミヤンマー独裁国家や北朝鮮などとは隣接していて違和感がないのだ。

欧米社会はアウンサンスーチンさんにノーベル賞を与えその命を独裁者から守っている。一握りの軍人と富裕層が支配する世界はまもなく終了するだろう。
歴史という黙示録の中にすべてが書き記されているのだから。

自立と共生 http//www.tetsuaki.net

コメント

シルバーマーク

2007年09月26日 | 命と健康

>>健康記録<<     

健康状態良好

>>Terryの散歩路<< 

テリーは愛車にシルバーマークを貼っている。
車事故の危険を少なくする為だ。
一般のドライバーは「ジジイだ!気をつけなくちゃ・・・」
ドライバーは車に誰が乗っているのか後姿などで確認して運転の仕方を判断する。

テリー自身、「ジージやバーバが運転しているとわかると注意しなきや」と思ってきた。

ところが、多くの高齢者ドライバーは車にシルバーマークを貼るのを敬遠する。
1歳だって若く見られたいのに、冗談じゃない」と思うものだ。
高級車に乗って颯爽とカッコよく走り回る。「私は若いし裕福なんだ」

今までは外観を飾り手っ取り早く演出する格好の道具が車なのだ。
しかし日本は貧困から心身ともに豊かになり価値観も変貌した。
いまや日本でも車は「足代わりの自転車」並の意識になった。

高級車に乗って第3者の目を意識するなどということは、遠い過去のことになったのである。
もし「私はそうは思わない」という人がいたら時代からずれているのかな」と疑って見たほうがいい。

自立と共生 http//www.tetsuaki.net

コメント

巷の声は・・・

2007年09月24日 | 湯治庵の日々

>>健康記録<<     

 食事後の運動が不規則になると血糖値がばらつく。昨夜4、今朝はインスリンを3投与。

 

>>Terryの散歩路<< 

 

結局のところ、利権政治、古い自民党体質の復活ですね。国民にこれ以上失望感を煽って 福田新政権に何を期待しろというのでしょうか・・・?一刻も早い、解散、総選挙を希望します。

総理総裁、就任おめでとうございます。 失礼ですが福田さんが今更、総理になって何をされるのですか? 前回、立候補するのならまだしも… 福田さんの唯一の仕事。それは衆議院の解散です。

まずは新総裁就任と新首相就任おめでとうございます。 国民不在の総裁選で選ばれたにしても、前回の参議院選では安倍を選ぶのか小沢を選ぶのかとの政権選択で国民は小沢さんを選んだんです申し訳ないですが、福田さんは選ばれてはいません。あくまで自民党の中で選ばれただけ。しかも国民には出来レースとしか見ていません。 福田さんが総裁選でいろいろ政策を訴えてきましたが、国民が真に望んでいることは早期の衆議院解散・総選挙しかありません。 ここは自民党再興の為にも選挙管理内閣となり、一日も早く総選挙を行い民意を問うてください。総選挙で国民から支持を受けたら真の総理大臣として活躍してください。 解散総選挙。国民を納得させるのはそれしかありませんよ。

もう自民党の時代は終わっている 民意のない遠い所で行われた総裁選出は見ていて愚かで哀れだ 今回の一件で安部政権だけにNOが突きつけられたわけではなく

自民党自体にNOが突きつけられているのが何故わからないのか 議員に対しては《議員の皆様》、国民に対しては《国民》と呼び捨て この言葉の中に福田新総裁がどちらを向いているかがよくわかる この人は決して国民の方を向いて国民のことを考えてはいないのだ

官房長官時代も人を馬鹿にした発言等々が多かった .小沢さんの民主党が政権をとって日本が変わるかどうかははなはだ不安があるが 自民党の時代ではない 本当に日本の行く末を案じているのならば一度自民党は政権から退き 野党という視点から政治を立て直すのがよいと思う
一党独裁がもたらした日本の政治の腐敗をよく反省するべきだ

何度も言うが日本の政治を正常にするためには自民党には政権から降りてもらいたい
です 福田新総裁は早期に解散総選挙を!!! そして民意を問え!!

 福田議員が自民党総裁に選ばれた事は、二大政党制に移行する
プロローグで自民党のエピローグと捉えるしか国民にとって救いがない。 ざっと考えるだけで以下の不安が考えられる。

・財政改革無き消費税の値上げ(官僚へのお手盛り継続)
・日本人拉致問題・中国外交等の外交的不安(外務省への阿り)
・調整能力が高いとの前評判(調整能力が高い=優柔不断・今の時代に向かない)
・マスコミへの高慢な対応(国民を軽視しているのでは?)
・派閥政治の復活(各派閥の利益を調整しなければいけないので政治問題の先送り等)
・少子化問題(この問題に関して具体的発言しているのを聞いた事がない)
・教育改革への理解(少子化問題と同じく国の根幹に関わる大事な問題)

等々、前総裁の安倍議員は上記の問題に関して、実行はともかく前向きな発言を
されていたが、福田新総裁はどうなんだろう・・・。
 次の選挙までの中継ぎ内閣なので、そこまで政治問題に取り組む姿勢を 問うのは酷かもしれない、しかし、税金で総理大臣を雇うわけだから、無駄に時間を 浪費してほしくない。 小泉・安倍と続いてきた、政治改革の波を一挙に止めてしまう・・・
逆行の愚に走る自民党国会議員達は、ここまで国民の意思と乖離する党になってしまったのかと呆然としている。 しかし、ここに投稿されている意見が国民の大多数の意見なら・・・
日本にも明日があるかもしれない・・・。

巷の声集めてみました・・・・

自立と共生 http//www.tetsuaki.net

コメント

最後の自民党総裁

2007年09月23日 | 湯治庵の日々

>>健康記録<<     

 体力は健康時の70%近くまで回復してきた感じがする。依然として手足の先の過敏症はそのままだ。抗癌剤投与から16日目。

>>Terryの散歩路<< 

 テリーが予測する日本の政治の地殻変動が始まる。保守王国群馬出身の首相は4人目である。テリーの住む地域から3人が首相になった。

福田新総裁は日本の内外に山積する国難の時代のリーダーではない
自由民主党が彼を選んだのがその証である。

超保守地盤のがんじがらめの中でテリーは、お金を公費以外は使わない選挙で2回の当選をした経験から、時代が転換する匂いを感じるのだ。

日本を復興させ、硬直させてきた責任政党の役割はすでに終わっている。戦後62年の政治を支配してきた2,3世が大手を振る時代もまもなく終わる。

自立と共生 http//www.tetsuaki.net

コメント

北に病の友あれば・・・

2007年09月22日 | 命と健康

健康記録

旅に出ると体調管理が思う様にいかない。血糖値は乱高下する。体調は良い。


テリーの散歩路

久しぶりに同級生を見舞った。思ったより元気だった。小学校から高校まで一緒にすごした幼なじみだ。心臓、腎臓、骨折、脳梗塞と順番に患い、入院生活は2年になる。

すい臓がんにやられたテリーのことをしていて、顔をみて驚いていた。同病相哀れむとはよく言ったもんだ。話しが弾んだ。テリーは今までにかなりの同級生を見送った。一つ一つ心に残っている。
今回はもう少しで自分が見送られる番になるところだった・・・・・

北に病の友あれば、俺もがんばっていると励まし・・・といった心境だった。

自立と共生 http//www.tetsuaki.net

コメント

小さな木の実

2007年09月20日 | 命と健康
              ドングリの実
コメント

インターネット環境

2007年09月20日 | 命と健康

>>健康記録<<     

体調良好。手足のしびれは残る。安定剤の影響もあるかもしれない。

>>Terryの散歩路<< 

次世代高速無線通信とは、移動中でも高速インターネットに接続できるものです。
 アンテナ1台で半径約50キロメートルをカバーできるという。

現行の第3世代携帯電話より5倍以上速い、毎秒20メガ(1メガは100万)ビット以上の高速データ通信を可能とする技術である。

車や電車で移動中でも高画質な動画が見られるほか、山間部での利用にも適しているとされる。
パソコンや携帯ゲーム機、携帯に組み込んでの利用が想定でき、
何処でもインターネット接続可能になる通信環境が整うことになります。

テリーは1日も早く車中からホームページの更新や、メール送信が出来る事を夢見ている。

自立と共生 http//www.tetsuaki.net

 

コメント

NHK大河ドラマの画像の誤り

2007年09月18日 | 命と健康

      本当はこんな様子だった平井城

>>健康記録<<                         

インスリン投与ゼロにして1週間が経過した。空腹時血糖値100前後を保っている。
手足の先の痺れは相変わらずだ。ジェムザールの影響らしい。

>>Terryの散歩路<<                      

先日のNHK大河ドラマ風林火山のなかで、
上州平井城の映像が出てきたが事実との違いに驚いた!


テリーが15年ほど前に調査検証し描いた平井城鳥瞰図と比較してみてください。

実際は鮎川を3箇所でせきとめ人口のダム(湖)をつくり、城をまもり固めていた。
ところがNHKの画像は、現在の鮎川の上に合成した平井城と城下町を藤岡市東平井方面から描いているのである。
テリーがNHKテレビ画像を修正した「修正画像」が史実に最も近いのである。

異議のある方はコメントを寄せてください。

「自立と共生」http://www.tetsuaki.net/

コメント

地球温暖化①

2007年09月18日 | 湯治庵の日々

     異常気象による被害額と保険支払額の推移

>>健康記録<<                                                            
神経が敏感になり、などに食われた箇所が長時間痒い。
依然過敏状態が続いている。インスリンはゼロを続ける。

>>Terryの散歩路<<                    

真夏と同じ35度。高温が毎日続く・・・
異常、異常・・・・という言葉が平常になったようだ。
日照りも雨も高温も過去の記録を塗り替えてきた。
テリーが群馬県に住み着いたところ「空風とかかあ天下」と言われ、
冬の空っ風は土ぼこり舞い上げ空を暗くするほど激しく吹いたものだ。

夏にはゴロゴロとカミナリガ鳴る「3束雨」といわれ農家がワラを3束ねる間に雨が降り出す。いまや空っ風も吹かない。
雷もまばら・・・テリーが変だなと変化に気がついたのは20年ぐらい前だった。

気温が1度上がったとしたら、緯度が100km下る。
今の東京の温度は100年前の鹿児島の南端と同じ気温だ。
人間にとっても植物やその他の生物にとって、1度の違いというのは重要なもである。

気温が上がれば今までは生息していなかった生物が現れるだけでなく、病原菌も同時に現れる。
気温の変化がもし山に及んだ場合には、1度違えば高度は100mも違い、2000mで育っていた高山植物が、気温が3度上がってしまった場合に、2300mもの高度があるところでないと育たないということ。
完全に地域の生態系を変えてしまうことになる。

地球環境も国際環境もおそらく手遅れの状況だと悲観的なテリー。
「ひとつ、ひとつ着実に実行してゆきます。自立と共生です・・・」
国を担う候補者、聴衆も砂上の楼閣内で演出されるワイドショウーのように、
言葉の全てが空虚に響くのだった。
誰が出てきても結局2世、3世お坊ちゃま政治家の
「ノンポリ
国家」は変わらない。

「自立と共生」http://www.tetsuaki.net/

 

 

コメント

ジーナの天敵③

2007年09月16日 | 命と健康

>>健康記録<<                      

日本糖尿病学会の空腹時血糖値は、
80~110mg/dl未満が「優」の評価、
100~130mg/dl未満を「良」とし、
70mg/dl未満は低血糖のゾーンになる。

空腹時血糖値80~110mg/dl未満、
食後2時間の血糖値80~140mg/dl未満が正常値と考えられる。

日本糖尿病学会によると、
ヘモグロビンA1Cの正常範囲(基準範囲)は4.3%~5.8%、
A1Cを5.8%未満とすることになる。
A1Cは過去1~2ヵ月間の平均血糖値を反映するもの。

>>Terryの散歩路<<                       

ジーナはけなげに耐えていた。

「どれ、かしてごらん」孫からサラミフードをとると
「ジーナおいでと」バーバ。
堰を切ったように「ペロリ」と一気に飲み込むジーナ。

「やっぱり」とテリーはうなずく。
再び天敵の孫がジーナに近づく・・・

「・・・・・・・」
観念したように孫の差し出したサラミフードを食べた。

テリーは目の前で起こる奇跡を一瞬期待したのだった。
考えてみるとジーナは犬なのだ。
知能が3歳ではなく5歳くらいかも知れないなと思った。

天敵の孫も明日帰る。
もう少しの辛抱だよジーナ。
バーもジーもまたお前を振向くだろ。

ところで、自民党最後の総理だと思った阿部首相が突然ダウン。
テリーの予測は外れた。
今度は間違いないだろう自民党最後の総理なる福田さん。
「自立と共生」・・・・と連呼している。
テリーは目を白黒させるのだった。

「自立と共生」http://www.tetsuaki.net/

コメント

ジーナの天敵②

2007年09月15日 | 命と健康

>>健康記録<<                        

皮膚の過敏症と手足の先の痺れは続く。
痺れが昨日は強めになった。インスリンは0

>>Terryの散歩路<<                                    

犬は人間の知能指数にすると3歳に相当するといわれる。
天敵の差し出す大好物のサラミを背筋を伸ばして拒否続けるジーナは、
何処かの国の議員や大臣のように、
椅子にしがみつくような、卑しい見っともないまねはしない。
テリーはこの光景をビデオに撮って、
国から地方までピンからキリまでいる政治家(屋)全員に見せてやりたいと思うのだった。

口からうっすらと流れ出すよだれと闘いながら
高いプライドで必死に無視続けるその光景は感動的であった。

「ウーウー」と再三口先に持っていくが反応しないジーナに
天敵(孫)もあきらめたようだ。  

まだまだつづく・・・

「自立と共生」http://www.tetsuaki.net/

コメント

ジーナの天敵

2007年09月14日 | 命と健康

>>健康記録<<                               

今朝の血糖値98。インスリンーゼロ
「膵臓がよみがえりエンジン全開になってきたようだ」と
S・ドクターからメールで心強いお褒めの言葉をいただいた。

家族をはじめ多くの方から心配いただいた「その気持ちに対する感謝とお礼は、
ガンを克服して見せることなのだ」と決心したのは3ヶ月前だった・・・

今後も「ガンとニラメッコ」は続くが、
第1ランドは連打、連打で押しまくり、ジャッジは10:4の圧倒的判定だろうと確信した。

>>Terryの散歩路<<                           

毎度紹介しているジーナ雌犬は人間の年で言うと50歳になる。
先日知人宅を訪れた。
ジーナがやけに静かだった。
理由は名古屋からやってきた天敵孫のK1,3歳の存在だ。

孫にジーナの大好物のえさを握らせ、
ジーナに上げなさいとジェスチャー交じりでジージとバーバが教えル。

賢い孫はすぐに理解し「ウーウ」いいながら、
ヨチヨチ歩きでジーナに近づいていった・・・ 続く

「自立と共生」http://www.tetsuaki.net/

 

コメント