湯治庵の日々

癌・頑強・爺・自律・自由・自在

死しても尚

2009年02月20日 | 湯治庵の日々
テリー様、
テリー様はすべてわかっていたのですね。
----------------
テリー様の遺言に従い、葬儀が終わる迄、死を伏せました。
ただ、下界の手続きで僅かな漏れはしかた有りません。
残された我々はテリー様のお言葉を忠実に守り、すべての贈りものと、参列をお断り致しました。

葬儀はお言葉に従い、藤岡の家族のみで行いました。
実のご兄弟の参列まで御遠慮頂く徹底ぶりには、ナタリーもナターシャも戸惑っておりましたが
私(シンナー)は、心を鬼にしてに従いました。
なぜなら、生を授かり今迄、テリー様の言葉が理解出来ない事が有っても、結果はすべてテリー様の予言通りだったからです。

テリー様は御自身の余命を悟られてから、未来が見えるとおっしゃっていましたね。
最後に来て、非常に貴重な体験をしたと。。

テリー様を失ったナタリーのボロボロの心と自宅での二年間の看病の心労と疲労。
また、悲しむ間もない程の数々の下界の手続き。。

『死しても尚(ナタリー)』を気遣う夫婦愛、また、すべての父を愛する人への公平、配慮、遠方のご兄弟への更なる配慮、すべて考えぬかれたベストの解答であったと思います。

流石です。

ただ、その陰には『駆けつけたい気持ちを必死に押し殺して』テリー様の最後の言葉に賛同して頂いた多くの家族、友の愛がございます。

テリー様へのご報告の場をお借りし、皆様に心より厚く御礼を申し上げます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 有言実行 | トップ | お墓へ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (戸井田 直樹)
2009-02-21 10:45:58
無事終えたことご苦労様でした。
今日の室蘭は昨日の嵐はどこえやら青空が眩しいひとなっております。「有言実行」を読んで小学校からの友達で特に大学では寝食をともした最高の青春時代を思い出しておりました。そばにいて最後の見送りが出来なかったぶん、彼が大好きな室蘭の大黒島、絵鞆半島、測量山、地球岬、トッカリショ、イタンキ浜等を彼の写真を持ってドライブに行ってきました。天国でも絵が書けるように。
ナンシー様まだまだ心労が続くと思います、お身体に留意されてお過ごし下さい。
おはようございます (戸井田 直樹)
2009-02-21 10:45:58
無事終えたことご苦労様でした。
今日の室蘭は昨日の嵐はどこえやら青空が眩しいひとなっております。「有言実行」を読んで小学校からの友達で特に大学では寝食をともした最高の青春時代を思い出しておりました。そばにいて最後の見送りが出来なかったぶん、彼が大好きな室蘭の大黒島、絵鞆半島、測量山、地球岬、トッカリショ、イタンキ浜等を彼の写真を持ってドライブに行ってきました。天国でも絵が書けるように。
ナンシー様まだまだ心労が続くと思います、お身体に留意されてお過ごし下さい。
冬に逆戻り (戸井田 直樹)
2009-02-22 19:58:02
連日飛行機が欠航する荒れた天気でした。私も今日は三回も雪かきをして腰が痛くて早めに休みます。自分が持っている徹明君の昔からの写真を音楽を付けてフォト・ストーリーを作りDVDにして送りましたネ、それを見ていると、鉄人、徹明と思っているのでいつものように突然現れそうな気がする。早いな~明日で初7日です。
弥生3月 (戸井田 直樹)
2009-03-02 20:05:09
日本は長い国で南は海開き北はまだ雪が積もっています。徹明君には今年だけでも桜の花を見てほしかったです。年度末、それぞれに卒業、転勤とお別れのイベントが多い時です、私も色々とボランテア活動の中で徹明君の友と会う機会があります。いつも昔話になりますが、彼がやった事や彼が言っていたことを思い出しての話ばかりです。これからもいつも彼が出てくると思います。彼の人徳そのもです。
私の思いですが49日が終わるまでお線香は欠かさずあげます。合掌。

コメントを投稿

湯治庵の日々」カテゴリの最新記事