On My Way

長男は1年生の9月から不登校、次男は入学式後すぐに不登校。明るい不登校を目指して。自分の趣味のことも書いてます

親戚が遊びに来て…

2017年06月25日 07時40分41秒 | 両親や親戚
先日、母のお姉さんと、妹夫婦が実家に遊びに来てくれました。

私と子供たちも実家へ顔を出し、一緒に食事に行ったりしました。

こういう親戚の集まりといういのは、
久しぶりというのもあり
間を取り持つためになのか、子どもと仲良くなるためなのか
えてして子どもをいじる傾向にあるような気がします。

子どもをピエロにするんですね。

まあ、そういう役目を自ら楽しんでやってのける子がほとんどかもしれません。。

うちの子どもたちはそういうことを嫌がります(笑)
もちろん自らおどけたりすることはありますが、
強制されてその役目を引き受けるのは絶対にイヤらしいです。


実家に挨拶に行くなり、伯母に
「あなたは誰ですか?ハイ、ここに立って自己紹介をしてください
み~んなに聞こえる大きな声で、僕は○○○○です、6歳ですって言いなさい」と言われる次男。

やっぱりこういう役目は兄弟でもまず年下がやらされるものですよね。

そしてもろん、次男は完全拒否(笑)

あぁ、私もなんか子供の頃こういうことやらされてたな~
私は断らずにピエロを引き受けていたけどけっこう嫌だったかも。。とか思い出し、
一緒になって次男を追い詰めることはせず、
そのまま見守っていました。
もし、助けを求められたら対応しようかなと思ってました。

次男に注目が集まる中、次男は
「っていうか、もう知ってるじゃん、いま言ったし」と伯母に言い返してました(笑)

いや~、ナイス突っ込み!!

そしてそのあと長男が追撃!!
「そのまえに、自分も名乗ってよ」

た、た、た、確かに!(笑)
まさに核心をついている!


子どもたちにとっては、ばあちゃんのお姉さんや妹やその旦那さんというのは
けっこう想像しづらいちょっと遠い存在だから
そんなわけのわからん人たちにいきなりいろいろ言われても
なにも応じるいわれはないわけですね。

そんなやり取りがあって、みんな大笑いしてその場はなごやかに収まったわけです。


こういう感じってどうなんでしょうね。
伯母や叔母夫婦もとってもいい人たちなんですけど、
子どもを面白く動かして楽しい雰囲気を作ろうという感じって
日本の文化みたいなものなんですかね。


やっぱり、子どもを下に見ているあらわれなんじゃないかなと思います。

もし、相手が大人だったらそんなことは絶対言いませんよね。。

そうやって子どもをいじることで、
子どもと打ち解けて仲良くなるきっかけにしようと思ってるなら、
逆効果な気がします。



子どもだってひとりの人間。
表現力は未熟でうまく伝えられないかもしれないですが、
しっかりした感情、考え、人格がある立派なひとりの人間として
尊重して対等に接して行きたいと思いました。


コメント (2)

個人面談と家庭訪問

2017年06月17日 15時07分10秒 | 学校とのかかわり(引越し後)
個人面談シーズンです。
先生とはよく話していますが、子供なしでしっかり話そうということで、
おととい、次男の担任の先生と面談をしました。
パパが休みの日にしてもらったので、私が1人で行きました。

教室にて私と先生のマンツーマンの面談です。
家での様子をお話ししたあと、今後はどうして行くかの話に。
引き続き、バレーボールなどで顔見知りを増やして行くのと、
暇な時に放課後教室に遊びにきてみることにしました。

前の学校は放課後教室は週に1回だったのですが、
新しい学校は毎日開催しているそうなので、
いつきても良いし、親も一緒に遊んでも良いし、ボールとか持参してもOK、
学童の子もそうじゃない子も入り乱れて6時過ぎぐらいまで遊んでいる、
とってもゆる〜い感じだそうです。
地域のボランティアの方や保護者もけっこう来ているようです。

次男の担任の先生は今年度から赴任したそうですが、
この学校のユルさ、大らかさにかなりビックリしてるそうです(笑)

なので、来たいときに来て、適当に遊んで帰って大丈夫です。と言われました。

子供たちもお友達と遊ぶのは好きなので、
行きたがったら利用してみようとおもいます。
まずは私も一緒に遊んで、楽しめたら良いです♪


そして、長男の方ですが、担任の先生が家庭訪問をしたいというので、
長男に確認したらOKということで、
昨日、自宅に来ていただきました。
長男の担任の先生は若い男の人で、長男と『ナルト』の話で盛り上がったりしていて
長男の心象がよく、家にくることも抵抗がないみたいです。

家で何をしたかといえば、子どもたちがやっているパソコンのゲームを見たり、
ちょっとやってみたりしただけ(笑)
子どもたちが得意げに、先生に説明したりやって見せたりして、
それを先生が興味を持って聞いてくれているという感じです。
私は特に必要なさそうなので、
キッチンでゴソゴソしていました(笑)

電話や玄関のチャイムで隠れてしまっていた頃から考えると、
長男もずいぶん変わったもんだな〜とおもいます。

それにしても、この学校の先生たちは、
私に学校に来させるようにも言わないし、
子どもたちに勉強の話とかも一切しないで、ひたすら子どもの話したいことを聞いていて
すごいな〜と思います。

校長先生と次男の担任の先生は今年度からの赴任なので、
校長先生の影響が強いということではなさそうだから、
運良く良い先生に当たったということなのかもしれないです。

でも、ユルくて大らかな空気がこの学校に流れているのは確かです(笑)

コメント

次男も完全不登校へ

2017年06月15日 08時47分11秒 | 学校とのかかわり(引越し後)
タイトルだけだと、最近休み出したみたいな感じに思えてしまいますが、
次男が学校に行ったのは入学式だけでその後は一切行っていません(笑)

もうすでに完全不登校状態ではあったわけなのですが、
給食を止める手続きが完了し、教材(集金袋で払うもの)なども今は買わない方向でという
話し合いが終わったということです。
長男は前の学校から引き続き給食などはキャンセルしていたのですが、
次男の場合、入学してみないとどうなるかわからなかったので
一応給食費の引き落とし手続きなど もしていたのですが、
どうやら当分行かなそうなので
給食費も払って、家でも食費がかかってとなるのはもったいないので
止めてもらったのでした。
教材費も、参加もしない運動会の小道具とか、今のところ必要ないので今後の購入はストップしてもらいました。
(入学してみないとどうなるかわからなかったというか、
多分次男は行かないだろうとは思っていたけど、
さすがに、それを最初から予想して給食費を最初から払わないというのは、
いろいろと問題にされスムーズに行かないだろうから、
行かせるつもりであったが行かなそうなのでとりあえず止めてくださいという体裁ですw)



いや、学校に行かせる気がないから止めてもらったのではなく、
現状行かなそうなので無駄な出費はとりあえず止めてもらったということで。
もちろん、行くのならきっちり準備しますよ♪

そんなわけで、すでに次男は完全不登校状態ではありましたが、
態勢的にも整ったという感じでしょうか。

次男の不登校は、みんなと同じことをしたりする学校の雰囲気が苦手、というのもありますが、
邪魔されずに自分の好きなことに没頭したいタイプなのかなと思います。

学校で嫌な体験をしていないのもあると思いますが
学校に対しての拒否感はあまり感じられず、
放課後などに私についてきて学校に行くことも嫌がらず、
担任の先生に対しても親近感を持っているようです。

何か学校に魅力を感じたら、フラ〜っと行ってみたりするんじゃないかなとも思います。
魅力を感じたら…ですが。


そんなわけで、兄弟して完全不登校なわけですが、
それでも払い続けるものがあります。
それはP・T・A会費!
なぜなら私がバレーボールをしたいから(笑)

前の学校ではPTAを脱退してましたが
今回はしっかり加入しております♪

完全不登校の子の親が、PTAバレーボールを全力で楽しんで良いのか?ww
ま、在籍はしているんだし、いっか❗️
コメント (2)

PTAバレーボールに参加

2017年06月11日 08時11分31秒 | バレーボール
昨日は、小学校のPTAのバレーボールに初参加して来ました。

こちらに引っ越して来て、友達が欲しかったし(私がw)
バレーボール大好きだし、
子供たちもついて来てくれると言うので(笑)

ついでに子供たちも楽しめればさらに良しです♪
まあ、昨日は最初なので子供たちは様子見という感じでしたが。
今後も付き合ってくれるらしいので嫌ではないんだと思います。
PTAのバレーボールだけあって、子供たちもたくさんいました。

もともと所属しているバレーボールクラブとは違って、
在籍校の体育館でやるPTAバレーボールなので、
どうかな?と思ったのですが、大丈夫そうでした。

ママさんたちもwelcomeな感じだし、
高校生や中学生も遊びに来ていて
とても和気あいあいと雰囲気も良く練習しているので
私も楽しく練習できました。

高校生男子のアタックはホント怖いです。
バシーン!ときます(笑)

ということで、クラブチームとPTAと、
上手くもないのにかけもちになってしまいましたが、
楽しくやって行きたいと思います♪
コメント