On My Way

長男は1年生の9月から不登校、次男は入学式後すぐに不登校。明るい不登校を目指して。自分の趣味のことも書いてます

親知らずを抜きました

2016年06月23日 08時31分17秒 | 日記
ちょっとまえに右上の親知らずを抜きました。
初めての抜歯で、ちょっと怖かったけど丁寧に麻酔をかけてくれて、
いつ抜けたのかわからなかったです。

かかりつけの歯医者さんで「そろそろ抜いたほうが良いね」と言われていたんですが、
近所で長年のかかりつけだけど、ちょっと強引で説明もあまりしてくれないので
普段のケアはまあ別に良かったのですが
抜歯となるとなんかその先生には抜いてほしくないっていうのがあったので
思いきって評判の良い歯医者さんに行ってみました。

そこは開業して数年の歯医者さんで、
抜歯は、専門の口腔外科の先生が担当してくれます。
しっかり説明もしてくれて、処置もすごく丁寧で、変えてよかったな~と思いました(笑)

抜歯後は、当日は少し痛かったので痛み止めを飲みましたが、
翌日からはもう痛みは大丈夫でした。

翌日、消毒に行ったとき、「じゃあ左上の抜歯は、いつにしますか」と言われ、びっくり!
右上抜いたばっかりだし!(笑)
いちおう、右上の様子が落ち着いてからまたお願いすることにしました。
まだ、右上が気になって左で噛んでるのに、
すぐに左も抜いたらどこで噛んだらいいの~?ってことになるので。。。



歯医者と言えば、長男もついに小さな虫歯ができてしまい、この間治療してもらいました。
少し削って埋めたのですが、
やっぱり歯医者のキーンとか苦手らしく、
「もう二度と虫歯になりたくない」と言って、それ以来、甘いものを一切食べなくなりました。

いや、もうホントにストイック。
ジュース類も飲まないし甘いお菓子も果物も食べないし、サーティワンに行っても次男だけ食べるという…(笑)

そ、そこまでしなくても…。

まあ無理に食べさせるものでもないと思うのでそのままにしてますが。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

親は買うだけ

2016年06月06日 10時46分30秒 | ゲーム
子どもたちが欲しがるゲームは、どんどん買っている我が家ですが、
買ってあげたゲームを1,2日でやめてしまうこともよくある子どもたちです(笑)

以前は、(せっかく買ってあげたのに)なんて思って「もうやらないの?」などと聞いたりしていましたが、
もう最近はそういうことを言わないように決めてます。


親は買うか買わないかを決めるだけ。
買った後どう使うかは子供が決めること。


数年前は、戦隊ものの武器なんかをよく買っていましたが、
買ったその日に次男はマジックで色を塗ったり自分仕様にカスタマイズしてました。

ソフビなんかも、マジックで落書きはしょっちゅう、
ボンドで固めたり、ラメのりで全身キラッキラ状態なヒーローも(笑)

ゲームはもちろん、ゲームをする以外に使い道はないのですが、
内容が、思ったほど面白くなかったということはよくあることです。

それは、買う前にどんなに動画を見ていても、
実際にやって体感しないと判断できないものだと思います。

買ってあげたんだからクリアしなさい、っていうのもしつけのひとつと言えるかもしれないけど、
つまらないものをひたすらやるのって苦行ですよね。。。
おもしろいからワクワクして、少々難しくても先へ先へ進みたくなるものです。

遊びやゲームは楽しいから意味がある。
買ってもらったからそれで遊ばないと…っていう気持ちで遊んでたら楽しくないです。

つまらないことをやり続けるより、どんどん新しいものや楽しいものに目を向けて、
自分が夢中になれるものに一つでも多く出会って欲しいな~と私は思います。

今の自分は、何が面白いと思って何がつまらないと思うのか。
自分で感じ取って自分で行動を決めたらいいと思います。


そんなわけで、いろんなゲームを買っている我が家ですが、
気付くと子どもたち二人とも「マインクラフト」に戻ってきてます(笑)

マインクラフトはほんとにすごいなぁ。
特にPC版は無限の可能性があります。
遊び方が決まっていなくて自由すぎるっていうのが、うちの子供たちの心をとらえて離さないんだろうな~。

26ドルで無限に遊べてしまうので、親からしてもコスパ最高です!
ある程度の性能のパソコンは必要ですが。



しつけつながりで
北海道で行方不明だった男の子の話。

Yahooニュースなどのコメントを見ていると、
親の気持ちが分かるとか、じゃあこういう子をどうやって躾けたらいいんだとか、
親は叱ったり躾けすることが前提な意見が多いです。

小2なら、自分がやっていることは迷惑行為なんだってわかってると思います。
親が困ることも分かるはずです。
なぜやったのか、何を得たかったのか
叱るよりも前に、そこを考えてあげないといけないんじゃないかと思いました。


そんな中で、松ちゃんの子育て論の、
どの口が言うんですかっていうのは共感してしまいます(笑)


『勉強しなさい』『習い事しっかりやりなさい』『テーブルマナーがどう』は叱るようなことじゃないですね。

こぼしたり、ぶちまけたり数々の失敗をやってきている私としては、
こぼした時点ですでに自ら制裁を受けていることを知っているので、
さらに追い打ちをかけて叱ったりなんて、とてもできない…(笑)


水入りガラスコップをを落として割ってしまったときに「床を掃除するいい機会になったわ」といつも言っていた母。
映画館でポップコーンとジュースを豪快にぶちまけてしまう私に、文句ひとつ言わない子どもたち。。。
台所でガッシャーンとやると、ケガはないか気にしてくれるパパ。
いつもこういうので救われてきている私です(笑)


失敗した時点で本人はかなり凹んでるんですよね。
感じ方も人それぞれとは思いますが、
たぶん、うちの子どもたちは強く感じる方なんじゃないかと思います。

だから。私も言わないです。
まさに、どの口が言うんですかって状態なので(笑)


迷惑行為に関しては、失敗とはやっぱり事情が違うので、
子どもの満たされない思いとか、訴えたいことがあるんじゃないかとか、
関わり方を考えてみるのが大事なのかなと思います。

大好きな親を好きこのんで困らせようとするはずがないと思います。
そういう行動に出ることによってしか伝えられないほど何か困っていたり、
周りの迷惑を考えられないほど追い詰められている状態だったりするのかなと思いました。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

完全にオムツ卒業!

2016年06月03日 11時24分38秒 | 次男
いつまでオムツが取れないのかと心配だった次男ですが、
やっとや~っと夜のオムツも卒業した模様です。

昼のオムツ卒業したのが、今年の2月だから、5歳6カ月のとき。

その後は、夜寝る前にオムツに履き替えるという感じでした。

この、寝る前に履き替えるというのが非常に忘れやすい!
お風呂出た後はまだパンツで、
お布団に入るときに履き替えていたので、
しょっちゅうふたりで忘れてしまって
布団を濡らしてしまうこともありました(笑)

そんなことをしているうちに、
夜オムツじゃなくても大丈夫な日が何度もあり、
オムツの履き忘れが激しくなり、
そのうち、履き忘れていることさえ忘れていて、
気が付くともうずーっと夜はオムツなしで大丈夫になってました。

そんなわけで、非常にテキトーな感じですが、
いつの間にか卒業していました!

バンザーイ。

いつか分からないので、5歳10カ月としときましょうか!!



長男は2歳で昼オムツが取れて、夜は5歳か6歳の前半頃だったかな~。

兄弟でもいろいろですね。

機能は出来上がっていても気持ちが伴っていなかったり、
気持ちがあっても機能が未完成だったり…。
その両方がうまくかみ合って初めて卒業できるんだと思います。


次男の昼オムツが取れるのが遅かったのは、
集団生活をしていないから周りに影響されることはなく、次男の自然のペースだったのかもしれません。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

日本での常識

2016年06月02日 11時15分29秒 | 不登校、子育てについて考えたこと
昨日は、子どもたちが大好きなyou tubeのマイクラ実況を一緒に見ていました。

そのなかの雑談で、日本とスペインの夏休みについて話していて、
スペイン在住の実況者さんは、日本の夏休みが1カ月ちょっとだということに驚いてました。

スペインはなんと3カ月くらい夏休みがあるそうです!すごい。

さらに、高校卒業すると、大学入学までに5カ月くらい休みだとか。。。すげ~!


ホントに~?と思ってちょこっと調べてみたら、

スペイン人の夏休み

大人も、有給休暇をすべて消費するのは当たり前で、
バカンス時期は早く仕事を切り上げて家族とゆっくり過ごすそうです。

なんかいいな~。
人生楽しんでる。
貯蓄額や給料が少なくても自分たちの生活に満足している人の割合は、日本人よりもかなり上というのも納得。


サービスなどのクオリティが多少低くて不便でも、
それを前提としていればイライラしないですよね。
時間通りが当たり前、品物がそろっていて当たり前だと、
遅れたりなかったときに爆発しちゃう。



その実況者さんも、日本の学校は1カ月しか休みがなくて、「日本人はそれで怒らないの?」と言ってました(笑)

それが日本の常識だから、怒らないですよね。。。


日本でも、大人も子供もこんなにゆとりがあったらいいのになぁ。


日本での常識がすべてだと思い込みがちですが、
ちょっと視野を広げるといろいろな考え方に触れることができますね♪

「郷に入っては郷に従え」
日本にいる以上、日本の習慣に従う必要がありますが、
そういう考えだけではないということを知っているだけで多角的に考えられて
気持ち的に違うんじゃないかなと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加