On My Way

長男は1年生の9月から不登校、次男は入学式後すぐに不登校。明るい不登校を目指して。自分の趣味のことも書いてます

ユマニチュード(人間らしく)

2014年07月29日 09時50分03秒 | 両親や親戚
ユマニチュードは、「認知症によって、周囲の情況を理解しづらくなった人に、優しさを伝え­るケア」です。


友人から情報をもらったのでさっそく見てみました

↓↓↓

ユマニチュード


最後は自分で歩き出そうとする姿にポロっと来てしまいました。


認知症の患者さんを担当する看護師さん、
精神的に苦痛でやめてしまう人が多いと言うのもよく分かります。

でも、ちょっとした方法で優しさが伝えられたら、
看護師さんにとっても患者さんにとってもすばらしい時間に変わってしまうんだなぁ。

認知症の患者さんに対しては、
積み上げられてきた絆と言うものはないので
毎回絆を作るところから始めないといけない。

そしてやっぱり人間として接することが大前提なんですよね。

立って歩いて、会話して、心を通じ合わせて
存在を認めてもらって。

問題行動は、不安のあらわれ…って、
認知症の方に限らず、子供たちもそうなんだなと思いました。
心を閉ざしてしまった姿。

味方を知覚で判断するのではなく感覚で判断する。
だから、目を合わせたりスキンシップで伝える。
なるほど。よく分かる。


私は切迫流産で入院したことがありますが、
入院しているときって自由がきかなくて苦痛です。
さらに検温、食事、掃除…
体は休めても。精神的に落ち着かなかったです。
看護師さんも大変そうで、着替えでナースコールするのもためらったりしてました。
それでも、理屈で分かっているから我慢できていました。

でも、認知症の方は不安でいっぱいだろうな。。

そんな経験と重なって、ああ、このケアはすごいなと思いました。


まだ、母親は元気に過ごしていますが、
少なからず不安はあると思いますので、このことを念頭に入れて接していけたらと思います。
コメント

追加でふたつ購入(どうぶつの森)

2014年07月28日 09時41分24秒 | 買い物
長男がもっとちがう「村」を作ってみたいということで、
またまたソフトを買いました。

もちろん次男も同じことをしたがるので、
ふたつ買いました(笑)

ここ数日は、ドラクエの時間が減りどうぶつの森ばっかりやっています。

(たまに私がドラクエのレベルあげやってます…)

相変わらず、ゲームに関しての探究心が強くて、
熱心に動画を見たり、調べたりしています。

攻略本を買って、自分で調べられるようにしないとな…。

まあ、楽しく熱中できれば良いですね♪



そして、毎年夏に夫の実家に帰省するのですが、
去年、ワンコが心臓の病気になり、飛行機がダメになったので
ワンコと私でお留守番しました。

私は数日間、「おひとりさま」を満喫しました。


今年は長男も「行きたくない」そうでふたりでお留守番の予定でした。



が、先日
長男「じいちゃんち、いつ行くの?」

え、きみも行くのかい!?



聞いたら、「行く」というので、
あわててパパが飛行機のチケットを確保してました。


当日、急に行きたくなくなるかもしれないけど、
それはそれでしょうがないですね(笑)

当日行ってしまうまで変更の可能性アリなので
約束が入れられない私です。


パパと子供たちが無事に行ったら…何しよう!るんるん♪






コメント

どうぶつの森&ヨッシーアイランド

2014年07月25日 09時49分32秒 | 買い物
昨日は、長男が「イクラのお寿司が食べたい」ということで、

「お寿司屋さん行く?」と聞くも、
「そればヤダ」

出前だと海苔がしなしなになってしまって食べない…。

で、手巻き寿司をやろうと言うことになり
パパが市場に行っていろいろなネタを仕入れてきてくれました。


ワーイ!久しぶりの手巻き寿司パーティ♪
私がうれしい!


長男はイクラの手巻き寿司だけをたくさん食べ、
その他のおいしいお刺身などには無反応(笑)
次男は寿司に全く興味なしで一切食べずに遊んでいました。。。

そして、いつものように、私とパパが手巻き寿司パーティを堪能したのでした♪


マンプクマンプク~。



その後、次男とパパで、発売になったヨッシーアイランドを買いに行きました。
長男も欲しいと言うことでふたつ。

それと、次男が「とびだせどうぶつの森」もやってみたいということで、
それも買って来ていました。

長男は、まえに「どうぶつの森はやらない」と言っていたので
次男がやっていて欲しがったらまた買おうと言うことになりました。


さっそく次男がどうぶつの森をやり始めると
長男「やっぱり欲しい」ということで
パパが、またすぐに買いに行ってくれました。すごい。。。

やってみたら面白いらしく、ふたりであれこれ言いながら楽しく遊んでいます。

ひらがな対応なので、長男はほぼ自分でできるみたいであまり聞かれなくて私もラクちんです。
さらに次男にも教えてくれているようで。


今日は、兄弟がどうぶつの森に熱中している間、
少し自分の時間が取れるかも?と期待してます♪



コメント (2)

パパと次男でお買い物

2014年07月24日 10時02分21秒 | 買い物
昨日はパパがお休みだったので、次男とお買い物に行ってました。
長男はおうちにいると言うので、私とお留守番。

買ったものは、ソフビ人形4体と、
ガチャガチャ10回ほど。

かなり控えめなお買い物だったようです。

最近は、長男が物欲ないので、あまりおもちゃ代がかからないな~。



それと、昨日は通知表を受け取りに学校に行ってきました。
受け取るだけなので、いつもの面談はなく、3分ほどで終わりました。
いつもこのくらいあっさりしていると嬉しいな。。

通知表はもちろんすべて斜線。
コメント欄は、先生がクラスの様子を書いてくれていました。
この通知表にあまり意味を感じませんが、
学校側は別日を設けてまで受け渡ししたいと言うことなのだろうから
波風立てずに指示に従ってます(笑)


夕方から、私と次男で近所でボール遊び。
日中はとても外で遊ぶ気が起きません(笑)
夕方で薄暗くなってからでもけっこう蒸し暑くて
汗だくになってしまいました。

途中で、近所のお友達やおじさんが一緒に遊んでくれたりしました。

でも、基本、ひとりの世界に入ってルールなしで好きなように遊びたいようです。
コメント

バブーシュとリース

2014年07月22日 08時40分05秒 | 趣味
バブーシュを作ってみました。



学校に行く時に履こう思っていましたが、
底がけっこうやわらかいのでおうちで使うことにします。

家事育児で中断されて、型紙をつくるのにけっこう時間がかかってしまいましたが
何とか完成!
子供たちも欲しいと言っているので、気が向いたら作ります(笑)




よく、ブログなどで見かけるペパナプリース、
かわいいなぁと思っていて、私も作ってみました。

ダイソーのペーパーナプキンをコーヒー染めして
お花をたくさん作り、
ダイソーのリースにペタペタ貼り付けて、リースの完成!

お花を大量に作るのが地味な作業ですが、
ちょこちょこ空いた時間に作れてけっこう好き。

ペーパーナプキンは半分くらい次男に持ってかれました。。
長男もお花作りに挑戦していましたが、
ひとつ作って、自分には向いていないと言って、行ってしまわれました~(笑)



コメント

学校を遠ざける理由

2014年07月21日 08時27分49秒 | 不登校、子育てについて考えたこと
我が家は、長男の不登校への対応として、学校からの電話や訪問をお断りしています。
加えて、学校関係のモノ(ランドセルや学用品)も目につかない場所にしまってあります。


このことに関しては賛否両論あると思います。



ちょっと頑な過ぎないかと思われる方も多いと思います。

多くの方は、(不登校を認めるにしてもそこまで頑なにならずに訪問を受け入れ、
少しずつ学校に慣らして学校は怖くない場所だと分かってもらったほうが良いのでは…。)

と、思うかもしれません。


もしくは、(1度でも先生方に長男を会わせれば、長男を心配している先生たちも安心するのでは…)

と、思うかもしれません。
→これは、実際にママ友に言われました。



長男は学校を怖がり拒否している状態です。

不登校になって1年立ちましたが、いまだに玄関チャイムに怯え、外出も学校の近くを避けます。



学校が怖いって多くの人には理解しがたいことかもしれませんし、
私も経験がありませんが、
お化けが怖いことと同じことだと思います。


例えば、お化けが怖い人に、大丈夫だからちょっとだけ見てごらんとか、
『心霊スポット』などに少しずつでも通ったら平気になるよって言っているようなものだと思います。
そこに毎日通うことがあなたの仕事だよって言われながら。


そういう場所がホントにコワイひとは、足がすくんで中に入れないです。
近くを通るだけでもイヤです。


でも対象が学校となると…、拒否すれば、甘えてるて言われる。。



学校は行かなきゃいけない場所だから



そして、子供が太刀打ちできなくてコワイと言っているのに、
親が訴えを無視して、子供を守らなかったら。。

親は自分を大切に思ってくれていないし、自分は親から信頼されていないと感じると思います。

辛さに縛られて、勉学どころか心身の素直な成長も望めないと思います。

そんなコワイ場所に行かされるくらいなら、死んだほうがマシと思うかもしれません。



学校は行かなきゃいけない場所。。。そんなこと長男だって100も承知です。
学校へ行くことが常識という社会で育ってきたわけですから。



でも、長男が行ける場所ではなかった。
それだけです。


家庭は楽しく、辛ければいつでも逃げ帰って来られる場所。
ここなら絶対に安心安全。
ここで無理せずに生活して元気がたまったなら、
(また外に行っても大丈夫かも)と思えるかもしれません。
また外で傷つけられたらいくらでも羽を休めて欲しい。


そういう場所であるはずの家庭で、自分を守ってくれる存在のはずの母親が
「ちょっと先生に会ってみなさい」とか言ったら。。
家庭は安心できない場所になり、
母親は自分を追い詰める存在になってしまいます。




長男から学校をできるだけ遠ざけて、
自分の好きなことを存分にやってストレスなく過ごしているのは、
甘やかしているのではなく、長男に必要なことだからです。


私がいまできることは、長男なりの生き方を認め、
長男らしく成長することを願うことだと思います。



その一端として、学校を遠ざけているのであって、
学校がキライだから拒否しているのではありません。
コメント

マンガを買いに

2014年07月19日 21時34分26秒 | 買い物
2日ほど前ですが、久しぶりに長男も外出をしました。

長男がハマっているドラクエ10のゲーム内で使える「しぐさ書」というのが特典でついている
マンガが入荷したとの電話連絡が来たのです。

「ママ買って来て~」か、
「パパが帰ってきたら買って来て~」になるのかなと思っていたら、
「いますぐ買いに行こう~!」とハイテンションだったので
ガンガン猛暑の中、行ってきました。

そんなときに限って、パパが自転車で会社に行っていて自転車がなかったので、
水筒持って歩いて汗だくになりながら駅の本屋さんまで。。。(笑)

無事にマンガをゲットして、お店の前にあるガチャガチャを2回ずつやりました。

暑いからジェラートを食べようということになり、お店へ。
店員さんが、ジェラートを選んでいるときにスプーンで試食を渡してくれるのですが、
子供たちはバニラしか食べないのでふたりとも試食拒否。。。
私だけ頂きました(笑)

外は猛暑でしたが、店内は寒すぎ。
結局、シングルのカップなのに、半分くらいしか食べすに残してました。。。
1つを半分コするのがちょうど良かったみたいです。


やっぱり、引きこもることより楽しいことがある場合には、
暑くても歩きでも、何の抵抗もなく外出するんだなぁ~と思いました。


コメント

学校に行ってきました

2014年07月16日 23時12分57秒 | 学校とのかかわり
本日の内容は、学校関係の方には反感を買ってしまう内容かもしれません。


このブログは不登校をしている子供をもつ母親が、ストレス発散や記録のために、
考えたことや愚痴を細々と綴っているものなので、
表現が不快に感じることもあるかと思いますが、
そういう方はこのブログが合わないと思いますので訪問されないことをお薦めします。


私は傷つきやすい平凡な主婦ですので、否定的な内容のコメントは控えていただきたいです。
場合によっては削除することもあります。

応援メッセージは大歓迎です☆



では気を取り直してご報告!

昨日は、学校に行ってきました。

毎日の欠席連絡を、電話ではなくメールにしてもらう代わりに
私が月に1回程度学校を訪問して、先生方に近況をお話しています。


今回も、まず2年生の教室に行き、担任の先生と1対1でお話をしました。


長男はドラクエが好きでおうち中心の生活をしていることや、
特に勉強の時間は設けていないことなどをお話しました。

担任の先生はそういう生活の必要性をよく理解してくれているようで
とても報告しやすかったです。


そのあと、担任の先生から現在のクラスの様子や、保護者会の内容などの報告を受けました。
クラスはとても仲良くまとまっているそうで、長男の話もたまに出るそうです。
みんな長男の登校を切望しているそうで、ちょっぴり切なくなりました。

担任の先生はとっても話しやすく、やさしくしっかりした先生で、
きっと子供たちにも好かれているんだろうな~。





教室をあとにして、校長室へ。
校長、副校長、養護の先生と4人でお話。



まず、校長室へ入るなり、

校長「またお母さんですか」

私(え。。。)

校長「長男くんの顔が見たい。」

冗談と本気が半分な感じ?

丁重に迎えてくれとは言いませんが、
私だって一応パパの休みの日に子供たちをお願いして外出し、
子供たちの機嫌をとりながら頑張って報告に来ているのに、
そんな笑えない冗談で出迎えですか。。

外出さえも抵抗がある長男がいきなり学校の校長室へ行けるわけがないので、嫌味ですよね。。
もしくはKY(死語w)??

まあ、いきなりビックリしましたが、その場かぎりのジョークだろうし、
長男に害のあることではないし、
校長なのに大人気ない人だと思いつつも受け流しました。


続いて、担任の先生にしたような近況報告を私がしました。


長男が外出をほとんどしないことについて、「クル病」になるんじゃないかと言ってました。。

紫外線を浴びないことによって発症する病気です。
家に帰って調べてみましたが、クル病予防に必要なのは夏では1日5分程度で、
紫外線は家の中にも入ってくるそうです。
我が家のリビングは南向きで太陽光も入ってきますし、
特にUVカットの窓ガラスでもないので必要量は浴びていると思います。
過度に紫外線を避けるような生活をしていなければ大丈夫のようです。

少しネットで調べたら出てくる情報です。

長男が辛くて外出ができないことを知った上で、安易に、
聞いた話だかあいまいな情報でイタズラに親心を突くのをやめてもらえませんかね。。



そして、やっぱり長男の顔が見たいということで、「家に訪問して顔だけでも見たい」と言われました。

家に来ないで欲しい代わりに私が学校に訪問するということだったのに。

不登校がはじまって1年が経つとそんな話もうやむやになってしまうのでしょうか。


「その時は嫌がるかもしれませんが、登校のきっかけになるかもしれないから試してみませんか」


そんな、いい加減な。。「試す」なんて。。

う~ん、なんていうか、校長は根本的に考え方が違う上に、
私が話すと首を傾げて全否定の姿勢なので非常に話しづらい。。

たとえ、考えが違っても聞く姿勢を持って少しは耳を傾けてくれないんですかね。。

私も途中で説明する気力もなくなり、
「それは無理なのでやめてください」とはっきり言いました。


長男は学校関係に恐怖を感じています。
いま私たち親にできることは、ツライ刺激である学校関係をシャットアウトし、
自分の好きなことだけをして、余計な傷はつけず負担なく楽しく過ごし、
学校に対する恐怖を楽しさで打ち消してもらうことです。
それが一番の近道だと思っています。


そのために、学校を想起させるランドセルや学用品はしまい込み、
勉強も一切勧めず、先生からの電話も訪問もお断りしているわけです。


そして、長男のやることなすこと、常識はずれなこともすべてを認めて、
そのままの長男で良いという姿勢で接することを心がけています。

学校に恐怖を感じている長男は、家の電話やチャイムがなると、
学校からじゃないかといまでも怯えています。

そんな長男に私は何回も「学校から電話が来たり、先生がうちに来ることは絶対ないんだよ。大丈夫だよ。」と言ってきました。

長男と私の約束です。

それだけは絶対に裏切れません。

どれぐらいツライか私には分かりませんが、
少なくとも1年そうやって生活してきたにもかかわらず
まだ先生や学校がコワイといっているのです。


校長先生は確かに長男を一目見たいだろうし(虐待などの心配もあるだろうから)、
その訪問が登校のきっかけになる可能性は0ではないと思います。

でもそれだけのために訪問を認めるわけにはいきません。

虐待しているかしていないか確認したいという校長先生の希望を叶えるために
訪問を認めたところでこちらにはなんのメリットもありません。

先生が家に来ることは絶対にないよと約束してくれた母親が、
家に先生を呼び、会うことを強要したら。。

それこそ虐待です。
長男の精神は、絶望しボロボロになると思います。

長男は深く傷つき、安全だったはずの家を失い、
自分を守ってくれるはずの親に裏切られ。。

もはや頼れるひとは誰もいない。
家の中に敵がいると思ってしまうかもしれません。

それをきっかけに登校までもっていけたとしても、
自分の意志で学校へ行っているのではなく、
先生への恐怖と、もはや信頼できない母親への絶望から、脱け殻のような状態で学校へ体を運ぶだけです。

学校に行けるなら、たとえそういう状態でも良いのでしょうか。。


これはひとによって考え方が別れるところですが、
私は辛い思いをして命を削ってまで学校に行く必要はないと思っています。


というような話をしたかったのですが、上記のような校長の態度に、
もともと小心者の私は説明する気力もなくなるわけです。。
聞いてくれないひとに話すのって疲れますよね。



ちなみに、校長室は応接セットがありまして、
私と養護の先生と副校長はソファーに座るわけですが、
校長はデスクでパソコンに向かったまま話すかたちです。

お茶なんていりませんけど、大した時間でもないんだからせめて目の前に来てくれませんかね。。。



まあ、家庭訪問ははっきりお断りしているので無断で家に来るようなことはないと思いますので、
最低限それだけ守ってくれるのであれば、多少の気分の悪さは我慢しますが。。


その場ではヘラヘラしてましたのであまり気になりませんでしたが、
こうして思い返して文章にしてみるとけっこうキツい状態だったようです。私。


でも、ここでぶちまけてスッキリしたし、
すぐにいやなことは忘れるタイプなので大丈夫です(笑)


また明日からがんばろ~!!
コメント (7)

癇癪を起こしたら…

2014年07月13日 19時20分17秒 | 成長
長男は、よく癇癪を起こしていましたが、
最近は落ち着いています。

落ち着いているといっても、何日かに一回はありますが(笑)
前ほど頻繁ではなくなりました。

やっぱり、おうちで穏やかに生活しているからなんだろうと思います。
いまは、おうちですきなだけ充電して欲しいと思いますので、
安心して穏やかな情緒を保ってくれたら良いなと願っています。

とはいえ、ゲームでうまく行かなかったり、次男と揉めたり、
鼻が詰まったり(笑)などなどでたまに癇癪を起こします。


そういう時は…
要求を満たすということに尽きます。

結局、癇癪を起こしている状態と言うのは自分の中に余裕が全くない状態。
いっぱいいっぱいであるということです。

本人はすでに超ツライ状態なわけです。

自分自身に置き換えて考えても、イライラしたり自信をなくしたときに必要なのは
やっぱり受け入れて見守ってくれる存在だと思います。
まあ、大人なので癇癪という形で出すことはありませんが。。

へこんでいる時に「うんうん」とただただ愚痴を聞いてもらったり、
八つ当たりしても責められずに受け入れてもらったらとても救われますよね。



癇癪を起こしている状態で私が「親に向かってなによ!」みたいに同じ土俵に立ってやりあっても、
さらにさらにツライ状態に追い込んでしまうだけです。。
自分でどうすることもできずに癇癪となって表出し、助けを求めてきているのに
そこでキツイ対応をしたら親に見離された気分になるかもしれません。

なんでそこでキレるの?って理由が分からないときもありますが、
理由は分からなくても問い詰めたりはせず、目の前にいる長男は今ツライという事実をみて、
常識はまず置いといて、すべて受け入れることにしています。
そのほうが落ち着きを取り戻すのも早いです。


それが最近私にもよく身についてきたので、長男が「早くしろ!」などの暴言を吐いても怒ることなく、
できるだけ早くするように頑張るのみです(笑)

長男「~買って来て!」
私「わかった、行って来る」と言う感じです。

長男「DSの充電持ってきて!早く!」
私「ハイどうぞ!」


次男バージョンもあります

次男「納豆、こうやって開けるんじゃない~~!新しいの持ってきて~!」キィ~!
私「はい、新しい納豆だよ」
次男は2回失敗してました(笑)
ニッコリ笑顔で渡します。。

長男はジャイアン的な感じで次男の遊んでいるものを奪うときもありますが、
そんなときも何も言わずに、なきながら走ってくる次男を抱っこしてヨシヨシするだけです。
長男が飽きればそのうち使えることを知っている次男も深追いしません(笑)


こんな甘やかしたような対応で、王様になったりしないかとちょっと不安になる時期もありましたが、
心に余裕があるときは自分でできることはするし、次男にも優しく接しています。

癇癪を受け入れてもらうことで、親は自分がどんな状態でも受け入れてくれる、
自分は大事にされていると、少しでも感じてくれたら嬉しいです。


たまに起こす癇癪は、甘えたい、受け入れてもらいたいという無意識の気持ちから来ているのかもしれません。
だからこそ、叱ったり突き放したりせずに可能な限り受け入れて行こうと思います。


でも、癇癪を受け入れるには、こちらに心の余裕がないとできません。
その余裕になるひとつとして、上記のような理屈が頭にあるというのがあります。

そういう考えが根本にあるから、癇癪を起こされても言葉通りには受け取らず
ツライ心を感じて対応できるんだとおもいます。
コメント (6)

どうしたら漢字が覚えられる?

2014年07月08日 10時18分32秒 | 成長
相変わらずドラクエを楽しんでいる長男、
だいぶチャットも上手になってきて
促音(「っ」)、拗音(「ゃ」「ゅ」「ょ」)もマスターしたみたいです。

スラスラとひらがなの文字打ちができるようになってくると
フレンドのみなさんが使う「漢字」が読めないことを気にするようになってきました。

たまに、「外国人?」とか、「小学生?」とか聞かれるので、
漢字は少しぐらい覚えといたほうが良いらしいと考え始めたようです。



ついに昨日、「漢字ってどうやったら覚えられるの?」と長男から質問が!(笑)

私「やっぱり紙に書いて覚えるのが早いかもね~」

長男「それはヤダ!」

(!!やっぱりか~。)

私「チャットで、読めないな~とおもった漢字を聞くことを繰り返したら少しずつ覚えるよ」

ということにしてみました。ははは。


数をこなせばきっと…(笑)



アニメなどを見ていても、「~ってどういう意味?」と聞かれることが頻繁になってきました。
何度も見たことがあるアニメでも聞かれたりするので、
こういう言葉を知らずに見てたんだ~と気づくこともあります。
同じアニメを何回も見ても飽きないのは、
毎回いろんな発見があるのかもしれません。

セリフも覚えて、知らないうちに使い方を身につけています。

アニメも立派な教材なんだな~。


ドラクエで、仲間に誘おうとするときに「誰かナンパしよう!」と言ったのにはビックリでしたが。。。
クレヨンしんちゃんから学んだと思われます(笑)



ということで、最近、ちょっとずつ知識欲が出てきた長男なのでした。
コメント (2)

明太子パスタ食べられました。

2014年07月07日 09時46分35秒 | 成長
我が家の子供たちは好き嫌いがとても多く、
だいたい決まったものしか口にしないのですが、
最近明太子パスタも食べるようになりました。

福岡の親戚から明太子が送られてきて、
パスタにしたところ、今まで見向きもしなかったのに
食べてみようという気持ちになったらしいです。

でも、けっこう辛かったんだけどな。。。(笑)
こんどはタラコで作ってあげよう。


それと、次男だけですがから揚げも食べられるようになりました。
お弁当なんかに入れるのに便利なのでウレシイです。
長男はやっぱりから揚げは苦手みたいです。


私たち大人が食べているものにちょっとずつ興味を持って、食べられるものが増えたらいいですね~。



生活の方は、長男がまた寝る時間がずれてきました。
午後2時ごろおきて、夜は何時に寝てるかな?午前3時くらい?

次男は遅めですが逆転はしないです。

最近、3DSの
『マリオ&ルイージRPG4 ドリームアドベンチャー 』に次男がハマっていて、
それにつられる形で長男も楽しんでいます。
でも長男は、基本はドラクエ10ですが。


そして、次男のトイレ事情ですが、
最近はまたトイレに行くのが面倒になったみたいです。
でも、もうおしっこの感覚はつかんでいるので
おしっこをしたら気持ち悪いからすぐにお知らせしてくれるもんで
ここにきてオムツの消費量がすごいです(笑)
もうあまりオムツを使わないかなと思って買い控えていたので
ここのところオムツ不足です。

水曜の生協の配達までギリギリ足りるかな??
コメント