On My Way

長男は1年生の9月から不登校、次男は入学式後すぐに不登校。明るい不登校を目指して。自分の趣味のことも書いてます

あさイチを見て

2018年04月18日 11時19分05秒 | 発達障害
先日、NHKのあさイチで発達障害についてやっていました。
たまたま知ったので録画しておきました。
シリーズになっているそうで、今までのは見ていないのですが、
今回はグレーゾーンについてでした。

発達障害とははっきり診断できないもののそういう傾向があるという
なんともフワフワした位置です。

このグレーゾーンと言われて一番危険だなと思ったのが、
まだ発達障害とは診断されていないのだから、
頑張ってグレーゾーンから抜け出そうと、
一生懸命子供に注意したり支持したりしてしまうことです。

それによって子供は傷ついたり自尊心が持てなくなってこじらせてしまう。
出演していた児童精神科医の先生も、こじらせないことと言っていました。

発達障害とかグレーゾーンと指摘された瞬間、
なにそれ!?となり、
不安になって本やインターネットを調べまくったり、
お医者さんや先生、保健師さん、先輩ママなどのアドバイスに振り回され
なんとかみんなと同じにできるように
右往左往してしまいます。

私も結構動揺しました。
いろんなことをアドバイスのままに中途半端に実践したりもしました。

それでこじれてたのかな〜。
時期としては年長くらいのとき?

転機は長男が不登校になったとき。
学校に行かないから周りの子供たちと比べることがなくなり
純粋に長男の姿をしっかり見られるようになったこと。

もちろん、周りの子供と比べないっていうのは子育てでよく言われることで
私も知識としてはあったしそうしているつもりではいましたが
やっぱり目に入る以上どこかで比べてしまって辛くなっていたんだと思います。

やっぱり見るべきは自分の子供だと思います。

こういうことは苦手そうだから手助けしよう
疲れているようだからゆっくりと過ごそう
とても楽しそうだからこれが好きなのかなとか
目の前の子供の方をきちんと見て接していくのが良いです。

そして子供の言葉にも注目します。
これがしたい、〇〇が好き、あれは嫌だ。学校に行きたくない(笑)
フムフム、ほうほう、と子供のことがわかります。
当たり前ですね。
そこで子供が言ったことを否定したりすると今度から素直に話してくれなくなるかもしれないので
自分の考えとかは置いといて
なるほどね〜。そう思うんだね〜。と子供について学び理解します。

たぶん、そうしていくとこじらせるまではいかないんじゃないかな〜。

苦手なことは無理強いせずゆっくりその子のペースで。
好きなことはこちらが特に何かをしなくても勝手に頑張る。
子供の話をよく聞いて子供のことを学ぶ。

こんな感じでやっていこうかなと思っています。

あさイチを見て久しぶりに発達障害について考えました。





チューリップが綺麗に咲いて嬉しい♪
1週間前くらいです。
コメント (2)

長男と発達障害

2013年12月24日 00時25分01秒 | 発達障害
掃き出し窓に断冷カーテンなるものを取り付けてみました。
窓から来る冷気がなくなってお部屋があったかくなりました。ビックリw(°0°)w

昼間はカーテンと一緒にあけられるのでなかなか良いです。
ちょっと下がモサモサしますが(笑)



ひさしぶりに赤沼先生のサイトを読みに行って発達障害の記述に目がとまりました。

長男も診断が下った発達障害ですが、
先生によると発達障害というものはなく性格であり、
治そうとするとよけいにその傾向が強まるそうです。

うちの長男も、年中で発達障害と診断され、療育を受けてきました。
療育は作業療法士と遊びを通して苦手を克服したりします。
迷路やパズルなど座って行うものや、ボールプールやブランコを使った体を動かすものもありました。

最初はふつうに行ってましたが、年長の冬くらいに療育に行くことに疑問を持ち始め、
「行きたくない」、「何で行くの」、 と拒否を始めました。
病気でもないのに毎回保険証や医療証を出したりするのもおかしいと思っていたようです。

私もなんで療育をするのかうまく説明できないし、
長男に苦手なことを宣告するのもイヤだったので
行きたくないなら無理することない、と行くのを辞めてしまいました。

一見遊んでいるようでも、やっぱり普通の遊びとはちがいます。
療育の先生の目、訓練されている自分を敏感に感じ取ったんだろうな。

同じ内容の遊びでも、おうちできままに遊ぶのと、
療育センターでつねにチェックされながら遊ぶのでは違いますよね。。


発達障害というのは子供の性格が大人が望まないものだったから障害と分類されてしまって、
もし、大人にとって都合が良い性格を持ち合わせていたら天才になるんだそうで。。

大人にとって不都合な性格を無理に強制しようとすれば、その子はその子なりの素直な成長ができなくなる。。。

これは長男の様子からもその通りだと思います。
苦手なことは注目せずに、素直に成長するままにまかせておけば
自然と苦手な部分も成長するのではないかと思います。


7歳で~ができなければならないというのはあくまで平均や指針であって、
たとえ今できなくても気にすることない、オムツと同じでいつかはずれるくらいに思ってます。
苦手なことにあえて注目するより、日々楽しくすごして
自分っていいな、家族っていいな、生きるって楽しいなって思えるなかで
素直な自分で成長してもらえればとおもっています。

そう接しているうちに、自然と自分にできる範囲で、親の望む行動をとってくれるようになってきている気がします。

できない部分に注目すればするほど親も子もストレスがたまります。


長男は片付けが苦手なので、一切片付けなさいと言いません。
好き嫌いが多いので好きなものだけ食べさせてます。
ゲーム、テレビは好きなだけどうぞ。
勉強は大嫌いなので一切やらせてません。
お風呂キライなので入りません。
好きなだけ寝て好きなだけ起きてます。
欲しいおもちゃは可能なかぎりすぐに買います。
あ、もちろん学校には行ってません(笑)


これをすべて良しとしたら、もう怒るネタがなくなりました。
安眠妨害されたときくらいですかね。。



ついでに今日の話。

ポケモンの図鑑を買いに本屋さんに行き、無事にゲットしたのですが、
となりにおもちゃコーナーが…。
まだ持っていないガイムの剣やソフビ人形などが売っていて、
その場でお買い上げ~(笑)
もっと安く手に入るのに本屋さんで定価で買うなんてバカらしいと思ってしまいましたが、
子供たちはテンション上がって買う気マンマンになってしまったのでおとなしく買いました。。。

もう、クリスマスも何もないです(笑)
果たして、今日サンタさんが持ってきてくれるプレゼントは喜んでくれるのでしょうか~。


そして、長男はポケモンのYをプレイしているのですが、
ポケモンのXも欲しいということで明日パパが買って来てくれることになりました。

常識で考えれば、おもちゃ買いすぎ!ですが、
つらい長男の心を癒すために必要なものなんだろうと思います。
そのためにも、ささっとスマートに笑顔で買うことを目指してます(笑)
コメント (4)