On My Way

長男は1年生の9月から不登校、次男は入学式後すぐに不登校。明るい不登校を目指して。自分の趣味のことも書いてます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

不登校児と健康診断

2014年04月22日 21時12分09秒 | 相談
今日は、スクールカウンセラーと面談をしに学校へ行ってきました。

私は特に相談事もないのですが、
スクールカウンセラーの先生が長男の様子を聞いておきたいということで。

やっぱり、カウンセラーだけあって、他の先生たちよりも話しやすいです。
だから素直に長男の現状を伝えました。
特に否定されることもなかったです。


40分くらいの面談を終えて、養護の先生のところへ。
健康診断のお話がありました。

長男は、去年の9月から不登校になり、初めての健康診断の季節を迎えてます。


尿検査、ぎょう虫検査、内科検診、歯科検診、耳鼻科検診、内科検診…。
学校で受けない場合はかかりつけで自費で受けるようにとのこと。

健康診断も立派な登校刺激だと思いますので、お断りする気マンマンでしたが、
養護の先生が、
「学校に在籍している以上受けてもらわないといけない」
「家にずっといると腎臓などが悪い場合もある」などなど、
保護者の良心をチクチク突いてくるのでちょっと不安になってしまい、
その場での断言は避けて家に帰りました。

帰って、インターネットでいろいろ調べてみると、
不登校でも健康診断は受けないとと言う考えがほとんど。。

ん~、でも、長男に話したところで拒否されるだろうし、
話すことで長男が辛くなってしまうなら今まで学校をシャットアウトしてきた意味がなくなってしまうなぁ。
とかいろいろ考えていました。


そこで、やっぱり困ったときの赤沼先生☆
さっそく相談メールをしました。

そしたらすぐにお返事をくださいまして、

「健康診断は登校刺激なのでしなくても問題はないです。
それよりも心の健康を考えるなら、受けないことをおすすめします。」

という内容でした。


その返事をもらって私もやっぱりそうなんだ!!と確信しまして、
学校に、今後は自己責任のもとで、すべての健康診断は辞退する旨を伝えました。

は~、スッキリしました☆


もちろん、親として、調子が悪いときは病院に連れて行きます。
ただ、不要な、むしろ有害な健康診断は受けないと言う意味です。

自分の望む外出以外は拒んでいる長男が、
病気でもないのにキライな病院に行って健康診断など受けるわけがないので。。。(笑)


コメント (6)

食生活について

2013年11月03日 09時54分21秒 | 相談
最近、お菓子やアイスを求めるようになり、ご飯を用意してもあまり食べなくなりました。
食べるとしても、ご飯にチーズをかけただけとか、韓国のりで巻くだけとか決まったものだけしか食べません。

私が「もうやめときな」とか、
「今はご飯食べなさい」とか言えば、渋々ですが言うとおりにします。

でもこれって、つらい気持ちの長男に無理なことを行っているのかな?
よけいつらくさせてるのかな?
でも、ちゃんと食事しないでお菓子ばっかりって病気にならないかな?
これも常識でものを言ってる??

そして、次男も当然同じように食べたくなるわけで…。

自分の中でもやもやが。。
パパにも相談したら、健康も心配だねと。


そこで赤沼先生に相談しました。


昨日メールしてすぐに返事が来ました。
本当にすごい先生だな。。。


↓↓↓
アイスやお菓子をたくさん食べてご飯をあまり食べないのも仕方がない。
そのうち、ちゃんと食べるようになります。
病気になる心配は必要なく、まずは心を元気にする必要があります。

言えば素直にやめるけれども、今は言わないほうが良いそうです。
それによって太ってしまってもやむを得ない。

心がつらい長男には指示を受け入れる余裕がないと考えてそのままにするのがいいです。

3歳の次男についても、長男と同じ対応をしたほうが良い。必ず卒業します。


ということでした。
私もこういう対応が良いだろうなとは思っていましたが、
病気とか予想してしまうとまだまだ自身がなく、迷う日々だったのですが、
赤沼先生がハッキリ言ってくれたおかげで子供たちの希望に沿うという決断ができました!

子供の心の元気の前には健康は2の次なんですね☆
何ごとも、心が元気であることが基本!
心さえ元気になら、何ごとも前向きになる。
どのくらいかかるか分からないけど、長男の心が元気になることはどんどんしよう。
そして、次男もつらくならないように同じように。。。


次男はたぶん心がつらい子ではないので、ゲームをやり放題にしてもやらないし、
自分から片付けもするし、お風呂も勝手についてきます。
心が元気だと、自発的に大人にあわせてくれるみたいです。

心がつらいかどうかで子供の態度が変わるということが分かると、
言うことを聞かない、わがままとかは性格ではなく、つらいんだということが分かり、
そういうことならどんどんやってあげようという気持ちに私がなれるのが不思議です。

この仕組みを知るまでは、「長男はなんて育てにくい子!」って思うところでした。
いや、思っていました(笑)
コメント (2)

相談しました。

2013年10月13日 21時13分28秒 | 相談
最近、「お金が欲しい」様子の長男。

毎月お小遣いをあげたり、おばあちゃんちに遊びに行ってお小遣いをもらって買いに行くことは今までもしていました。

でも、1万円とか高額になると、
持たせてしまって良いのかなという迷いがありました。




そしてまた赤沼先生に相談してみました。



○使い道の定まらない大金を渡すのにまだ迷いがある私です。

→それでは息子さんを信頼していることになりません。常識的にはおかしい話ですが、徹底的に信頼してあげてください。
迷っている限り100%答えたことになりません。笑顔で即座にいいよといってあげないと効果がないです。


○6歳の子どもにしては少々大金かと思います。

→その常識を捨ててください。言うとしたら信頼しているとという言葉だけです。



もうホントすばらしい。。
私以上に子どものこと信頼してる。


まだまだ常識にとらわれているんだな~。私。
元気に動き出せるようになるための『お賽銭』だと思うことにします!



パパと相談して、とことんやってみようということになりました。
コメント

本が届きました。

2013年10月07日 18時36分05秒 | 相談
メールで相談をしている赤沼先生の著書と冊子が送られてきました。

子どもへの理解が深まるからと言って先生が送ってくださったのです。

無料でメール相談を受け付けている上に、
本や冊子を(こちらも無料で)送るなんてすごいなぁ。

採算度外視で、ひとりでも多くの子どもが幸せになるように願っているんだなぁ。

私も、しっかり読んで、理解して実践していかなければ!


他に、先生のお勧めの著書を教えていただいたので、
本屋さんで予約しました。


私は普段、お金と収納場所がないので(さらに捨てられないので)
本は買わずに図書館で借りるのですが、
今回は手元においとかなければ!と思って買うことにしました。
コメント

初めての相談

2013年10月04日 06時37分21秒 | 相談
私なりに書籍などをいろいろ読んで不登校について学んだなかで
一番私が納得できる考えをもっているお医者さんに、子どものことを相談しました。

「登校拒否相談室」の赤沼先生です。

長男のことはもちろんですが、
次男についてもアドバイスをくれました。

長男は今の対応を続けて大丈夫とのことでした。
(もともとこの先生の考えを実践していたので)

次男は、3歳になったばかり。
長男は学校で辛いことがあって不登校になり、昼夜逆転生活なわけですが、
次男もやっぱり一緒に生活している以上、
最近夜中まで一緒にドラえもんを見ていたりゲームをするようになってきました。

まだ幼児の次男にもこんな生活をさせて大丈夫かなとちょっと引っかかっていたのです。



先生の答えは

「日本文化では異常でしょうが、生物としては異常でないです。
大切なことは次男の方が楽しいかどうかです。
これから幼稚園や保育園に行くとしたら、楽しいと言うことが一番大切です。
今の次男の方は昼間の遊びより、夜長男の方とドラエもんが楽しいという事実があります。
昼間の遊びが楽しければ昼夜逆転は直ります。」

というものでした。 


すーっときもちが楽になってしまいました。

こんなに子どもの心に寄り添ってくれるひとは
今まで相談してきた『専門家』と言われる人のなかでは初めてです。


学校の方からも、どこかに相談したほうがいいのではといわれていましたが、
教育センターも方針が違うし、
療育センターの先生もちょっと違う意見だし、
スクールカウンセラーも学校復帰が目的。

文化や常識を取っ払って、子どものことをとことん考えている先生がいると知って
私が相談するなら絶対この先生だ!と思いました。


パパも先生の意見に納得してくれて、
「早く寝なさい」は一切言わなくなりました♪


次男は来年から幼稚園に行かせる予定で、
そろそろ入園に向けて動く時期なのですが、
兄弟って、親から見るとぜんぜん違う性格してますが
脳のタイプなんかはやっぱり似ているものみたいで、
次男もプレイルームの様子を見ていると集団が苦手なタイプかもしれないと思い始めています。

内向的ではないのですが、
集まりや読み聞かせなどの空間を嫌がり、
私と一緒に外で遊ぶことを好みます。

この点についても先生に相談したところ、

「今の姿だと入園は急がないほうがいい」

という事でした。


引きこもりの子と同じように、自然と友達を求めて行きたがるようになってからが良いみたいです。

途中入園のストレスは、本当に幼稚園に行きたい子にとっては「ない」そうです。


次男が通う予定の幼稚園は、長男も卒園してます。
とってもいい幼稚園ですが、長男には親の思いを押し付けていたようです。
いい幼稚園かどうか、行って楽しいかは本人次第です。


入園手続きまでもう少し。

いろいろ考えてます。。

パパは「そういうことなら急がなくても良いかも」と言ってます。
意外と柔軟です(笑)
コメント (4)