マーちゃんの数独日記

かっては数独解説。今はつれづれに旅行記や日常雑記など。

昼間に黒く見えた東京スカイツリー

2015年12月05日 | 身辺雑記

 11月27日(金)、みたび新東京丸に乗船した日のことである。この日の午後、ボウリング仲間(富士前福寿会のメンバーとも言える)3人は、「竹芝小型船ターミナル」で新東京丸への乗船を待つ間、見晴しの良い高台へと移動した。ここからは東京港が良く見渡せ、間近くは停泊中の東海汽船「橘丸」も眺められた。東方遥かに彼方に、快晴のもとスッキリと東京スカイツリーも望めた。暫く眺めていた時である、タワーが突然黒く変わり始め、暫くすると又元の姿に戻ったのである。同じことが2度ほど起こっただろうか。何故だろうと疑問を抱きながらの乗船。

 新東京丸は13時30分に出港し15時前に戻って来た。この時見た風景は以前のブログに数回書いたので先を急ぐ。下船後、乗船前と同じ場所に立ってスカイツリーを見ていると1時間半前と同じ現象が起こったのである。慌てて数枚の写真を撮影。そのうちの3枚を、左から撮影順に並べたものが下の写真である。撮影時間は、14時54分32秒・14時54分46秒・14時54分54秒である。

  
  (これが”黒いスカイツリー”)                        

 帰宅後スカイツリーが黒くなったのは何故かを考え続けた。日中に黒くなる、まさか黒のイルミネイションが用いられたのではないだろう。あれこれ考えたが、その理由は分からなかった。翌日の28日が母の七回忌で、そこに集いし、妻の義弟の石野さんと、甥の秀治君にこの奇妙な現象を話をした。後日写真をメール添付しその原因を考えて貰ったりもした。
 直接、東京スカイツリーのコールセンターに電話で聞いて見た。しかし昼間には照明を点けることは無いし、27日15時前後にタワーにそのような事が起こったことはありませんと断言されてしまった。
 謎を解く道は閉ざされたかに思えた。謎解きを依頼しておいた石野さんに電話を掛けると、成程なという解答が聞けた。このブログを読まれている方にはここで問題です。「昼間東京スカイツリーが黒く見えるのは何故でしょうか」

 「多分雲の影だと思う」が石野さんの解答。私はその説に完全に納得した訳ではないが、その説ならばなんとか説明がつくと思った。その日は雲一つ無い快晴と思えたのだが、少しは雲が流れていたのかも知れない。実は黒い部分が少し流れる様に変化していたことも事実。それが雲の流れを示しているのかも知れない。このブログを読まれて新説があればコメントに書いて下さい。取りあえずは石野説を解としておきたい。
 12月5日の今日、13時台に撮影をした写真を下に掲示。今日も快晴で雲は全く見えない。よって黒くなるタワーを撮影出来なかったのだが・・・。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「堀 文子展」を観る | トップ | 『沈黙を破るもの』(著:メ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
雲の影です (のぶさん)
2017-11-07 06:48:17
建築途中から毎日見てていつも驚いてました。
良く見ていると、晴れた日でも気がつかない雲があるものて、それがツリーとの間に入り光量が落ちるとあの輝くやうな白がグレーになります。
数秒目を離した隙に色が変わっていてビックリした事が何回もありました。
雲の影 (マーちゃん)
2017-11-08 04:43:28
東京スカイツリーを良く観察した方から、
「グレーに変化する原因は雲」とのコメントを
頂き、そうであったのかと納得出来ました。
有難うございました。
同じ事に気が付いている方がいる知り
嬉しかったです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

身辺雑記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事