マーちゃんの数独日記

かっては数独解説。今はつれづれに旅行記や日常雑記など。

「久隅守景」展を観る

2015年10月29日 | 闘い

 10月26日(月)、サントリー美術館へ出掛け、「逆境の絵師 久隅守景」展を観て来た。9月になってからだったと思うが、東京新聞紙上でその特集が組まれたり、13日には妻が一般公開に先立つ内覧会で資料を貰ってきたりして、彼の描いた『納涼図屏風』を観る機会が何度かあった。その図を私は初めて観たのだったが、衝撃を受けた。江戸時代の農民がこのように長閑に見える雰囲気に描かれた絵画があり、それを描いた絵師がいたことに。鑑賞に行く前に『日本美術絵画全集第16巻 守景/一蝶』を借りて来て読み、守景の波乱に満ちた生涯を知り、観賞への期待は更に高まっていった。
 『納涼図屏風』のみならず、それに先立ち描かれた何編かの『四季耕作図屏風』を観るにつけ、人物や動物たちが生き生きと描かれ、それらへの温か眼差しが感じられ、長時間、心楽しく鑑賞して来たのだった。

 本展示開催にはサントリー美術館学芸員池田芙美の、守景研究への強い情熱があったと思われる。その彼女が「図録」に「久隅守景の魅力―身近なものへの寄り添うまなざし」と題する一文を寄せている。今日はこの文を引用させて頂いて、久隅守景の生涯を辿ることとする。


 実は、守景は17世紀に活躍した画家であるが、その生涯については、詳しいことはほとんど分かっていない。いつ、どこで生まれ、いつ亡くなったのかが不明なのだ。
 久隅守景は狩野派中興の祖狩野探幽に入門すると、みるみる頭角を現し、探幽門下四天王の筆頭とまで目されるまでになっていく。探幽の姪・雪と結婚し二人の子を儲ける・・・順調満帆すぎる絵師人生だ。
 しかし、波乱万丈の人生が待ち受けていた。娘の雪(雪信)は探幽に師事し狩野派随一の女性画家と謡われ、清原雪信を名乗るまでになるが、突然の駆け落ち。息子の彦十郎は悪所通いがたたって狩野派から勘当され、その後佐渡へ島流し。身内の不祥事が相次いだため守景は探幽のもとを離れざるを得なくなってしまう。安定した地位を失い、家族もばらばらになってしまう。“逆境の絵師”とはそういうことだった。

 表舞台から消えた守景が再び姿を現したのが加賀藩。前田家の招きで金沢に滞在し、多くの代表作を残した。積極的に描かれたのが『四季耕作図』。種まき・田植えなどの農民風俗が詩情豊かに書き上げられている。東京国立博物館研究員松嶋雅人も『四季耕作図』の表現世界が集大成されて『納涼図屏風』に至ったのだろうと「図録」で記している。(写真:『納涼図屏風』)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビタミンB12が欠乏すると

2015年10月27日 | 闘い

 妻の体調が少し良くなってきている。それには訳があった。一般的な話に繋がって行くように思え、今回のブログは敢えてそれについて触れる。
 妻はこの4月から絶不調に陥り、その状態が5ヶ月ほど続いていた。食欲が無くなり、口内炎は一向におさまらず、何を食べても不味く感じ、エネルギー枯れを起こすこともしばしば。足に力が入らず痙攣を起こし私が迎えにいくことも多々あった。これらは全て食事が満足に取れず、栄養不足がその大きな原因と、妻も私も考え、打つ手は余りないなと半ば諦め、ときが解決してくれることを願うのみだった。

 今年の9月に区の健康診断を受け、その結果「ビタミンB12が極端に欠乏(基準値の10分の1)」と診断された。その診断をしてくれたのは胃がんを発見してくれたご近所のS先生。「それは大変なことだ」とB12の注射を勧められ、妻は2ヶ月間週3回の筋肉注射を開始した。
 自身でもネットなどで調べ始めた。
 「胃から分泌されるたんぱく質がないとビタミンB12は吸収されず、胃を切除した人はB12の欠乏症が起きる。B12は抹消神経に関係する」のだそうな。妻はここ半年の不具合はこれが原因と納得した。これは大事な医学的知識と思われるが、妻が胃の全摘手術終了後に受けた食事指導には、私も同席したがそんな話は全く出なかった。辛うじてS先生がその点を指摘してくれただけで、毎月通う担当医などからもその指摘はなかったのが不思議である。

 ではB12はどう補えばよいのか。普通はビタミンB12の錠剤を飲めばよいのだが、胃を全摘したものは直接注射を射つしかない。その治療を開始してから妻の調子はかなり改善されてきている。しかも妻の主治医は自らに注射を射って痛くない方法を探った方なので彼の注射は痛くないらしい。B12欠乏の問題はそれで解決しつつある。
 私のような胃の健常者はB12を含むものを食せばいい。ではどのような食べ物にB12は含まれているのか。野菜には殆ど含まれていない。食品100g当たりのB12含有率の高い順に10ほど挙げると、しじみ・あさがい・すじこ・牛肉(レバー)・あさり・ほっき貝・いくら・はまぐりの佃煮・鶏肉(レバー)・あんこうのきも。いずれも海産物か肉類である。
 妻は、発行する源氏通信に「皆様も、胃全摘のお知り合いがいらして、ご存知なかったら、是非教えてあげてください」と記した。しじみの味噌汁が多くなったのが最近の我が家の食卓である。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安全保障関連法案 成立。無念!

2015年09月19日 | 闘い

 戦後の安全保障政策を大転換する法案が9月19日未明、参議院本会議で、自民・公明両党などの賛成多数で可決され、残念ながら安保関連法案は成立した。憲法違反の疑いが濃厚で、多くの国民の理解が得られず、日増しにその法案への不安が高まる中で。しかも強行採決がなされて。

 9月18日(金)、参院本会議での採決が19日未明になるとの情報を得て、23時に自宅を出発し国会へ向かった。19日(土)午前0時過ぎ、衆議院第二議員会館前に到着。その付近で3つの団体が抗議行動を行っていた。一つは「総がかり行動実行委員会」、一つは「SEALDs」、もう一つは不明。この時刻にも「都高教」の旗は掲げられていてそれを目印にした。そこには藤野委員長と執行委員まだいらして、「退職者会」の旗は、この集会の皆勤者安藤夫妻が掲げていたが、既に帰られとのこと。兎も角知っている方がいると一安心するのだ。







 私が座った目の前でシュプレヒコールの発声がなされ、私は初めてその人の素顔を知った。若い女性が拳を振り上げ「戦争法案 今直ぐ廃案」と発声し、多くの声がこれに続いた。今回初めて使われたフレーズは「野党 頑張れ」・「野党と共に闘うぞ」の声。この言葉がその時の状況を一番雄弁に物語っていた。
 
シュップレヒコールが終わると、本会議での様子が報告された。法案反対の意見表明の際「国会を取り巻く人々の声に励まされ、院外と院内が連携して闘いが進められている」旨の発言もあったとの報告もあった。シュプレヒコールと報告と休憩が交互に繰り返され、時が流れていった。
(写真:発声の女性。この夜使用のカメラ、動く人物が上手く撮れず。静止場面は残念)






 2時頃私はトイレに行きたくなり、場所を藤野さんに聞くと、面会所内と教えられ、道路を挟んで反対の建物に入っていくと、そこにはテレビが設置されていて、最後の投票者が登壇したところだった。それは山本太郎氏であったかも知れない。用を足して再びテレビの周辺に立つと、それでは開票してくださいの声に従い開票が始まり、議長は「・・・。以上に因り本案は成立しました」と発言。偶然にも私は、成立瞬間を生で見たことになった。時計を見ると2時18分だった。(写真:開票直前の映像。面会所内のテレビ)

 55年前の18歳のとき、1960年6月19日に、私は10万人のデモのひとりとして、新安保法案の自然成立の瞬間時に、国会議事堂前に立っていた。その時の首相はA戦犯岸信介で、そして現在はその孫が首相という巡り合わせ。






 「総がかり委員会」まで戻ってくると再度抗議のシュプレヒコールが始まっていた。そこへ民主党幹事長代理福山哲郎氏が到着。「力及ばず申し訳ありません」と謝ったが「そんなことないぞ」の声。共産党参院議員団全員も挨拶に来た。社民党は党首と又市氏。どの挨拶も「形式的には敗れたが、今次闘争では院外と院内の画期的連携が出来上がった。これをバネに今後廃案への闘いの一歩にしましょう」旨を述べていた。私は福山哲郎議員と共産党の女性議員と握手。3時少し前に「総がかり委員会」は解散。(写真:挨拶する共産党議員)


 (挨拶する吉田党首。右又市議員)

 始発電車を待つのではなく、徒歩で自宅へと歩き出した。徒歩2時間かかって帰宅は5時少し前。ラジオ体操はこの日は久しぶりにサボってしまった。


 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

8月30日、国会周辺で

2015年09月02日 | 闘い

 「安保法案反対 全国一斉行動」の日の14時過ぎ、私は衆議院第二議員会館前に到着した。その地点にはスピーカが設置されていて、耳に難点のある私にも各演説者の熱気ある声がシッカと届き、共感を抱きつつ聞いた。
 野党4党首の演説に続き何人もが演壇に立った。誰が登壇したか、記憶は薄れているが、鎌田慧(ルポライター)・山口二郎(大学教授)・森村誠一(作家)などだ。挨拶がひとしきり終わると、シュプレヒコールが繰り返された。“戦争法案今すぐ廃案”、“廃案”、“廃案”との声に私もコールを繰り返した。
 中咽頭がん治療のための休養から復帰したばかりの坂本龍一が飛び込みで演説。一段と拍手が大きくなった。園子温(映画監督)・安次富浩(ヘリ基地反対協議会)・神田香織(講談師)の声もあった。特に面白く聞いたのは神田香織。“講談師見て来たような嘘を云い、などと講談師は嘘が上手いと言われていますが、嘘つき安倍と同類の嘘つきと見なされるのは大きな迷惑”の様なことを語り拍車が一段と大きくなった。学生団体「SEALDs」のメンバー奥田愛基も登壇。今回の一連の行動提起のなかで今までと大きく異なったのは多くの若者たちの参加だった。(写真:マイク握る坂本龍一)




 皆怒りの声を上げていた。
 私も思った。この法案は総選挙の洗礼を受けていない。集団的自衛権は憲法違反だと政府自らが認めていた。にも拘らず集団的自衛を可能にする法案を強行採決しようとしている安倍内閣の姿勢。白井聡は『永続敗戦論』のなかで、“私らは、敗戦後から今までずう~と、侮辱のなかに生きている”と書いたが、今将に私ら国民は、政府による大きな侮辱の真っ只中にいるのだと思った。安全保障については様々な意見・議論があるだろう。その議論を封鎖するに等しい強行採決を、小異を捨てて大同に付き、阻止したいの思い。韓国などと同様に私達も行動のとき。その想いから私はメールで友や知人をここへと誘った。

 降らないで欲しいと願っていた雨が、途中から降り出してきた。暫くして私は傘を取り出した。傘からの滴が前の人に掛かってはいけないと思い、私の前の、子連れママさんにも傘に入って頂く様に差し出していると暫くして彼女は無言でその傘を取ってくれた。差し手が入れ替わり、私は暫く写真撮影が出来た。ささやかな連帯。

 30名近くに出したメールから、“参加しています。凄い人です”や“参加していました”や“集会が終わってからメール見ました”などの6通の返信が届いた。引き続き国会の動きを注目し続けよう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12万人の市民が国会へ

2015年08月31日 | 闘い

 昨日の8月30日、国会周辺は12万人(主催者発表)の人びとによって埋め尽くされ、大会は大きな成功をおさめて無事終了した。全国では200ヶ所以上でデモ・集会が開かれた。東京新聞は”届かぬ民意 危機感結集”と一面に書いた。
 私は、奇跡的にも衆議院第二議員会館前に辿り着き、多くの演説を聞き、「戦争法案は廃案・安倍は退陣」と大きな声を上げてきた。この日の13時20分~16時5分までの、私的に過ぎる国会周辺での見聞録を綴る。

 三田線「内幸町」駅着が13時20分。国会議事堂へと続く坂を上っていくと、凄い人の波で殆ど前へ進めない状態に陥ってしまった。主催者は国会前以外の会場に行って下さいと、その会場の場所の載った地図を配布していた。私は多くの方にメールを送った手前、何とか衆議院第二議員会館前に着かねばならないと思い、人を掻き分け前進した。(写真:ネットより)


  (帰路手にした「赤旗号外」より)

 地下鉄「国会議事堂」前までくると、「都高教」の幟を持っている方がいたので、「退職者会はいずこ」と聞くと「ここから先はもう無理です。日比谷公園へ回って下さい」と言われ、止むを得ず引き返すことにした。しかし無念さが募り、ある一つの方法を思い付きやってみる事にした。衆議院の第一議員会館と第二議員会館の間の「山王坂」を上ると第二議員会館は近いのだ。ここなら何とかなるかと思ったのだ。

 そこで議事堂のある高台をいったん谷側に下りて、谷沿いに、首相官邸を見上げながら右に回り込み「溜池山王」駅まで進んでいった。そこもバリケードで道は封鎖されていた。駅から出てきた多くの市民が機動隊員に対して「ア ケ ロ」と抗議していた。多くの隊員が左側に集まっていたので、右側はがら空き。そこから坂を見上げると7・8人の人が前へと進んでいるではないか。その坂は「山王坂」ではないが、今だと、私は機動隊員のいない脇からスウ~ツと中に入り込み、前を歩む人の群れに速歩で追いつき、最後尾を進んでいった。

 不思議な事に、バリケード付近の隊員は必死にバリケード内に入り込むのを阻止しようとしていたが、坂の途中の隊員たちは何も言わない。押し返しもしない。注意もしない。言わば無視の態度。お蔭で坂上まで進めた。ここから目指す地点まで200m位の距離。そこから山王坂上までは進めたが、その先は、機動隊員の阻止が無くても人波で全く進めなくなってしまった。(右写真は朝日新聞社ヘリから、14時7分撮影のもの)


 ただ第二議員会館と反対側の歩道(面会所のある側)を人々歩いているのが目に入った。そこで反対側に渡り、「都高教退職者会」の幟を見つけて写真撮影をしていると、機動隊員に「立ち止まってはだめだ」と言われ、尚も前進すると、横断歩道が見えてきた。駆け足で渡ろうとした直前に機動隊員に押し止められ「待ちなさい」と言われた。万事休すかと思いきや、隊員は思わぬ言葉を続けた。


  (衆議院第二議員会館反対側よりの撮影)

 「今は赤信号だから渡ると危ない、青になるまで待ちなさい」と。かくして私は第二議員会館側に渡ることが出来、目的地に辿り着けた。そこには都高教委員長がいて、退職者会事務局長が幟を掲げていた。到着間もなく小澤一郎の挨拶が始まったから、時間は14時15分位か。内幸町をスタートして小一時間が経過していた。内容は次回に。(写真:事務局長が旗を高々と掲げていた)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加