goo

立浪、涙のサヨナラ2塁打

 2対2の同点で迎えた9回裏、ワンアウト1,2塁で代打・立浪が0―3からストレート狙い打ち、右中間を深々とやぶるツーベースヒットでサヨナラ勝ちしました。阪神も勝ったのでマジックは1つ減って5となりました。
 シーズンの様々な思いが去来したのか、ヒーローインタビューでは感極まっていた立浪でした。父親を急逝させた岡本も喪章を腕に9回表、万感の想いをこめたピッチングをみせて勝ち星がつきました。2人の男の涙で掴み取った勝利はチームをますます結束させていくことでしょう。

 1回裏、小島に対して荒木が3塁線ぬくツーベースヒット、井端セカンドゴロで3塁に、福留は浅いレフトフライで動けず、しかしウッズがセンター前ヒットで1点。1対0。
 3回裏、ワンアウトから井端ライト前ヒット、福留はまたも平凡なセンターフライ、ここでもウッズがレフト左にツーベースヒット、1塁から井端が一気にホームイン。2対0。
 8回表、ここまで力投してきた中田は、山田にレフト線ツーベースヒット、森笠セカンドゴロで3塁に、新井セカンドゴロで1点。前田がライトへ第21号ホームラン。2対2。
 9回裏、梅津がリリーフ、井上がライト前ヒット(代走・奈良原)、英智バントで2塁に、谷繁フォアボール、ここで高橋健がリリーフ。代打・立浪が右中間やぶるツーベースヒットでサヨナラ。3対2。
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 阪神に3連敗... 新井良太だけ... »
 
コメント
 
 
 
八百長監督を打倒せよ ()
2006-10-04 22:00:35
これで、残りを五割りでいけば優勝ですね。

阪神がいくら全勝しても無駄でしょう。

安心して見ていられます。

ただ、広島だけには何としても勝って欲しい。露骨な八百長を行ったブラウン監督は許せません。

 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。