goo

ロッテに大勝!今までのウップン晴らした

 18安打16得点と一方的にロッテを打ちのめして、今まで2勝9敗と苦手だったことがウソのようなやりたい放題の試合でした。
 4回に4点、5回に5点、6回に5点、7回に2点とモーレツな攻撃ぶりでした。なんといっても口火をきった井端が5打数5安打、先制のアレックスが3安打3打点、森野が4安打6打点、立浪が3安打2打点、と素晴らしい猛打ぶりです。
 先発・佐藤充はまったく危なげない省エネピッチングで9回を無四球で投げぬいて、2度目の完封勝ち、3試合連続完投勝ち、4試合連続勝ち投手と文句のつけようがないナイスピッチングでした。

 4回裏、久保から井端がショート内野安打、福留空振り三振のあいだに2塁へ盗塁成功して、ウッズのファーストゴロで3塁に。アレックスはショートオーバーヒットで先制。つづく立浪がレフト線ツーベースヒットで2,3塁として、森野はライトへ今季第1号ホームランでさらに3点。
 5回裏、ワンアウトから、井端レフト線ツーベースヒット(今季2度目の猛打賞)、福留も左中間やぶるツーベースヒットで5点目(1000安打まであと「5」)。ここでミラーがリリーフ、ウッズをストレートのフォアボールで1,2塁として、アレックスはライト線ヒットで6点目、なを1,3塁。立浪がライト前ヒットで7点目、(この試合10安打目)1,2塁。森野もセンター前ヒットで8点目、また1,3塁。谷繁センターフライで9点目。
 6回裏、英智フォアボール、井端ライト線ヒットで1,3塁。福留は併殺くずれで10点目がはいり1塁。ウッズはフォアボールで1,2塁。アレックスはライト線ヒットで11点目、なを1,3塁。立浪センターオーバーのツーベースヒットで12点目(通算173回目の猛打賞)、また2,3塁。そして森野もレフト線ツーベースヒットで14点目。
 7回裏、先頭の井端がレフト線ツーベースヒット(5安打目.248に打率あげる)、福留レフトフライで井端は3塁に、森岡ショートゴロ、高橋がレフトへ第1号ホームランで16点目。
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« バレンタイン... 昨日のように... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。