goo

打線の力でねじ伏せて日本シリーズへ王手

 打線がよく活躍して序盤、中盤、終盤にむらなく得点を重ねて、追いすがる読売を振り切って7対4で快勝しました。これで日本シリーズ出場へあと1勝としました。
 中盤から終盤にバクハツしたイ・ビョンギュの活躍は明日以降にも大きな力となりそうです。さらに荒木、井端がともに2安打して4安打の谷繁からつくったチャンスをよくモノにしました。14安打7点で11残塁とドラゴンズらしさも散りばめられた試合でした。

 1回裏、川上に対してツーアウトから小笠原ライト線ヒット、イ・スンヨプもライト前ヒット、二岡がライト線ツーベースヒットで1点。0対1。
 2回表、木佐貫に対してツーアウトから、谷繁レフト前ヒット、川上レフト前ヒット、荒木ライト前ヒット、満塁。井端ショート内野安打で1点。1対1。
 4回表、ワンアウトから谷繁ショート右ぬけるヒット、川上バスターエンドランでレフト前ヒット、荒木が左中間やぶるツーベースヒットで1点、なを2,3塁。井端レフト左にライナー、谷が回転しながら捕球、犠牲フライトなって1点。3対1。
 7回表、3人目の西村に対してウッズが左中間やぶるツーベースヒット、中村紀バント、3塁セーフ、1,3塁。イ・ビョンギュが右中間やぶるスリーベースヒットで2点。ここで山口がリリーフ、代打・立浪ショートゴロ、動けず。谷繁がセンター前ヒットで1点。6対1。
 7回裏、ワンアウトから阿部センター前ヒット、脇谷ライト左にヒット、ホリンズがセンターバックスクリーンにホームランで3点。6対4。
 9回表、6人目上原に対して、ワンアウトからイ・ビョンギュが左中間にホームラン。7対4。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 19 )