みいちゃんといっしょ

みいちゃんとみいちゃんのパパの日記

東京は朝から大雪です。

2012年02月29日 | 日記

 東京は朝から大雪となっています。雪が降ると、そう言えば、あのときも雪だったな、と過去の思い出につながることが多いのに気が付きました。雪国なら雪の日は当たり前なのですが、東京はそれだけめずらしいということなのでしょう。子どもの時、無性にうれしかったのが懐かしいです。今は早く溶けけないかとばかり考えている自分が何かさびしいです。

 

 

コメント

スバル 「軽」生産の歴史に幕

2012年02月28日 | スバル R1

スバル 「軽」生産の歴史に幕
 昭和33年に、てんとう虫の愛称で知られる「スバル360」で軽自動車の市場を切り開いた「富士重工業」は、28日、54年に及んだ軽自動車の生産を終えたというニュースがテレビで流れていました。

 7年前のトヨタ自動車との資本提携で、「富士重工」は四輪駆動など得意な技術を生かした車種に集中する一方、軽自動車は、トヨタ傘下のダイハツ工業から供給を受けることになり、28日で54年に及んだ軽自動車の生産を終えたそうです。
 サンバーが最後の1台だったようですが、生産終了が近づくと、買い替えを前倒ししたユーザーなどの注文が集中し、28日までフル生産の態勢が続いたということです。


スバル軽自動車の歴史(NHK ニュースのHPより)
 富士重工業が自動車メーカーとしての基礎を築いたのは、軽自動車の生産を通じてです。
世界有数の航空機メーカーだった「中島飛行機」を前身とする富士重工は、戦後、自動車事業に進出します。
昭和33年に市場に送り出した「スバル360」は、航空機の開発に携わっていた技術者が総力を挙げて開発。
丸みを帯びたデザインから「てんとうむし」の愛称でも親しまれ、高度経済成長期のマイカーブームで、自動車の普及を後押しした車としてその名を刻んでいます。
昭和36年に「スバル360」をベースに、商用車として開発された「サンバー」は、現在に至るまでモデルチェンジが繰り返され、50年以上にわたるロングセラーとなりました。
その後、富士重工は、4輪駆動や世界でも製造メーカーが少ない「水平対向エンジン」など独創的な技術を生かして、「レガシー」や「インプレッサ」など普通乗用車の比重を高め、アメリカや中国でも販売台数を伸ばしていきます。
そして今後は、世界市場をにらんで、普通乗用車の開発・生産に集中するとして、28日、54年に渡る軽自動車生産の歴史に幕を閉じました。


 

 その歴史の最終章で開発発売されたスバルR1が今年我が家の一員になったのも、何か不思議なものを感じます。

大事にしていきたいと思います。

 

 

コメント

ナビKENWOOD HDV-770に ipod nano を接続してみました。

2012年02月26日 | スバル R1

 うちの スバル R1にはKENWOODのAV一体型ナビHDV-770が付いています。R1の年式が2006年ですから、最初から搭載されているこのナビも2006年発売の古いものです。
 そしてこのナビには最初からオプションのiPod接続用のケーブルが接続されていました。当時ではナビにiPodが接続できるのは珍しく、KENWOODとしては、これが売りだったようです。
 
 このケーブル(KNA-i770)、WEBで見てみると、な、なんと当時定価で10,500円もするのです。何たるぼったくり!!
 しかし、このぼったくり、このままでは、宝の、いや、ケーブルの持ち腐れです。
 今後、ナビが更に古くなれば、DVDドライブは確実に故障のリスクが高まりますから、この際メモリドライブ代わりにiPod活用を決心しました。
 現在は、DVDに入れたMP3データを再生していたのですが、読み込みが非常に遅く不満もあったので、いままで使ったことのない(もちろん所有したこともない)iPodに賭けてみます。
 
 ところがKENWOODのWEBでiPod対応を確認すると、悲しいことに古いiPodしかつなげません。もっとも相性が良いのが第2世代(この区別も今回はじめて知りました)のiPod nanoです。
 なるほど、これも発売が2006年9月12日です。今は亡きスティーブ・ジョブズのかっこいいプレゼンが目に浮かびます(http://youtu.be/KgjhIs54tGg
 Yahoo!オークションで探すと4Gモデルで4~5千円です。しかし、5年たっていれば当然バッテリーがへたっていますから、バッテリーについては保証の限りでないのが当然。落札して不具合がないとも限りません。中古しかない商品の悲しさ。思案のしどころです。
 
 結局、ネット販売店で購入しました。8,750円
 iPod nano 第2世代 4G (PRODUCT) RED Special Edition 
 アップルはこのモデルが1台売れる毎に10ドルを世界エイズ・結核・マラリア対策基金に寄付した特別カラーだそうです。色がインテリアにあっているし、特別っていうのがオタクゴコロをくすぐったので、ちょっと値段がはったけれど決めました。
 iPodは手に持ったこともなかったのですが、さすがApple、高級感があって、機能も良くできています。傷もほとんど無く、バッテリーのへたりもそれ相応で良品でした。
 それにしても、現在iPod nanoは第6世代になっており、16Gもあってタッチパネル。それが新品で1万円ぐらいで買えるのですから、廃盤R1オーナー特有の悲哀でしょうか。

 さっそく接続。あっけなくナビがiPodを認識。な、なんとiPodの液晶にKENWOODのロゴが!!すごい!!(あたりまえなのでしょうか?)
 ナビの画面から、iPod単独でできる操作はほとんど可能です。電源供給(充電)もナビから行われています。
 KENWOODのHDV-770はMP3のような圧縮された音源の再生に非常に相性が良く、むちゃくちゃいい音がします。読み込みや反応もすばやく快適です。資本投入の効果ありました。大満足です。
コメント

みっちゃんの定位置

2012年02月25日 | みっちゃん

 ここ数年、みっちゃんのいる場所は大体決まっています。2階で寝るときは、マッサージチェアーの背もたれの上。1階はジョーバ(Panasonicの健康器具のロデオマシンです)の上。

 最近骨盤矯正マッサージ機のエアリーシェイプというのが新規参入したのですが、いつものとおり、みっちゃんは近寄りませんでした。

このごろ、やっと慣れたのかこのエアリーシェイプの上にも乗るようになりました。

つめを研ぐにはもってこいの生地が貼ってあるので、やられないように貧乏くさくても、ビニールがかけてあります。

考えて見ると、みっちゃんは健康志向なのですね。

 

コメント

スバル R1 をいじり倒しています。

2012年02月04日 | スバル R1

 「スバル ビストロ」の後継車 「スバル R1」 はプラモデルみたいで、いじり甲斐があります。リアの窓が小さくてほとんど後ろが見えないのを理由にバックカメラをDIYでつけました。

こんな感じです。どこにつけたか分からないくらいに小さなものです(ナンバープレートのところ)。

しかし、そのためには、こんな風にしてからでないとつきません。

配線などは試行錯誤の連続で、朝の9時から初めて、完全にできたのが夕方の4時でした。

昨今の車は、ボディーがプラスチックのピンで留まっていて、パキパキとガンプラみたいに外したり着けたりするんです。

この奮闘についてはお世話になった「みんカラ」(自動車専門のソーシャル・ネットワーク・サービス)の整備手帳にあげて置きました。

ここ↓

 

インターネットがなければ、とても自分だけではできない作業で、改めてインターネットの威力を痛感しました。インターネットの有用性はこういうところにあるので、ゾンビのように街なかをスマホ片手に徘徊し、モバゲーやっていたら、廃人になっちゃうよ。

苦労した甲斐あって内装と設備は高級車のようです。

 

コメント

節分です

2012年02月03日 | 日記

 今年も節分がやってきました。連日の強烈な寒さに辟易としています。

そこで、まずは恵方巻きのまるかぶり。北北西を向きましょう。ちょうどしっぽの方向です。

いやな匂いなのか、一目散に2階に逃げていってしまいました。

続いて

豆まきです。

迷惑そうです。

年の数(10)だけ食べましょう。

最後は鬼になっておしまいです。

みっちゃんはこのごろ食欲が増して、ちょっと太りました。3.8キロと夏のころに比べて200gばかり増えています。寒さに対抗して脂肪を蓄えているのでしょうか。

 

コメント