のんちゃんの気ままな日記

日々の出来事をメモっています。

久しぶりの晴天

2006-01-29 17:43:00 | インポート
午後、2階の窓を開け、ベランダに布団を干した。一人で、田んぼの道を、散歩。気持ち良い。1時間ぐらい歩いた。私が、家に入る前、訪問者があった。遠くから、その姿を見て、すぐに昔の上司だと分かった。退職され7年過ぎるのに、まだセールスをしておられた。妻は妹と買い物に出かけていたので、上司と二人で、火鉢の鉄瓶で沸かしたお茶を飲みながら、懐かしく話した。
コメント

椿の挿し木につぼみがきました

2006-01-28 15:08:00 | インポート
数年前、挿し木した椿に、7個つぼみがつきました。花が咲くのが楽しみです。花が終われば、鉢を替えようと思っています。
コメント

沖ちゃん早すぎ。。。。

2006-01-27 23:00:33 | 日記・エッセイ・コラム

6時30分頃、出勤途中、携帯のベルが鳴った。見ると沖ちゃんからだ。この時間に、携帯を鳴らすのは、沖ちゃんだけ。沖ちゃん、余りに早すぎる。せめて7時過ぎに鳴らしてくれ。お願いします。

用件は新店舗の、コンピューターのNTTの接続工事打ち合わせについてだった。無事本日工事完了しました。後は、パソコン、スキャナー、カードリーダーの設定に業者の人が、30日来る予定です。

コメント

英田サーキット

2006-01-26 22:32:40 | 日記・エッセイ・コラム

昨日と今日、岡山県の英田サーキットで、交通安全の講習があった。昨日7時、自宅発、美作インターを下りてから、ナビに従い運転していたら、交通止めの標識があった。後5.5キロと出ていたので、標識を無視して進むと、交差の出来ない小さい道になった。チョット広い場所があり、車を止め、ナビに、距離優先、一般道、推奨道路、全て問い合わせても、この道しか、示さない。対向してきた軽トラのおじさんに、「英田サーキットへ行きたいのですが、この道でよいですか?」と聞くと、この先崖崩れで通れない。との返事。バックして、民家に飛び込み、おばちゃんに、道順を聞く。しばらく運転していたら、美作駐在所があったので、おまわりさんに聞く。地図を描いたり、外まで出て、親切に教えてくれた。岡山方面にしばらく走り、ナビを再セットしたら、新しく、道案内をしてくれたので、それに従い走った。

講習は楽しかった。若い人が、ぶっ飛ばす気持ちが分からないでもない。帰りはドライバーになったような気分で、鳥取まで走った。鳥取に着くと、モチ君が着ていた。自家用車が出雲空港にあったので、モチ君に、途中、米子に寄り、出雲空港まで乗せてもらった。

コメント

運動(散歩)

2006-01-22 11:53:00 | インポート
普段、机に向かっているばかりなので、9時から1時間田園を歩いてきた。約4キロ程度。久しぶりに歩いた。でも気持ち良い。午後からも天候がよければ歩いてみようと思う。
コメント

若い人、頑張ってます

2006-01-22 06:15:36 | 日記・エッセイ・コラム

午前4時過ぎ、パソコンのマウスの電池が切れ、近くのローソンへ徒歩で買いに出かけた。空はお月様と星が輝いていた。運動には丁度良い距離。外気は冷たく、真っ暗。ローソンの駐車場には、エンジンのかかった、ワゴン車の中で二人の若者が、作業着をきたまま、後ろの席で、くたびれた様子で眠っていた。店の中へ入ると、連れと思われる金髪の二人の若者が、食料(朝食)を買い込んでいた。今日は日曜日。何処の現場へ行くのやら。近頃の若者は、ニートやプータローが多いが、これら、「まじめに働くお兄ちゃんを見習え」と声を大にして言いたい。日本経済も、これら真面目に働くお兄ちゃんたちの力があればこそ。私もこんなガッツのある人が僕も欲しい。

コメント

今年も、きれいな山茶花が咲きました

2006-01-21 21:54:52 | 日記・エッセイ・コラム
秋、小庭の剪定をしてもらった時、山茶花の木を、バッサリ剪定してあったので、花が附かないではないかと、心配していたが、今年もわずかな花を附けた。P1210018 午後から、何時ものように、妻と境港の魚市場へカニ買いと、大山の「どんぐり村」へ、水汲みに大きいポリ容器を積んで出かけた。境港市に大きいショッピングタウンが出来たので、買い物に立ち寄った。カートを押しながら、広い店内を歩き回った。外に出ると、雨が降っていた。多分大山は雪だろう。時間も遅くなり、雨が降っていたので、水汲みは、キャンセル。帰宅途中、姉のマンションと妻の実家に立ち寄り、浜乃木の順天堂で、備長炭10キロと除雪用スコップを購入して帰った。P1210019
コメント

3人でミーティング

2006-01-17 05:58:23 | 日記・エッセイ・コラム

昨日、新店舗の打ち合わせで、沖野次長、板持係長、私の3名で行動を共にした。帰宅22時。

コメント

境港の魚市場

2006-01-14 19:11:31 | 日記・エッセイ・コラム
午前中、歯医者。昼食後昼寝。15時過ぎから、境港へカニを求め市場へ行った。市場に着くと、すでに、片づけて今日の業務終了直前。店頭に生カニの姿は無かった。1軒、カニを見つけ値段交渉したが、1匹5000円で、見送り。結局800円のハマチ1本と、1500円のサザエの盛り合わせと、3バイ500円のイカ一皿を購入。帰宅途中、姉のところに立ち寄り、サザエ半分と、イカ1パイ置いて帰った。 魚のアラで、吸い物。大根のズドン切りを一緒に炊くと、翌日には、大根に味が滲み込み、大根が美味い。魚は、尻尾、はらわた、背びれ以外は全て、食べられる。
コメント

-3℃

2006-01-09 22:04:44 | 日記・エッセイ・コラム

今朝、自家用車のフロントガラスはコチコチ。ドアも凍り付いていた。国道は40キロ以下のノロノロ運転。車は渋滞。ライトで光の帯が出来ている。こんな、凍結している日は、高速はスピードで走るので危ない。時間が掛かっても下道が安全。ゆっくりと、下道を走ることにした。

コメント

加田の湯

2006-01-08 18:28:57 | 日記・エッセイ・コラム

P1080013

昼食後、妻は一人でプールへ行った。僕は、今年ぐらいの大量の雪を見ると、幼少時代に返り、ジーとしていられない。雪の中で遊びたい。せめて、パゼミニの4WDで、雪道を、走破したい。そこで、辰也を誘い、赤名の加田の湯へ行くことにした。松江市内もまだ雪が残っていた。木次、掛合と行くに従い、雪の量が、次第に多くなってきた。屋根には、1メートル以上もの雪が積もっていた。国道54号は、きれいに除雪してあったが、脇道には、圧雪があった。

P1080012 加田の湯の駐車場に着くと、やはり雪のせいだろう、車が少なかった。湯船には、私らをいれ5名。お湯は、泥色、湯船の淵は、土色に際がついていた。ゆっくりと、風呂に入り、極楽。極楽。

コメント

大根採り

2006-01-07 20:53:00 | インポート
ブリ大根を作ってもらおうと、雪の中、菜園へ大根採りに行った。さすが、誰一人来ていなかった。菜園一面白いじゅうたんの様だった。野良犬の足跡だけが、一直線についていた。大根は、葉っぱが隠れるほどに、雪で埋まっていた。雪の中から5本抜き、大根の葉っぱと、雪で、泥を落とし持ち帰った。
コメント

嫌な予感

2006-01-05 22:05:52 | 日記・エッセイ・コラム

朝5時、目覚時計が鳴った。何時もの朝なら、道路を通る車の音がするのだが、今朝はしない。雪が積もっていると、音が吸収されるのか、車の走る音が聞こえない。予感は、見事に的中。急いで朝食を摂り、6時10分家を出発。外は真っ暗。国道へ出ると、ノロノロ運転。時速40キロ。これでは、遅刻するので、矢田からバイパスに乗り、高速に入った。

のんちゃんは、責任感は強い。どんな事があっても、絶対に遅刻しない。大雪でも、二日酔いでも、遅刻はしない。それだけは、自慢できる。

コメント

正月に一人、お茶で侘び、寂びに浸るのも、いいもんだ

2006-01-02 14:27:32 | 日記・エッセイ・コラム

テレビは、つまらん。新聞は休刊。外は寒い。こんな時は、一人火鉢に向かい、お茶でも飲んで、ぼんやりと過ごすのが良い。今夜は義母が泊まりに来る。妻は台所で、せっせと料理を造っている。義母に気持ちよく泊まってもらいたい。P1020011

コメント

穏やかな、元旦

2006-01-01 18:21:33 | 日記・エッセイ・コラム

15時30分、妻と大山のどんぐり村へ水酌みに出かけた。大きい、ポリ容器3個、HRVに積み込んで、竹矢からバイパスに上り高速に乗った。元日というのに、沢山の人が、水を求め、誰もが、何十本ものペットボトルを車に積み込んでいた。

P1010003

どんぐり村の周囲には、まだ雪が残っていた。水を酌み終え、大山寺へ立ち寄ろうと、出発したが、冬山はそう甘くは無い。しばらく行くと、路面に圧雪があり、凍結して、車が、ツルツル滑り出した。恐る恐る走ったが、大山寺までいかづ、三叉路のあるところで、Uターンして、ゆっくりと、圧雪の無いところまで下りた。助手席の妻は、大丈夫と無責任な言葉を発していたが、運転している僕は冷や汗ものだった。

P1010005

コメント