何しろ1日1投稿がモットーの瓦版ブログです♪

2014年6月8日、日曜日YouTubeにgooボタンが付いていたので登録♪継続は力なり!を最優先。内容は投げやりかも。

裁判員裁判の主な辞退理由とは?

2018年05月20日 23時59分59秒 | 社会の仕組み

裁判員裁判という制度は、いったん選ばれたら
原則的に特別な理由も無く断ることは出来ない筈だが。

裁判員の辞退理由で最も多いものは

 2009年5月21に施行された裁判員裁判制度だが、
「 バックレ 」に拠る辞退者が多いのだという。

では、自体の主な理由は何なのか?

家庭や仕事が辞退事由に当たると認められた「辞退者」の割合も年々増えている。09年は53.1%だったが、18年(3月末)では69.6%だ。

【 引用ここまで↑出典:BuzzFeedNEWS 】

辞退者の全てが「 トンズラ 」では無いものの
無断で辞退されるかたが多いのも、また事実。

裁判員裁判への裁判員の辞退理由が
仕事もしくは家庭 」という、もっともな理由によるものだ。

基本的に裁判員は選ばれたら断る事はできずに、
とくべつな事情もなく辞退した場合10万円以下の
過料に処するという規定があるものの、
いままでに適用例は無いとされる。

辞退者が多い背景には「 めんどくさい、かったるい 」
という感情的なものも含まれようが、実は
「 裁判の対象になる被告人に有罪判決を下した場合、
恨まれて、あとで報復されるのでは? 」
とする不安感情も有るのではないか?

いわゆる「 お礼参り 」と呼ばれるものである。

裁判員が下した判決理由に逆恨みして、
刑期を終えた被告人が、そのあとで仕返ししたとされる
目立った報道は聞かないが、その様な感情も有るのではないか?

戦前戦中にも有った陪審員制度とは?

 辞退者が多いとされる裁判員制度だが、
じつは戦前から戦中にかけても「 陪審員制度 」と
呼ばれるシステムで存在はしていた。

日本にも有った陪審制度 」より引用↓

陪審法は、5年間の施行準備期間を経て、1928年(昭和3年)から施行されました。 1943年、陪審法は停止されるに至りました。

【 引用ここまで↑出典:JFBA日本弁護士連合会 】

陪審制度が中止になった理由は「 戦争が激化してきた中で
陪審員の調達に労力を割いている場合じゃない 」
というのが主な理由だろう。

そう言えば、太平洋戦争の真っ只中は、徴兵制度が有って
日本国民は召集令状が来たら、誰もが断らずに
「 お国のため 」と自らの命を差し出し兵隊として
戦地に赴いたのに、今では裁判員裁判をバックレる理由は何故なのか?

戦争への召集令状は辞退できない理由

 日本が戦争に敗ける1945年までは日本国民、
それも日本男子は「 国民皆兵制度 」により
基本的に徴兵制度に逆らえず、赤紙と呼ばれる
召集礼状が来たら、生命を掛けて戦地へ赴くしかなかった。

今回の裁判員裁判への選任は平気でバックレるのに、
なぜ戦中の人々は生命を掛けても召集令状が来たら、
戦地へと行ったのか?

「 愛国精神だ 」等というのは全くのウソで、だれもが
自分から好き好んで行ったら生きて帰ってこれない
戦場へ行く人なんていない。

それは、当時の日本の空気感が、そうさせていたのであろう。

軍部が日本を支配していた軍国だった当時の日本の
教育自体が軍国教育で「 一億総火の玉 」的な洗脳を施される。

だから赤紙が来ても「 死にたくないから徴兵は断る 」
という事は出来なかった。

きっと、今のように無断で辞退なんてしたら、
おそらく周囲から「 非国民 」のレッテルを貼られたのだろう。

だから、裁判員裁判にも徴兵されたときと同じ気持ちで
従うべしなどとは思わないが、確定的な違いは
まさに、ココに有ったのだ。

裁判員裁判にも「 税金 」の様な強制力があれば、
だれもが無断で辞退する事は大幅に減るだろう。

戦中に軍警察と呼ばれる「 憲兵 」が町や村の中を見回りしている
当時の日本の空気感は、実際にその時代に生きていないので
何とも言えないが、すさまじく自己の主張や思想を
封じ込めるには十分すぎるに違いない。

まさに軍事力に拠る力で日本国民を統制していたのが、
第二次世界大戦中の日本だったのだ。

裁判員制度、見えてきた課題 「何が正しいのか、わからなくなった」 (朝日新聞デジタルSELECT)
クリエーター情報なし
朝日新聞社

( 瓦版ブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクする事に依って、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。)


コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 任天堂の創業の地・京都で商... | トップ | グラディウス3( SFC )の攻... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

社会の仕組み」カテゴリの最新記事