何しろ1日1投稿がモットーの瓦版ブログです♪

2014年6月8日、日曜日YouTubeにgooボタンが付いていたので登録♪継続は力なり!を最優先。内容は投げやりかも。

【 動画 】吉川晃司 氏の独創的な踊りに魅せられた少年時代

2016年11月30日 19時28分05秒 | 

バタフライの動きから来ている独特の動き

 ミュージシャンと言えば、最近は「 チャゲアス 」の
ASKA氏が覚せい剤の再犯だとかで世間を騒がせている。

が、この関連の記事はトレンドブログにでも投稿するとして
今日は昨日の記事の中でもお伝えした
吉川晃司 」( きっかわこうじ )氏( 51 )に付いてである。

ちなみにTOP画像はYouTubeに投稿されていた
「 雨上がりの非常階段♪ 」を歌っている吉川晃司氏の動画
( 現在では削除されている )を参考にして
「 挿し絵スタジオ2 」なるツールを用いて描いた物だが、
いかがだろうか?^^;

 削除されない動画だと、この様な企業が投稿している
公式チャンネル 」の、ものになろう。↓

LIVE DVD&Blu-ray 「 KIKKAWA KOJI 30th Anniversary Live "SINGLES+ RETURNS"」ダイジェスト映像

 ただし、最近の吉川晃司氏は以前に
ヘルニア 」を発症しているため、アイドル時代の時の様な
「 激しい腰振り 」のダンスは、滅多にやらなくなってしまった。

しかし、アイドル時代には無かった彼の名物わざ
シンバルキック 」は健在である♪^^

 中学校1年のとき、昨日の記事でもお伝えした
「 にくまれそうなNEWフェイス♪ 」と言う曲でベストテンに
ランクインしている時、TVで踊っていた彼の斬新な踊りは
衝撃的であった。

その時から今まで吉川晃司氏のファンである

 確かに踊りもかっこ良かったが何しろ彼独特のクリエイティブな
ダンスに少年の私めの心は鷲掴みにされたのだった。

その時代は「 ニセ吉川 」が町には多数、出現し猫も杓子も
「 黒ずくめのジャケットにロングコートと真冬のサングラス 」
と言う出で立ちであった。

無論、中学生だった私めも、その格好には憧れたものだが
当時からの人気は今でも健在である。

 私めが高校に上がると、元BOØWY( ボウイ )の
布袋寅泰( ほていともやす )氏とCOMPLEXなるユニットを結成し
一躍大人気に。

COMPLEX解散後も、根強いファン層の支持を受け続け
現在に至るのは、サスガというほか無い。

あまり人の集まる場所が好きではない私めだが、
彼のコンサートだけは、何度か行かせて頂いているし
大満足の行くものだった。

 ちなみに余談では有るが、今から20年以上前に
職場の先輩達と一緒に現在、覚醒剤の再犯で逮捕された
ASKA氏の「 チャゲ&ASKA 」のコンサートにも行っている。
(^O^;)

丁度、ドラマの主題歌にもなった「 SAY YES 」が
270万枚のセールスを記録していた
絶頂期の頃だったと思うが......

やーっぱりマイBEST1の吉川ダンスは、これだっ!!

 いまから28年前の1988年、COMPLEX結成前の
武道館でのコンサートを収録したライブビデオ
「 ZERO 」の「 ラヴィアンローズ♪ 」が秀逸だ。↓

LA・VIE・EN ROSE 吉川晃司

 

 上の作品自体は個人的には非常に気に入って居るのだが
なにせ市販品からのアップロードコンテンツ。

なので、更に一段上の公式動画の様に埋め込みはせず
「 rel=nofollow 」属性のHTMLタグで括らせて頂き、
万が一動画を削除されてもペナルティの影響を受けないように
配慮した。(-_-;)

 閑話休題。

見どころは、3:43~3:58頃までの
足技である。(;・∀・)

暗くて見ずらいかもだが、この足の動きがどうなっているのか
分からないくらいに「 神わざ 」では、なかろうか。

 モチロン、上の動画を上げたのは私めではないが、
このライブビデオはVHSもLD( レーザーディスク )も
ヤフオク!で落札しているのだった~( 笑 )^^

人の内面は外からじゃ、なかなか分かんねぇもんだ

 吉川晃司 氏は、1984年2月1日のデビュー以来
一気にスターダムを駆け上がった逸材である。

無論、所属事務所のナベプロこと渡辺プロダクションが
3億円もの広告費を掛けて売り出したとは言え、
やはり「 素材 」が光っていたからこその成功であったかと思う。

この辺は、以前に中森明菜 氏の記事を打った時にも
同じことを述べさせて頂いた。

 しかし、吉川晃司氏自身は当時の自分に対して
本気かどうかは分からないが、「 田舎から出てきたイモ兄ちゃん 」
自分で自分のことが嫌だったから酒を呑んで忘れる様にしていた
と、ご本人が述べているのだった!

 テレビなんか見ていると、「 向かう所、敵なし 」的な
雰囲気を漂わせていたが、外から見てると心の中までは
なかなか分からない物である。

今後も頑張って、ご活躍され続ける事を切に願ってやまない。

【早期購入特典あり】KIKKAWA KOJI Live 2016 
クリエーター情報なし
ワーナーミュージック・ジャパン

( 瓦版ブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクする事に依って、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるamazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 )


コメント   この記事についてブログを書く
« 【 動画 】`80年代に一世を風... | トップ | 足の打撲が2ヶ月、経ってから... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事