チケット持って、おさんぽ行こう

ディズニー・映画・ミュージカル関連を中心とした
気ままな体験・鑑賞記録ブログ

アルゴ

2012-10-28 21:47:33 | 映画:ア行
ARGO(2012)
メディア:映画
上映時間:120分
製作国:アメリカ
公開情報:劇場公開(ワーナー)
初公開年月:2012/10/26
ジャンル:サスペンス
映倫:G

この《実話》は、フィクションよりも大胆

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


10月27日鑑賞。
公開前様々な場所から”満足度が凄い作品”と話題になってたので、急遽鑑賞を決行。

うーんまさに嘘のような本当の話。
社会派映画でしたがエンタメ性もありかなり観やすかったと思います。
期待値にちゃんと応えてくれた作品でした。

これまでのベン・アフレック監督作品はまだ観てないのですが、
結構良いという感想耳にするのも納得。
監督としてのセンスおありなんでしょうなぁ。
マットと共同脚本も書かれた経験もあるし、凄い。

以下ネタバレあり



まず当時の様子をかなり再現しようとしてたのがかなり伝わってきましたね。
(ベンは大学で中東学を専攻していたそう!)
冒頭ワーナーのロゴは70~80年代に使われていたものらしいですし、
イラン米国大使館占拠シーン(ちょっと最近の某国と重なって見えたのは内緒…)
はシネスコサイズと交互に一部ビスタサイズ&映像も粗いもので面白かった。
プログラム内門間さんのコメントにもありますが、
エンドロールでの実際の写真と映画のシーンを照らし合わせがどれも瓜ふたつで、
”再現”にこだわったのを感じられました。

クライマックスは助かるって分かっていても手に汗握った…!
色々な場所で”時間が迫っている”感があり、
6人+トニーのハラハラ感がかなり伝わってきました。
イランの領域を抜けた瞬間どれだけほっとしたことか(笑)



また、”映画”という世界共通のエンタメを通じた作戦というのもなんとも皮肉ですよね。
対立しあっているのに、企画したアルゴの絵コンテ見て盛り上がるイラン人が印象的でした。

ただの救出劇だけでなく、トニー自身の家族との再生も重ねているのもドラマ性があり良かったです。
アルゴの作品内容と被ってくるのもにくい。
ラストで息子の部屋にスターウォーズやスタトレのフィギュアがあるのはもちろん、
アルゴの絵コンテが並べられているのに暖かさを感じました。
改めて良いまとめ方だったなぁと思います(笑)

そうそう、アラン・アーキンが出演してたのも嬉しかった!やっぱり茶目っ気あるおじいちゃまだわー。

ちなみに…丁度鑑賞当日六本木ヒルズの森美術館で開催していた
アラブ・エキスプレス展に行くことができまして。
映画と合わせて思ったのがアラブ・中東地域に対する知識が本当に皆無であること、
そしてステレオ的イメージがついてしまっているということ。
どの作品も”今”のアラブを物語っていましたし、伝えたい!というメッセージ性を感じられました。
これをきっかけに興味を示せたのは良かったです。
社会派映画鑑賞嫌いではないので、この辺の地域が関わってくる作品可能な限り観ていけるといいな。


コメント   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
« 2012年TDS夏メニュー | トップ | 2012年TDS秋メニュー »

コメントを投稿

映画:ア行」カテゴリの最新記事

8 トラックバック

アルゴ / argo (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click イランで起きたアメリカ大使館人質事件を社会派ドラマとして、映画化 「ゴーン・ベイビー・ゴーン」「ザ・タウン」に続き 3作目となるベン・アフレック監督作は、 緊迫感たっぷりで最初から最後まで釘付...
アルゴ (Akira's VOICE)
地味だけど面白い。  
アルゴ  監督/ベン・アフレック (西京極 紫の館)
【出演】  ベン・アフレック  アラン・アーキン  ジョン・グッドマン 【ストーリー】 1979年11月4日、革命に沸くイランで米国大使館が過激派に占拠され、密かに脱出しカナダ大使私邸に逃げ込んだ6人を除く52人の大使館員が人質にとられる。イラン側の要求は、癌治療の...
「アルゴ」 国のため、正義のためというより (はらやんの映画徒然草)
1979年に起きた在イラン米国大使館占拠事件というのは歴史的にみても、エポックな
アルゴ (映画的・絵画的・音楽的)
 『アルゴ』を渋谷のヒューマントラストシネマで見ました。 (1)本作は、イランのホメイニ革命の際に起きたアメリカ大使館員救出作戦(1979年)を描いたものです。  ホメイニ革命の際に、アメリカ大使館がイラン側に占拠され、館員が人質になったところ(イラン側は、....
アルゴ (Argo) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ベン・アフレック 主演 ベン・アフレック 2012年 アメリカ映画 120分 サスペンス 採点★★★★ 映画とか小説って、フィクションではあるけどあんまりにも現実からかけ離れ過ぎないよう慎重に辻褄合わせをしていたり、ハプニングに因果関係があったりと、物語...
アルゴ 前宣伝の印象としてはコメディかと思っていたが・・・ (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
【=42 -6-】 昨日は関東に来て初めての試写会鑑賞、有楽町の読売ホールにて。 荷物のチェックはありーの、金属探知機によるボディチェックありーの、と、もの凄く厳戒態勢、東京の人ってそんなに悪い人いっぱいなの?ww  1979年11月4日、革命に沸くイランで米国大使館...
『アルゴ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「アルゴ」□監督 ベン・アフレック □脚本 クリス・テリオ □キャスト ベン・アフレック、ブライアン・クランストン、アラン・アーキン、ジョン・グッドマン、       ヴィクター・ガーバー、テイト・ドノヴァン、クレア・デュヴ...