楽山美山

コロナで今年の計画は中断してしまいました。
秋には治まってください。


楽山美山

2020-10-26 | 登山



< 最近歩いた 山名リスト(関東一円) >
< 最近歩いた 山名リスト(その他の地域) >
 < 次の 山行予定 >

<仲間のホームページ>
東京ハイキング
いくの暇つぶし

コメント

山行予定

2020-10-26 | 山行予定

<< 次の予定 >>
* どなたでも参加自由(参加料無料)です。特記が無い限り連絡不要です。集合場所に時間までに来て下さい。
  ただし、初めての方は顔が解らない為に、面倒でも事前に連絡ください。その連絡はショートメール
  またはPCメールでください。
  中止や変更はこの画面で連絡しますので、前日には再確認をしてください

 


090-2141-8946
donkame.ishii@gmail.com
石井 徹

< Topへ戻る >

コメント

山名リスト(関東一円)

2020-10-25 | 山名リスト
最近歩いた登山ウォーキングのリスト(関東一円)
  山名 山域 山行月
甘利山 山梨 2014_06
畦ヶ丸 丹沢 2016_05
天城山 伊豆 2016_05
四阿屋山 花さんぽ 2019_03
岩櫃山 群馬 2014_11
伊予ヶ岳・富山 千葉 2017_01
一宮桃源郷 花さんぽ 2018_04
生田緑地 花さんぽ 2018_05
岩殿山 山梨 2020_09
海沢・大岳山 奥多摩 2015_05
江ノ島 神奈川 2017_02
奥多摩むかし道 奥多摩 2014_11
大山・蓑毛越 丹沢 2015_03
大霧山 奥武蔵 2016_02
大霧山2 奥武蔵 2018_01
大室山・加入道山 丹沢 2016_05
大楠山 神奈川 2017_02
越上山・大高取山 奥武蔵 2017_03
大平山 栃木 2017_06
鬼ヶ岳・雪頭ヶ岳 富士周辺 2018_11
笠山 奥武蔵 2015_04
笠山2 奥武蔵 2018_11
城山かたくりの里 神奈川 2015_04
城山かたくりの里2 花さんぽ 2018_03
鐘ヶ嶽 丹沢 2015_11
鎌倉五山 神奈川 2016_01
景信山 高尾・陣馬 2017_02
鎌倉源氏山 神奈川 2017_03
鐘撞堂山 秩父 2017_04
雁ヶ腹摺山 大菩薩周辺 2017_05
勝峰山・深沢山 奥多摩 2018_03
玄岳 伊豆 2015_02
黒川鶏冠山 山梨 2015_11
草戸山 高尾・陣馬 2017_03
九鬼山 中央線沿線 2017_12
乾徳山 山梨 2014_08
小金沢連嶺 山梨 2014_06
高麗の里 奥武蔵 2015_04
高麗の里2 花さんぽ 2017_09
高麗山 神奈川 2016_01
弘法山 花さんぽ 2018_03
金比羅尾根 奥多摩 2019_05
嵯峨山・水仙ロード 千葉 2017_01
幸手権現堂桜堤 花さんぽ 2019_04
正丸峠から高山不動 奥武蔵 2014_11
城山・湯河原 神奈川 2014_12
陣馬山 高尾・陣馬 2016_02
シダンゴ山 丹沢 2017_03
白砂山・八間山 群馬 2017_07
城ヶ島 花さんぽ 2018_01
七里ヶ浜 さんぽ 2019_04
巣雲山 伊豆 2015_12
浅間嶺 奥多摩 2015_02
浅間嶺2 奥多摩 2019_02
仙元山・逗子 神奈川 2015_12
仙元山・逗子2 神奈川 2018_02
石老山 中央線沿線 2016_02
大菩薩 大菩薩周辺 2015_05
丹沢 三ノ塔 丹沢 2015_04
鷹取山 三浦半島 2015_11
ダイヤモンド富士 富士周辺 2016_04
滝子山 中央線沿線 2016_05
谷川岳 上越 2016_07
嵩山 群馬 2016_11
高松山 神奈川 2019_05
秩父ミューズパーク 花さんぽ 2019_11
筑波山 茨城 2014_12
筑波山2 茨城 2018_01
坪山 中央線沿線 2018_04
鎌倉天園 神奈川 2017_06
堂所山 高尾・陣馬 2015_03
堂平山 奥武蔵 2016_03
長瀞アルプス 秩父 2015_01
那須連峰 那須 2014_10
鍋割山 丹沢 2015_12
南郷山・幕山 神奈川 2018_02
西沢渓谷 甲州周辺 2015_09
子の権現 奥武蔵 2015_01
子ノ権現2(前坂経由) 奥武蔵 2017_01
鋸山 房総 2019_01
パノラマ台 富士周辺 2016_04
八間山・白砂山2 群馬 2017_07
箱根 花さんぽ 2018_05
八方ヶ原 栃木 2019_05
武甲山 秩父 2014_12
吹上コスモスアリーナ 花さんぽ 2019_11
二子山 奥武蔵 2020_10
棒ノ嶺 奥武蔵 2017_06
松田山 丹沢 2015_02
馬頭刈尾根 奥多摩 2016_01
丸山 奥武蔵 2016_02
丸山2 奥武蔵 2017_02
御岳山 奥多摩 2015_02
三つ峠山・本社ヶ丸 富士周辺 2015_05
三頭山 奥多摩 2015_06
南山 丹沢周辺 2016_03
明神ヶ岳 箱根 2016_12
妙義山・中間道 群馬 2017_11
南沢あじさい山 奥多摩 2020_06
矢倉岳 箱根 2015_03
八重山・能岳 中央線沿線 2015_03
八重山・能岳2 中央線沿線 2018_04
竜ヶ岳 富士周辺 2016_04
若御子山 秩父 2016_04
       

 

< 山名リスト(その他の地域)へ >< Topへ戻る >

コメント

山名リスト(その他の地域)

2020-10-25 | 山名リスト
最近歩いた登山ウォーキングのリスト(その他の地域)
  山名 山域 山行月
秋田駒ヶ岳 東北 2014_07
吾妻山・安達太良山 東北 2014_10
四阿山・根子岳 浅間山周辺 2016_06
編笠山 八ヶ岳 2016_06
安達太良山 東北 2018_10
飯縄山 長野 2016_10
裏銀座 北アルプス 2014_09
裏劍 北アルプス 2014_09
美ヶ原・霧ヶ峰 長野 2015_07
烏帽子岳・湯ノ丸山 長野 2018_06
大天井岳 北アルプス 2019_08
涸沢 北アルプス 2015_09
篭ノ登山・水ノ塔山 浅間山周辺 2016_06
鹿島槍ヶ岳 北アルプス 2016_09
甲斐駒ヶ岳 南アルプス 2019_07
北穂高岳 北アルプス 2015_09
木曽駒ヶ岳 中央アルプス 2016_07
熊野古道・中辺路 近畿・北陸 2015_05
雲ノ平 北アルプス 2017_08
黒部五郎岳 北アルプス 2017_08
コマクサ平 北海道 2015_07
権現岳 八ヶ岳 2016_06
斜里岳 北海道 2016_08
縞枯山・茶臼山 八ヶ岳 2018_07
白馬岳 北アルプス 2018_07
常念岳 北アルプス 2019_08
仙丈ヶ岳 南アルプス 2019_07
大雪山 北海道 2015_07
伯耆大山 中国・四国 2015_10
田代山・帝釈山 福島 2015_10
大日岳 北アルプス 2016_10
高妻山 長野 2016_10
蝶ヶ岳 北アルプス 2019_08
燕岳 北アルプス 2019_08
戸隠山 長野 2016_10
加賀白山 北陸 2014_07
八方尾根 北アルプス 2018_07
磐梯山 東北 2018_10
蒜山 中国・四国 2015_10
火打山 長野北部 2016_07
富良野岳 北海道 2015_07
宝剣岳・三ノ沢岳 中央アルプス 2016_07
妙高山 長野北部 2016_07
南蔵王縦走 東北 2017_07
室堂から薬師岳 北アルプス 2015_08
雌阿寒岳 北海道 2016_08
薬師岳 北アルプス 2015_08
槍ヶ岳 北アルプス 2016_08
羅臼岳 北海道 2016_08
       

< 山名リスト(関東一円)へ >
< Topへ戻る >

コメント

二子山

2020-10-24 | 登山

山名: 二子山 (882m)
日程: 2020年10月25日(日)

メンバー: 山を楽しく歩こう会 計12名
行程: 西武線芦ヶ久保駅-雌岳-雄岳-雌岳-芦ヶ久保駅
歩程: 4.10H
標高差: 570m
程度: 初級上
天候: 快晴
費用: 1,020円

芦ヶ久保駅 9:30
 始めての内海リーダーの山行に参加する。私も「熟年ばんざい」の山のグループへの参加を掲載してもらったので、先輩にご挨拶をする為でもある。
 この所、天気があまり良くなくて歩いていないで、体を動かしたくて仕方が無かったので、丁度良い機会でもある。
 久しぶりの快晴である。メンバーは合計12名で所沢あたりの方に集中しているのかと思っていたのだが、結構いろいろな方面から集まって来ている。
 
 

 駅から暗い狭いトンネルを潜って、いきなりの登りである。ペースはかなり早い。『熟年』のタイトルが付いているので、呆れるくらいゆっくりかと思っていたら、とんでもないので、内心びっくりする。さらに驚いたことには、殆どのひと達がこのペースに付いて行っている。やや!これはまずいぞ。私も遅れずに付いて行かなくてはならない。
 
 
 
 

雄岳 昼食 11:40-12:40
 頂上直下の急登のロープに助けらて、ようやく二子山の片方の山頂の雌岳にたどり着く。5人ほどの先客が昼食を始めている。ここは、あまり広くなく、しかも暗く展望が無いので、さらに10分程歩いて隣の雄岳まで行って昼食にすることにする。急な岩場を一度下って登り返すと雄岳である。
 しかしここも木が高くなってしまっていて、展望があるのは、ほんの数カ所である。気温が低いので日向を探すが、あまり上等な場所は見つからない。
 途中で抜いてきたファミリーが上がって来た。小さな男の子は、年長さんだそうであるが。ついに自力で上がって来たようである。まったく驚きである。
 
 
 
 
 

雌岳 通過
 帰路は、雌岳に登り返して、別のルートを芦ヶ久保に下る道である。この登り返しがまた難所であるが、メンバーはかなりのレベルである。まったく不安を感じさせない歩きをしている。
 

 実は、下り道には「歩行禁止」のロープが張ってある。その理由は、冬期の『氷柱』の為の様である。したがって現在は歩行可能、と内海さんは判断してロープを跨いで下り始める。
 この道の方が多少下りやすいが、なかなかどうしてそう簡単ではない。特に、氷柱現場の上方のザラバのトラバースあたりの整備が十分でない。
 

芦ヶ久保駅 14:40


記録 石井徹

コメント