楽山美山

まだ寒さが続きますが、

でも春もすぐそこまでやってきています

楽山美山

2019-02-11 | 登山



< 最近歩いた 山名リスト(関東一円) >
< 最近歩いた 山名リスト(その他の地域) >
 < 次の 山行予定 >

<仲間のホームページ>
東京ハイキング
いくの暇つぶし

コメント

山行予定

2019-02-10 | 山行予定

<< 次の予定 >>
* どなたでも参加自由です。特記が無い限り連絡不要です。集合場所に時間までに来て下さい。
  ただし、初めての方は面倒でも事前に連絡ください。連絡はショートメールまたはPCメールでください。

< 花さんぽ1 梅 >
目的地:曽我梅林
日時: 2月16日(土) 雨天中止
行程: JR御殿場線下曽我駅-『中河原梅林』-瑞雲寺-宗我神社-城前寺-六本松跡-見晴台-『別所梅林』-下曽我駅
歩程: 2.30H
昼食: 持参
集合: 下曽我駅10:00
備考: がつがつ歩くより、早春の山里と梅祭りを楽しみます。

< 花さんぽ2 節分草・福寿草 >
山名: 四阿屋山(秩父) 
日時: 3月1日(金) 雨天中止
行程: 飯能駅=道の駅両神温泉-堂上-大堤-四阿屋山-山居-両神温泉薬師の湯=西武秩父駅=飯能駅
歩程: 4.00H
昼食: 持参
集合: 飯能駅8:15 または東飯能駅8:10
備考: 大堤から四阿屋山までの稜線は岩稜です。それを避けて花さんぽ(節分草、福寿草)だけでも可です。
    車で行きますので、参加希望者は必ず事前に連絡ください。
    帰りに温泉を楽しみます。

< 花さんぽ3 桜 >
目的地:幸手権現堂堤
日時: 4月3日(水) 雨天中止
行程: 幸手駅-幸手市街地-権現堂隄(散策)-幸手市街地-幸手駅
歩程: 3.30H
昼食: どこかで食べられそうです
集合: 東武日光線 幸手駅 9:30
備考: 桜並木の1km程の川堤をぶらぶら
    市街地を歩くのが嫌いなひとはバスもあります

< さんぽ >
目的地:大船観音・七里ヶ浜・長谷観音
日時: 4月13日(土)
集合: 大船駅 南改札口 8:40
行程: JR大船駅-大船観音-大船駅=しょうなんえのしま駅-龍口寺-小動-七里ヶ浜-江ノ電稲村ヶ崎駅=長谷駅-長谷観音-長谷駅
歩程: 3.00H
昼食: 持参して浜辺でも結構。ちょっとリッチに海辺のレストランでも結構
備考: 天気が良ければ、七里ヶ浜を4km歩きます。裸足になるひとは、タオルを持参すること。

< 花さんぽ4 チューリップ >
目的地:忍野八海・花の都公園
日時: 4月25日(木) 雨天中止
行程: 新宿=忍野-花の都-紅富士の湯=新宿 (帰京予定19:10)
歩程: 3.30H
昼食: どこかで食べられそうです
集合: 新宿バスタ 8:15
備考: 昨年に雨天中止となったコースです
    世界遺産の忍野八海をじっくり散策
    バスの席を確保したい方は4月10日までにご連絡ください

山名: 大塚山・日の出山・金比羅尾根
日時: 5月11日(土) 雨天中止
行程: 古里駅-大塚山-御岳山-日の出山-金比羅尾根-武蔵五日市駅
歩程: 7.00H (夏山準備1: 夏山を想定して長時間歩きます。)
昼食: 持参
集合: 古里駅 8:45
備考: 水をしっかり持ってください

山名: 浅間隠
日時: 5月20日(月) 雨天中止
行程: 川越駅=二度上峠-浅間隠山-二度上峠=川越駅
歩程: 3.00H
昼食: 持参
集合: 川越駅 7:30
備考: 帰りに日帰り温泉に入ります
    車で行きますので、参加したい方は必ず事前にご連絡ください

山名: 入笠山
日時: 6月7日(金) 雨天中止
行程: 八王子=ゴンドラ駅=山頂駅-入笠湿原-入笠山-大河原湿原-山頂駅=日帰温泉=八王子駅
歩程: 3.30H
昼食: 持参
集合: 八王子駅 7:30
備考: 高低差の少ない「花さんぽ」のようなコースです
    残雪があるかもしれませんので、靴はしっかりしたものを履いてください
    帰りに日帰り温泉に入ります
    車で行きますので、参加したい方は必ず事前にご連絡ください

090-2141-8946
donkame.ishii@gmail.com
石井 徹

< Topへ戻る >

コメント

山名リスト(関東一円)

2019-02-05 | 山名リスト
最近歩いた登山ウォーキングのリスト(関東一円)
 山名山域山行月
甘利山 山梨 2014_06
畦ヶ丸 丹沢 2016_05
天城山 伊豆 2016_05
岩櫃山 群馬 2014_11
伊予ヶ岳・富山 千葉 2017_01
一宮桃源郷 花さんぽ 2018_04
生田緑地 花さんぽ 2018_05
海沢・大岳山 奥多摩 2015_05
江ノ島 神奈川 2017_02
奥多摩むかし道 奥多摩 2014_11
大山・蓑毛越 丹沢 2015_03
大霧山 奥武蔵 2016_02
大霧山2 奥武蔵 2018_01
大室山・加入道山 丹沢 2016_05
大楠山 神奈川 2017_02
越上山・大高取山 奥武蔵 2017_03
大平山 栃木 2017_06
鬼ヶ岳・雪頭ヶ岳 富士周辺 2018_11
笠山 奥武蔵 2015_04
笠山2 奥武蔵 2018_11
城山かたくりの里 神奈川 2015_04
城山かたくりの里2 花さんぽ 2018_03
鐘ヶ嶽 丹沢 2015_11
鎌倉五山 神奈川 2016_01
景信山 高尾・陣馬 2017_02
鎌倉源氏山 神奈川 2017_03
鐘撞堂山 秩父 2017_04
雁ヶ腹摺山 大菩薩周辺 2017_05
勝峰山・深沢山 奥多摩 2018_03
玄岳 伊豆 2015_02
黒川鶏冠山 山梨 2015_11
草戸山 高尾・陣馬 2017_03
九鬼山 中央線沿線 2017_12
乾徳山 山梨 2014_08
小金沢連嶺 山梨 2014_06
高麗の里 奥武蔵 2015_04
高麗の里2 花さんぽ 2017_09
高麗山 神奈川 2016_01
弘法山 花さんぽ 2018_03
嵯峨山・水仙ロード 千葉 2017_01
正丸峠から高山不動 奥武蔵 2014_11
城山・湯河原 神奈川 2014_12
陣馬山 高尾・陣馬 2016_02
シダンゴ山 丹沢 2017_03
白砂山・八間山 群馬 2017_07
城ヶ島 花さんぽ 2018_01
巣雲山 伊豆 2015_12
浅間嶺 奥多摩 2015_02
浅間嶺2 奥多摩 2019_02
仙元山・逗子 神奈川 2015_12
仙元山・逗子2 神奈川 2018_02
石老山 中央線沿線 2016_02
大菩薩 大菩薩周辺 2015_05
丹沢 三ノ塔 丹沢 2015_04
鷹取山 三浦半島 2015_11
ダイヤモンド富士 富士周辺 2016_04
滝子山 中央線沿線 2016_05
谷川岳 上越 2016_07
嵩山 群馬 2016_11
筑波山 茨城 2014_12
筑波山2 茨城 2018_01
坪山 中央線沿線 2018_04
鎌倉天園 神奈川 2017_06
堂所山 高尾・陣馬 2015_03
堂平山 奥武蔵 2016_03
長瀞アルプス 秩父 2015_01
那須連峰 那須 2014_10
鍋割山 丹沢 2015_12
南郷山・幕山 神奈川 2018_02
西沢渓谷 甲州周辺 2015_09
子の権現 奥武蔵 2015_01
子ノ権現2(前坂経由) 奥武蔵 2017_01
鋸山 房総 2019_01
パノラマ台 富士周辺 2016_04
八間山・白砂山2 群馬 2017_07
箱根 花さんぽ 2018_05
武甲山 秩父 2014_12
棒ノ嶺 奥武蔵 2017_06
松田山 丹沢 2015_02
馬頭刈尾根 奥多摩 2016_01
丸山 奥武蔵 2016_02
丸山2 奥武蔵 2017_02
御岳山 奥多摩 2015_02
三つ峠山・本社ヶ丸 富士周辺 2015_05
三頭山 奥多摩 2015_06
南山 丹沢周辺 2016_03
明神ヶ岳 箱根 2016_12
妙義山・中間道 群馬 2017_11
矢倉岳 箱根 2015_03
八重山・能岳 中央線沿線 2015_03
八重山・能岳2 中央線沿線 2018_04
竜ヶ岳 富士周辺 2016_04
若御子山 秩父 2016_04
       

 

< 山名リスト(その他の地域)へ >< Topへ戻る >

コメント

山名リスト(その他の地域)

2019-02-05 | 山名リスト
最近歩いた登山ウォーキングのリスト(その他の地域)
 山名山域山行月
秋田駒ヶ岳 東北 2014_07
吾妻山・安達太良山 東北 2014_10
四阿山・根子岳 浅間山周辺 2016_06
編笠山 八ヶ岳 2016_06
安達太良山 東北 2018_10
飯縄山 長野 2016_10
裏銀座 北アルプス 2014_09
裏劍 北アルプス 2014_09
美ヶ原・霧ヶ峰 長野 2015_07
烏帽子岳・湯ノ丸山 長野 2018_06
涸沢 北アルプス 2015_09
篭ノ登山・水ノ塔山 浅間山周辺 2016_06
鹿島槍ヶ岳 北アルプス 2016_09
北穂高岳 北アルプス 2015_09
木曽駒ヶ岳 中央アルプス 2016_07
熊野古道・中辺路 近畿・北陸 2015_05
雲ノ平 北アルプス 2017_08
黒部五郎岳 北アルプス 2017_08
コマクサ平 北海道 2015_07
権現岳 八ヶ岳 2016_06
斜里岳 北海道 2016_08
縞枯山・茶臼山 八ヶ岳 2018_07
白馬岳 北アルプス 2018_07
大雪山 北海道 2015_07
伯耆大山 中国・四国 2015_10
田代山・帝釈山 福島 2015_10
大日岳 北アルプス 2016_10
高妻山 長野 2016_10
戸隠山 長野 2016_10
加賀白山 北陸 2014_07
八方尾根 北アルプス 2018_07
磐梯山 東北 2018_10
蒜山 中国・四国 2015_10
火打山 長野北部 2016_07
富良野岳 北海道 2015_07
宝剣岳・三ノ沢岳 中央アルプス 2016_07
妙高山 長野北部 2016_07
南蔵王縦走 東北 2017_07
室堂から薬師岳 北アルプス 2015_08
雌阿寒岳 北海道 2016_08
薬師岳 北アルプス 2015_08
槍ヶ岳 北アルプス 2016_08
羅臼岳 北海道 2016_08
       

< 山名リスト(関東一円)へ >
< Topへ戻る >

コメント

浅間嶺2

2019-02-02 | 登山

山名: 浅間嶺 (903m)
日程: 2019年2月2日(土)

メンバー: 楽山美山 4名
行程:  武蔵五日市駅=人里-人里峠-浅間嶺(昼食)-時坂-下山-払沢の滝往復-バス停=武蔵五日市
歩程: 4.30H
標高差:  400m
程度: 3
天候: 快晴
費用: 2,800円

武蔵五日市駅 9:00
 武蔵五日市の駅前のバス停は大行列です。臨時バスを含めて、バス3台で数馬方面に向かいます。快晴でしかも無風でしかも暖かい絶好の山びよりです。バスの客はもちろん、こんな日に家の中に居たくない人達でしょう。


今日は数日前の久しぶりの雨のお陰で、山には雪が期待出来そうです。と言うことで、この山行計画はばっちりと当たった様です。
 大部分の登山客は「上川乗」で降りて行きます。その人達の中に『東京都レンジャー』の人達が10数人いました。今日は、「生藤山」から「陣馬山」までのルート整備をするそうで、『土方仕事です』と言っていましたが、頭が下がる思いです。頂いたパンフレットを見ると東京都の職員の方のようですが、まったくご苦労様です。おかげさまで、我々は楽しく歩かさせていただけます。パンフレットをさらに良く見ると、『サポートレンジャー』というのもあるので、一般の人も同様なボランティア活動が一緒に出来そうです。

人里 9:40 – 9:55
 あれだけの数の人が3台のバスに乗っていたのに、人里で降りたのは我々4人だけです。静かな落ち着いた山登りが出来るのを喜ぶと同時に、なにか寂しい気がします。こんな良い道、こんな良い山をひとり締め、いや4人締め出来るとは。
 最初の歩き出しの部落の舗装された歩道の登りがこのコースの一番の難関です。傾斜度20度くらいはあるでしょうか。ここが凍っていると登るのは困難ですが、今日は幸いに全く凍っていないので、助かります。
 

 登山道は南斜面なので、雪はほとんどありませんが、稜線近くまで上がると桧の木々の根元に雪が積もっています。葉の上に残っている雪が、時折サラサラと、と言っても音もなく落ちてきて、それが木々の間に射してきている日の光に輝いて「スノーダスト・ダイヤモンドダスト」です。素晴らしく美しいです。

人里峠 11:00
 稜線に出ると、雪が10cm~15cmくらい積もっています。さらさらの雪で、降ったばかりなので、まだあまり踏み固まっていません。最上の雪の状態です。このような状態なので、勿論ツボ足で歩けますが、せっかくアイゼンを持ってきたので、さっそく装着します。
 


 途中からトレースを外して、誰も歩いた跡のない道に入ります。雪はふわふわで、歩いても音がしません。山頂方面から降りてくる単独の女性に会います。『トレースがなかったので多少不安でした。これからは安心して歩けます』との言葉を聞きながらすれ違います。
 
 
 

浅間嶺(昼食) 11:55 – 12:50
 山頂にも5、6人の人しかいなくて、ここの広い展望ポイントも独占状態です。富士山はやや霞んでいますが、7合目あたりから上が見えます。真っ白です。今日の昼食は、レーズンバタースティック4本、ミニチキンラーメンですが、手造りチーズケーキの差し入れがありました。なので、早速コーヒーを淹れます。
 


 北側の山並みは、大岳山・御前山、そして少し遠くに雪をかぶった鷹ノ巣山・七ツ石山・雲取山です。ここにこれだけの雪があるのに、山並みの南斜面に全く雪が無いのがちょっと不思議な景色です。
 風が全く無く、居眠りをしそうな暖かさです。食事をしている時に、上川乗でバスを下車した40名ほどの団体が上がって来て、またすぐに時坂方面に下っていきました。
 


 緩やかな雪道の下りも楽しいものです。時折トレースを外して、自分勝手に下って行きます。

峠の茶屋 13:45
 峠の茶屋の少し手前までアイゼンを履いて歩くことが出来ました。この辺りはさすがに登山道にはもう雪は少なくなりました。峠の茶屋の門には張り紙がしてあります。去年の11月で閉店したそうです。下の第2茶屋に書いてありましたが、創業1686年だそうなので、333年間の営業を停止したことになります。大変残念です。この茶屋は、江戸時代の官林を管理する代官様の休み所が発端のようです。

下山 14:45
払沢の滝 15:00
 滝が凍っているかどうかを見に行こうとのことで、払沢の滝に向かいます。ここは観光客が歩けるように、道にウッドチップを敷いたりして整備してあります。
 完全凍結にはなっていませんが、そこそこ凍っているのでまあ満足というところでしょうか。

バス停 15:30 – 15:48
 バスを待つ間に、目の前にある豆腐屋でお土産に豆腐を買いました。その場で湯豆腐を食べている人もいます。


記録 石井徹

< 楽山美山TOPへ戻る >

コメント