にれっちのつれづれ日記

本州最北端の小児科医にれっちの独り言(^^)

「お互いさま」と「当たり前」を「ありがとう」の心で

2018-11-29 19:33:27 | つれづれ
「お互いさま」と「当たり前」、この二つの言葉を皆さんはどういう意味で使っているでしょうか?
もしかしたら「目には目を歯には歯を」という意味に考えたりはしていないでしょうか?

私は「一人は万人のために、万人は一人のために」という言葉が大好きです。
だから、「お互いさま」と「当たり前」を「ありがとう」の心で使いたいと思います。

人は誰でも「他人に認められたい、大切にされたい」と思うものだと思います。
自分が大切、それが保証されるには、自分と一緒にいる家族が安心していられることが大切。
自分の家族が大切、そのためには、家族の周りにいる人々が安心していられることが大切。
周囲の人々が大切、そのためには、地域の人々が安心していられることが大切。
地域の人々が大切、そのためには、、、
結局、自分を大切にするためには、すべての人々を大切にすることが必要だということです。

実際には、口で言うほど簡単なことではありませんが、「みんな違っていていい」からこそ「違っているみんなが同じように大切にされる」べきなのだと、常に自分に言い聞かせて努力したいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 津軽地方でインフルエンザ流... | トップ | いよいよ12月、師走だけど… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

つれづれ」カテゴリの最新記事