にれっちのつれづれ日記

本州最北端の小児科医にれっちの独り言(^^)

インフルエンザ急増、学級・学年閉鎖も多数

2018-01-30 14:08:58 | 病気のはなし
インフルエンザが爆発的に増加し、下北地区でも学級閉鎖や学年閉鎖(小規模校では学校閉鎖)が続々と出てきました。
ほとんどはB型なのですが、一部A型が多かったり、両方が流行中の学校もあります。
こういう状況になると、カゼ症状のある人にインフルエンザの検査をして出校(登園)停止の有無を決めるやり方には、感染拡大の効果はほとんど期待できません。
医療機関に行けばインフルエンザの患者が多数いるので、自分が他のカゼであっても帰るまでに感染してしまう可能性がありますし、登校すれば学校中にウイルスが漂っているのと同じですからやはり感染の可能性が大ということになりるからです。
こういう段階では、医療機関側は「カゼ症状を発症し、他の疾患を疑う必要性が低いと判断されたら検査をせずともインフルエンザと診断する」こととして(感染症定点のインフルエンザ届出基準では検査は必須項目になっていません)、学校側も学校保健安全法第一九条の「校長は、感染症にかかつており、かかつている疑いがあり、又はかかるおそれのある児童生徒等があるときは、政令で定めるところにより、出席を停止させることができる」を適用すればよいのです。
インフルエンザの治療の基本は他のカゼと同様に「対症薬で症状を和らげて治癒を待つ」ですし、もし抗インフルエンザ薬による発熱期間の短縮を希望する場合でも検査結果が必須なわけではなく「医師のインフルエンザの診断」があればよいのですから、むやみに検査を行う必要はありません。
因みに出席停止措置を行う場合に最も有効なのは、「一気に5日間程度の学校閉鎖を行う」ことです。
発症者を休ませるだけでは潜伏期間中の保菌者がウイルスを撒き続けますし、学級閉鎖や学年閉鎖では他学級・他学年への拡大は防げず、ダラダラと感染が続くためです。
もちろん家庭や地域を通じての感染による再流行もあるでしょうが、今年のような爆発的な流行の場合には「学校閉鎖」が最も効果的と言えます。
疾患についての正しい知識を持つことによって、より良い対策をしていきたいものですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大流行することと、濃厚な医... | トップ | 下北管内小中学校臨時休業状... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

病気のはなし」カテゴリの最新記事