にれっちのつれづれ日記

本州最北端の小児科医にれっちの独り言(^^)

むつ市がRSウイルス感染症予防注射費用の一部を助成

2018-05-02 17:47:12 | 病気のはなし
むつ市が、RSウイルス感染で重症化しやすい早期産児に対する抗体接種費用の一部助成に踏み切りました。
  >>> むつ市HPの記事はここをクリック
効果は高いのですが、通常の予防接種と違い抗体の注射なので一定期間しか効果が持続せず、費用も非常に高額で、接種をためらってしまうケースも少なくはなかったため、これまでもむつ病院小児科Drをはじめ多くの関係者が要望をし続けていたのですが、ようやく日の目を見ました。

助成対象者は、
1.在胎期間(出産時の妊娠週数)が28週以下で、12か月齢以下の乳幼児
2.在胎期間が29週から35週で、6か月齢以下の乳幼児
で、1回につき10,000円までで、1人あたり50,000円が上限となります。

問い合わせや申請手続きについては、むつ市子どもみらい部子ども家庭課「子育て給付グループ」電話番号:22-1111(内線2514・2518)まで。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 麻疹流行が続いています、GW... | トップ | イルカウォッチング~夢の平... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

病気のはなし」カテゴリの最新記事