にれっちのつれづれ日記

本州最北端の小児科医にれっちの独り言(^^)

学校で経口補水液作りなんてどう?

2013-07-12 14:01:24 | つれづれ
Twitterでフォローしていただいている方が、「暑い期間だけでもいいから、スポーツ飲料とか塩飴配ればいいのに・・。小・中学校は自販機ないよね?ぬるい水道水だけ・・・」ってつぶやかれていたのを見て、ハッと気づきました。
嘔吐下痢症の時に指導している、経口補水液の作り方「水1L+砂糖40g+塩2-3g」を、朝一番で子どもたちに作らせれば、学校での熱中症を予防するだけではなく、自分の健康を自分で守る学習にもなりますよね。
マイ水筒持参で、朝一で経口補水液作り
PTA提案で、皆さんのお子さんが通っている学校でやってみませんかぁ~ (^o^)/
コメント   この記事についてブログを書く
« 原子力発電について思うこと | トップ | 夏風邪の流行が始まったか? »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

つれづれ」カテゴリの最新記事