明日へのヒント by シキシマ博士

ご訪問くださりありがとうございます。あまり頻繁には更新できませんが、どうぞよろしくお願い致します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ゲド戦記」 伝わって来ないテーマ

2006年09月02日 00時51分18秒 | 明日のための映画
宮崎駿氏が携わったものは、監督をした作品のみならず、ジブリよりずっと以前の作品(〝ホルスの大冒険〟や〝長靴をはいた猫〟)から数多く見ています。どれも大好きです。
が、そのご子息の宮崎吾郎初監督作品「ゲド戦記」には、ほとんど期待も興味も持っていませんでした。当初は…。
ところが、公開からだいぶ経ちますが、耳に入って来るのは酷評ばかり。
あまりにけなされてるので、逆に、いったいどれほど酷いのかこの目で確かめたくなり、とうとう観てしまいました。

結論から言ってしまうと、「やっぱり、観なくても良かったかな」という感想になってしまいます。
ジブリ作品ではじめて、途中、ウトウトしてしまいました。

私は原作を読んでいません。
観る前に読んでおいたほうが理解し易いという話も耳にしますが、私の考えでは、基本的に、映画化する以上はそれ単独で理解できないものは完成作品として認める気になれません。

この作品、不明確なところが多すぎます。
まず、主人公アレンがなぜ父を殺したかがよく判らない。
アレンには影が付きまとい、他の登場人物にはその現象が起こらない、その特異性の説明が無い。
「まことの名」とは何なのか、どれほどの重要性があるのか、まったく語られていない。
具体的に、世界がどういう風におかしくなって来ているのか、示されていない。
それらがことごとく曖昧なままのため、主人公アレンがどこへ(何に)向かおうとしているのかが皆目判らない。

これらの疑問はどれも、この物語の世界観が言葉で僅かに説明されるだけで、実感を伴わないまま物語を進めてしまい、そして終わらせてしまったことに因るのだと思います。

もちろん、ある程度は観客側の想像力に委ねるところがあって良いですが、これだけ不明確な部分が多い(程度を超えてしまっている)と捉えようが無いです。実感が持てないのです。

そんな中で私が最も想像力を働かせてしまったのは、アレンが父を殺したことと、吾郎氏が父・駿氏の影響を断ち切ろうとする姿とが重なるのかな? ということ。
しかしそれならば、田中裕子さんや菅原文太さんのような、父の作品で実績のある人を安易に使うべきではなかったし、表現においても、随所に父の手法を確信犯的に真似ているとしか思えないところがありました。
結局、父の影響から脱却しようとしているように見せて、肝心なところでは父のやり方にまるまる頼ってしまっています。
これはズルイですよ。
この甘さが、作品全体に透けて見えてしまっています。
肝心なところで、自分が監督をしているという責任から逃げているようにも見えます。
私は、作品の出来についてはあまり責める気はありませんが、監督のこういった姿勢には、どうしても共感することが出来ませんでした。

一応、
テルーの「命を大切にしない奴なんて大嫌いだ」というセリフや、
大賢人ハイタカの「この世に永遠に生き続けるものなどありはしない。自分がいつか死ぬ事を知っていると言う事は、我々が天から授かった素晴らしい贈り物なのだ」というセリフがテーマになっている筈ですが、それがストーリーとして展開していません。
セリフのみに依存している気がします。
アーシュラ・K. ル・グウィンの原作がもとであるにせよ、映画化にあたり、作り手が自分の作品として表現する以上は、テーマもしっかりと自分のものにしなくてはいけないと思うのですが、そこが中途半端な気がしました。

けっきょく私には、カッコ良くて耳障りの良いセリフ以外、手応えのあるものが何ら伝わって来ませんでした。

エンドロールに〝原案・宮崎駿「シュナの旅」〟とありました。
この原案はよく知ってます。大好きな作品です。原案はとっても素敵な作品なのに、この映画に生かされてないですね。
「シュナの旅」は、徳間書店・アニメージュ文庫の一冊。
この映画で溜まったストレスを解消するのにぴったりの1冊だと思いますよ。


シュナの旅
宮崎 駿
徳間書店

このアイテムの詳細を見る

これは超お勧めです!

コメント (6)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
« 「佐賀のがばいばあちゃん」... | トップ | 「花田少年史 幽霊と秘密の... »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
むむむ。 (こっちゃん)
2006-09-04 08:52:42
シキシマ博士さんもキビシイ感想になっちゃいましたか。

・・・ですよね。(^-^;



一言でこの映画を語るなら「違うな」ということに尽きます。

なにもかもが違う。

ジブリの画を観ているのに、まるで別物を観てるかのようでした。

あいたたた。



どこまでも平面的で奥行きのない映画でした。

この映画の「大ヒット御礼」のCMを観る度、

「これ以上被害者を増やさないで」と思ってしまいます。



そう言いながらも、もちろん次回作に期待はしていますが。(笑)
>こっちゃん (シキシマ博士)
2006-09-04 20:35:49
たしかに、「あの画なのに…」っていうのはありますね。

もっと、宮崎・父作品と違う画風だったら、別の見かたも出来たのかな?



いずれにせよ、TVCMは行き過ぎてますね。

ジブリ最大の不幸の一つは、日テレと手を組んでしまった事だと思います。

過度のCM依存しているうちは、永久に正しい評価を知ることが出来ないと思います。

同時期に公開の他の作品とおなじ宣伝の仕方だったら、とっくに打ち切りになっていてもおかしくない映画だと思います。
なんとなく分かります (にゃむばなな)
2006-09-18 16:46:21
シキシマ博士さんのご意見、なんとなくですが理解できます。

私はこの映画を面白いと感じました。昔の駿監督の作品に似てるところが好きでした。

でもおっしゃられるとおり、アレンが父を刺した(どうやら殺してはないそうですよ)理由とか、「まことの名」の真意とかが説明不足でしたね。私はそこがあまり気にならなかったので楽しめたのだと思います。



どんな映画にも一度気になると入っていけなくなる所がありますが、今回に関しては私は気にならなかったのが幸いだと思いました。
>にゃむばななさん (シキシマ博士)
2006-09-21 00:01:39
>昔の駿監督の作品に似てるところが好きでした。



そうですか。

私は逆に、駿監督の作品には初期からあった〝伝えたい想い〟が、この作品からは感じられず、親子でも全然違うんだなと感じました。



>説明不足でしたね。私はそこがあまり気にならなかったので楽しめたのだと思います。



話の軸の部分ですから、そこが曖昧では、私には受け入れようがありませんでした。



でもこれは、あくまでも私の感じ方です。

にゃむばななさんがこの作品を楽しめたというのは、ちょっと羨ましくもあります。
こんばんは! (猫姫少佐現品限り)
2006-10-07 02:49:41
この映画、何よりも、父親殺しという重罪をうやむやにしている点だけで、気に入りません。続編で解決するつもりなの?

さすがジブリ、興行的には成功なんですね。でも、世間の評価が低いと言うことは、息子監督にとっても良かったと思います。

現場修行から、やり直してください。
>猫姫さま (シキシマ博士)
2006-10-08 23:29:42
同感! この罪がうやむやのままでは、その後にいくら命の尊さを訴えても、まるっきり説得力がありませんね。

続編作ったとしても、たぶん観に行く人は少ないでしょう。

吾郎監督も鈴木プロデューサーも、この〝失敗〟から多くを学んで欲しいですね。

コメントを投稿

明日のための映画」カテゴリの最新記事

8 トラックバック

ヘド戦記 「ゲド戦記」 (平気の平左)
評価:50点 ヘド戦記:「ゲド戦記」を見てあまりの凡作っぷりに、何のスキルもない息子を強引に監督に据えた鈴木プロデューサーに対してヘドが出た男の感想 決めゼリフ:ジブリを大切にしないやつなんて大っ嫌いだ 前評判ほどの駄作とまでは言いませんが、か ...
ゲド戦記 (2006) (こっちゃんと映画をみまちょ♪)
こっちゃんポイント ★★ 鑑賞環境  映画館   上映時間 115分 製作国 日本 公開情報 劇場公開 (東宝) 初公開年月 2006/07/29 ジャンル ファンタジー/ドラマ   竜が人間の住む世界に現れて共食 ...
ゲド戦記 (まぁず、なにやってんだか)
アサヒ飲料で「ゲド戦記」の試写会が当たったので、9歳の長男と行って来ました。 画像がとても美しいので、絵画を習っている長男や、油絵を習い始めた私にも勉強になるのではないかな、と思ったからです。 実は、宮崎アニメはかなり苦手。でも、宮崎吾郎監督 ...
★「ゲド戦記」 (ひらりん的映画ブログ)
8/1映画の日、夜7:45~の回で見てきました。 1000円の日だし・・・ ジブリだし・・・ 混むかな・・と思ったので、久しぶりにネット予約。 ひらりんの前に20名ほど席が埋まってました。 上映前になって約8割の入り・・・ってとこでしょうか。
ゲド戦記 (UkiUkiれいんぼーデイ)
「ち、ちょっと・・・気分が・・・ゲド」ε=( ̄ω ̄υ) 「ハイタカ(吐いたか)?」Σ(゜Д゜;))) 私も普段は“なぎさ”という“通り名”を使っていますが、“真(まこと)の名”は 細木数子です (*´ψψ`) 世界の均衡(バランス)が崩れつつ ...
『ゲド戦記』 (アンディの日記 シネマ版)
娯楽度[:テレビジョン:]         2006/07/29公開  (公式サイト)  満足度[:星:][:星:]  【監督】 宮崎吾朗 【プロデューサー】 鈴木敏夫 【脚本】 宮崎吾朗/丹羽圭子 【原作】 アーシュラ・K・ル=グウィン  『ゲド戦記』シリーズ( ...
ゲド戦記 (Yuhiの読書日記+α)
 遅ればせながら、「ゲド戦記」を見に行ってきました。前評判で、あまり良くないという噂を聞いていたので、全然期待せず見たのですが、やっぱり前評判通りでしたね。普通は、期待せずに見たら、案外良かったというものが多いのですけど・・・{/namida/}  まだ ...
ゲド戦記 06年165本目 (猫姫じゃ)
ゲド戦記 2006年   宮崎吾朗 監督   アーシュラ・K・ル=グウィン 原作岡田准一 、手嶌葵 、田中裕子 、菅原文太 、風吹ジュン 原作ものですよね。人間と魔法使いと竜が存在するんですよね。 息子さんが、初めて監督したんですよね。 てか、やっぱ ...