スパニッシュ・オデッセイ

スペイン語のトリビア
コスタリカ、メキシコ、ペルーのエピソード
パプア・ニューギニア、シンガポールのエピソード等

モツ語(2)、パプアニューギニア人の名前

2014-08-07 06:51:16 | パプア・ニューギニア
  モツ語は開音節言語だが、このほかにも開音節言語はありそうである。
 そういうわけで、パプアの沿岸部だけではなく、パプア・ニューギニア人には日本人っぽい名前の人もいる。
 Kila, Ao, Nango, Nambaさんなどである。この組み合わせで、Kila Ao さんという人もいたが、極めつけは Kila Kila さんである。これぞ、究極の「キラキラ」ネームである。名刺をもらったのだが、紛失してしまった。残念なことである。
 さて、パプア・ニューギニア人には、そもそも姓があるのかどうかも不明で、父親の名前を姓の代わりにしているのではないかと想像しているが(どなたかご存知の方がいらっしゃれば、ご教示ください)。
 1984年ごろのことであるが、Abe Toru という日本人がいた。この名前はパプア・ニューギニア人の響きを持つようで、よくパプア・ニューギニア人だと思われたとか。
 ところで、筆者が覚えたモツ語は“Oi namo?”だけである。そもそも使う機会がないので、学習のモチベーションが低い。
 “oi”は「あなた」の意味であるが、日本語のぶっきらぼうな呼びかけ、「おい」を連想させる。“namo”は「いい、元気」という意味で、“Oi namo?”は、結局、中国語の「你好」と同じである。
 “oi”はハワイ語では“oe”となる。あの“Aloha Oe”の“oe”で、本来の意味は「あなたが愛されますように(歓迎されますように)」ということだそうだ。 


ポチッとクリック、お願いします。

↓↓↓
スペイン語 ブログランキングへ

スペイン語とともに考える英語のラテン語彙の世界 (開拓社言語・文化選書)
好評発売中!!こちらは、このブログとは別物です。もちろん、トリビア満載です。



『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パプア・ニューギニアの言語... | トップ | ピジン語(1) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

パプア・ニューギニア」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事