スパニッシュ・オデッセイ

スペイン語のトリビア
コスタリカ、メキシコ、ペルーのエピソード
パプア・ニューギニア、シンガポールのエピソード等

ピジン語(8)何歳ですか?

2014-08-27 09:11:48 | パプア・ニューギニア
 日本人は欧米人には年齢が分かりにくいようだが、日本人にとってもパプア・ニューギニア人の年齢はわかりにくい。特に、山岳地帯の部族はよくわからない。
 そこで、今回はスペイン語とは関係ないが、ピジン語で面白いのは年齢を尋ねる表現を取り上げよう。
 英語の“How old are you?”は直訳は「あなたはいかほど年を取っているか」だが、スペイン語では“¿Cuántos años tiene?”で、直訳は「(あなたは)何年を持っているか」である。ピジン語では“Yu gat hamas krismas ya?”という。英語に逐語訳すると、“You got how many Christmases?”となる。“hamas”は“how much”がなまったようだが、“how many”の意味でも使われる。
 面白いのは「クリスマス」である。「何回クリスマスを持った(過ごした)か」という表現は、日本の数え年を連想させる。昔は、日本では誕生日を祝う習慣はなく、元旦にみんな一斉に年を取ったものである。
 パプア・ニューギニア人の年寄りは自分の年齢さえ知らない人もいた。年齢が分からなければ、誕生日も分からなくて当然だろう。筆者が勤めていた国立高校の生徒たちはみんな自分の誕生日を知っていたと思うが。
 ともかく、“Yu gat hamas krismas ya?”は、なかなかよくできたピジン語の表現である。

ポチッとクリック、お願いします。
↓↓↓
スペイン語 ブログランキングへ

スペイン語とともに考える英語のラテン語彙の世界 (開拓社言語・文化選書)
好評発売中!!こちらは、このブログとは別物です。もちろん、トリビア満載です。
はじめてのピジン語―パプアニューギニアのことば


コメント
この記事をはてなブックマークに追加