As Time Goes By

好きな物、感じた事、懐かしい物を
適当に綴ってゆくブログ

SIGMA DP2 Merrill~羊の皮を被った狼~

2018年12月10日 19時06分05秒 | 写真関連

©SIGMA

気が付いたら購入から既に6年も経っていました。
俺のメリル(笑)

デジカメで6年落ちなんて、もう過去の物・・・
って感じですよね。普通は。

でも今年購入したα7Ⅱで
いくら頑張っても、ピクセル等倍(100%)鑑賞では
このカメラの足元にも及ばないのです


高画質に貢献しているのは
SIGMA唯一のFoveonセンサー(三層)と
専用設計されたSIGMAレンズ。
この組み合わせで、条件がそろった時に撮れる写真は
息を飲むほどの解像とフィルムライクな質感描写。

初めてこのカメラの存在を知り
撮られたサンプル写真を見た数時間後には
衝動的に注文していました。
だって、その写真は
まるで中判のポジフィルムをルーペで見ているようで
衝撃的だったから・・・

発売から6年経った今でも
その写りの良さは現役!!
比較対象は、いずれもハイエンド一眼。

現在最新のα9やα7Ⅲなどの裏面照射センサーが
どれくらいのポテンシャルなのか
所有していないのでわかりませんが
いずれにせよコンパクトカメラで
一眼相手にタイマン張れるというのは凄い事ですよね(^^)


和歌山城天守から紀ノ川河口付近を撮った写真。
クリックして拡大すると横1920pixelに(モバイル版のみ)



そしてブログでも等倍鑑賞できるように
範囲指定した部分を横640pixelで切り抜き。



あ~、、全然ダメ(泣)
うpした時点で再圧縮かけられてシワシワになってしまいました。
gooブログは写真にはあまり適してないんですよね。

実際にはエネルギーセンターの文字がもっと鮮明だし
橋の手すりの柱、1本1本が確認できます。
(これでも現像時シャープを-1)
撮影場所から遥か離れた海面の波立ち具合まで
記録されている点に注目してください!
ほんと、果てしなく解像するので
「鷹の目」どころの騒ぎじゃないですよ。コレ。
1ピクセル単位で解像してます(^^)

α7Ⅱですと、遠景はもっとポワ~ンとぼやけるので
劣化してしまったとは言え
これでもよく見えてるほうだと思いますけどね。



ちなみに拡大した付近までは約2.6kmの距離があるようです。
45mm(35mm換算)で撮影しているので
割と人間の視野に近い距離感覚かと思います。
もちろん、肉眼ではエネルギーセンターの文字なんて見えません。

どうですか?この驚異の高精細・・・

・・・と、ここまでは
DP2 Merrillの良いとこばかり書いて来ましたけど
お約束の欠点も書いときます。
散々言い尽くされてきた事で今更なんですけど(笑)

●ISO400以上の高感度がほぼ使えない
●手振れ補正がない
●ファイル容量が60MBを越える事も
●RAW1枚をSDカードに書き込むのに約10秒かかる
●管理人の使い方だと40枚撮れずにバッテリーが切れる
●ホワイトバランスが不安定
●シャドー部分の扱いが難しい
●現像ソフトが重い/X3Fの汎用性のなさ


いずれも最新のカメラと比べると
何世代前の性能なんだよって感じになるのですが
そんな些細な事を軽~く覆すだけのポテンシャルを秘めているので
6年経った今でも手放せない。
いや、この先も手放さない。
やっとショット数1000枚越えたばかりだしw

むしろ画角の違うDP1MやDP3Mを買い足したい!
(中古で高いけど)
キャッシュバックキャンペーンの時に
無茶してメリル三兄弟を全てGETしておかなかったのが
いまでは少々心残り。

で、最近ちょっと悩んでいるのが
沖縄に行く際に、メリルを持ってくか
それともαと交換レンズ数本でいくか・・・

DP1.5 Merrill (35mm換算・35mm)なんてのがあったら
丁度、痒い所に手が届きそうで良いんだけどなぁ(^^)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ブラックフライデー SALE | トップ | 平成35年 »

コメントを投稿

写真関連」カテゴリの最新記事