「困った時はお互い様」    

NPO法人「ドネーションシップわかちあい」事務局ブログです

生きづらさのうねり

2019-07-21 05:27:21 | 情報・イベント紹介
※情報紹介です

参院選で記者は反省した 「生きづらさ」のうねり、
ここまでとは…山本太郎氏と「れいわ」が突きつけたもの

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190720-00000001-withnews-sci&p=1
7/20(土) 22:13配信

7月21日投開票の参院選では、選挙直前に年金への不安から生まれた「2千万円問題」が浮上しました。日本では「貧困」が大きな関心を集める現実があります。参院選の取材を通して見えた「生きづらさ」について考えました。(朝日新聞記者・牧内昇平)

生きててくれよ!と叫んだ山本太郎氏

まずはこの文章を読んでください。

《1年間で2万人くらい、ひと死んでるんですよね。自殺で。異常ですよ。戦争も紛争も起こってないのに。

なんでこんな状況にされなアカンの? 生活安定していたらこんなことになる? 働き方にもっと余裕あったとしたら、こんなことになる? 自分がいていいんだ、自分が存在していいんだっていう世界になってたら、こんなことになる?

自信を奪われてるだけですよ。自分は生きてていいのかって。生きててくれよ! 死にたくなるような世の中やめたいんですよ!》

これは、山本太郎氏がゴールデンウィークに神戸・三宮で行った2時間以上にわたる街頭演説の抜粋です。

続きはこちら↓
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190720-00000001-withnews-sci&p=1

コメント   この記事についてブログを書く
« フィリピン・冨田江里子さん... | トップ | 私たちの願い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

情報・イベント紹介」カテゴリの最新記事