「困った時はお互い様」    

NPO法人「ドネーションシップわかちあい」事務局ブログです

こども脱被ばく裁判~南相馬市立総合病院の患者数データ

2018-10-27 07:18:21 | 原発・放射能
※OurPlanet-TV↓から情報紹介させて頂きます
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2315

福島県在住の小・中学生らが、
年間1ミリシーベルトを下回る地域での教育を求めて、
福島県や福島市などの市町村を訴えている裁判
(通称、子ども脱被曝裁判)で
原告側弁護団が被曝影響を示す証拠として、
南相馬市立総合病院の患者数データを福島地裁に提出しました



詳しくはこちら↓をご覧ください
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2315
『社会』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 笑顔つながろう会~第50回... | トップ | まこもたけ »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2018-10-28 08:35:31
子ども帰還見合わせ要請 国連報告者「年間1ミリシーベルト以下に」

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201810/CK2018102602000137.html
東京新聞 2018年10月26日 朝刊

【ジュネーブ=共同】国連人権理事会で有害物質の管理・処分などを担当するトゥンジャク特別報告者は二十五日、東京電力福島第一原発事故で避難した子どもや出産年齢の女性について、事故前に安全とされた被ばく線量を上回る地域への帰還を見合わせるよう、日本政府に要請する声明を発表した。

 在ジュネーブ国際機関日本政府代表部の担当者は声明に対し「非常に一方的な情報に基づいており遺憾だ。風評被害にもつながりかねない」と批判した。

 福島では避難指示が解除された地域から住民の帰還が進んでいる。日本政府は被ばく線量が年間二〇ミリシーベルト以下を解除要件の一つとしているが、トゥンジャク氏は事故前に安全とされていた年間一ミリシーベルト以下が適切だとの見方を示した。

 声明は、日本政府には「子どもの被ばくを防ぎ、最小限にする義務がある」と強調した。

 また、原発事故の避難者にとって、住宅無償提供の打ち切りなどが「帰還への多大な圧力になっている」と指摘した。

 トゥンジャク氏ら人権理の専門家三人は八月、原発事故の除染作業員ら数万人が被ばくの危険にさらされているとして、緊急対策を求める声明を発表。日本政府は一方的な情報に基づくとして「緊急対応が必要とは考えていない」と反論した。
Unknown (Unknown)
2018-10-30 17:44:16
「全国がん登録」最新データ公表 福島県で胃がんは3年連続で「有意に多発」していた

https://level7online.jp/2018/%e3%80%8c%e5%85%a8%e5%9b%bd%e3%81%8c%e3%82%93%e7%99%bb%e9%8c%b2%e3%80%8d%e6%9c%80%e6%96%b0%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%bf%e5%85%ac%e8%a1%a8%e3%80%80%e7%a6%8f%e5%b3%b6%e7%9c%8c%e3%81%a7%e8%83%83%e3%81%8c/
Unknown (Unknown)
2018-11-01 06:32:26
東日本大震災=福島第一原発事故を境に、激減している日本総人口
http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-528.html

コメントを投稿

原発・放射能」カテゴリの最新記事