「困った時はお互い様」    

NPO法人「ドネーションシップわかちあい」事務局ブログです

野宿者ネットワーク、生田さんのお話を聞いて

2012-11-14 21:21:00 | 会員日記
※ドネ会員ページ(SNS)の中から紹介します。


◆野宿者ネットワークの生田武志さんのお話し会

報告が遅くなってしまいましたが、先日、伊丹市立中央公民館で催された、野宿者ネットワークの生田武志さんのお話会に行ってきました。
お話の内容を少しご紹介します。

◆先日、大阪梅田でホームレス襲撃事件が起こりました。
今までにも、何度も襲撃事件はありました。
ホームレスの襲撃犯はだいたい中高生の少年グループで、夏休みに集中して起こる事が多い。
以前にも、寝ているホームレスの人の衣服にガソリンを巻いて、大やけどをさせた事件がありました。何とか一命は取り留めましたが、身体の約1/3近くやけどを負う重症でした。
でも、マスコミの報道は新聞にとても小さい記事だけだったそうです。
「もし被害者がホームレスでなく子供だったらどうでしょう?
マスコミは連日連夜、大きく報道するでしょうね」

ホームレスの人たちは、何も悪い事をしていません。実際にホームレスから被害を受けた話はほとんど聞きません。
ホームレスの人たちの事を理解されないまま、汚い、怖いといった大人の偏見が、子どもたちにそのまま理解されてしまいます。
梅田の襲撃犯人たちは、近々逮捕されると言っておられました。

◆生田さんは、「どういう経緯でホームレスになってしまったのか」「働かない怠け者ではない」など、ホームレスの人たちの事を説明し理解してもらおうと、学校を回って、ホームレス問題の授業をされています。
実際に授業をしていく中で、ホームレスの人たちの襲撃が1年間で半分に減った県があったそうです。

お話の後半、DVD「ホームレスと出会う子供たち」を15分ほど観ていただきました。
子どもたちが夜周りに行く様子が映っていました。
子どもたちがホームレスの人に「大丈夫ですか?お身体はどうですか?」と一人一人に声をかけていきます。
夜周りをするのが初めてという高校生の男の子がいました。
ホームレスの人になかなか声をかけられないで、小学生の子供たちが声をかけるのを側でじっと見ている感じです。結局最後まで言葉をかける事ができませんでした。
私も初めて夜周りに参加させてもらった時に、こんな感じだったなぁ…と思いだしました。
子供たちが夜周りをした感想をいう場面がありました。
小学生の男の子がホームレスのおじさんに、「段ボールの中に入ってみるか?」と誘われたそうです。
男の子は「遠慮させて頂きます」と言って断ったようです。
生田さんの話では、それから1年後、その男の子はホームレスのおじさんの段ボールの中に入ったそうです。入った感想は「暖かかった!」と言っていたと。
1年の間に、ホームレスのおじさんと男の子との間に信頼関係が出来たのだと。


◆大阪市の「子どもの家事業」の廃止について。
大阪市には子どもの放課後事業として「学童保育」「児童いきいき放課後事業」
「こどもの家事業」の3つがありますが、「こどもの家事業」の補助金は廃止決定されたそうです。
来年度はまだ補助金は出るそうですが、再来年からは補助金はでません。
職員は解雇になるでしょう…。
ドネでも支援をさせていただいている「山王こどもセンター」も再来年度からの運営が心配です…。


◆二人のひろしについて
池袋通り魔殺傷事件の犯人、造田博と「ホームレス中学生」で知られる田村裕。
この二人、親に捨てられてどん底を味わうのですが、歩んだ道は対照的である。
1999年に造田博は池袋通り魔殺傷事件を起こします。
同じ年に田村裕は川島と組んで漫才コンビ「麒麟」を結成します。
2007年、造田博は死刑が確定。
田村は「ホームレス中学生」がベストセラーになりました。
造田博は、高校では成績優秀でしたが、親が失踪して授業料を払えなくなって止むを得ず中退。親が失踪した後、誰からもほとんど支援がなく、職を転々として社会の中に居場所を見つけられずに、事件を起こしてしまいます。
麒麟の田村裕は、借金の返済ために差し押さえられた家の前で兄姉と共に、父親から「解散」と言われ、父親はそのまま失踪。
公園で一人野宿生活を始めますが、近隣の人々や教師から暖かい支援があって、兄姉と生活を共に出来るようになります。
温かい支援の手が差し伸べられた田村裕とそうでなかった造田博
この二人の人生を大きく分けた違いは「関係の貧困」だと。
二人とも経済的には貧困だったのですが、人間関係において造田博は「関係の貧困」に陥ってしまったのだと。
造田博は生田さんの通われていた高校の後輩だそうです。
生田さんは高校生の時を振り返って「冷たい学校」だったと言われていました。


◆空き缶・段ボール集めの「買い取り相場」
アルミ缶 1kg 100円 1個1円~2円 日給1000円 自給100円
段ボール 1kg 6円 リヤカーにいっぱい積んで100kg 日給600円 自給60円

他にも、女性の貧困、若者の貧困、子どもの貧困のお話もされていました。
うまくまとめ切れなくてすみません。


◆久しぶりに生田さんにお会いしました。
以前にドネで夜周りや炊き出しのお手伝いをさせてもらったきりで、その後何も参加出来ていなくて、ずっと気になっていました。
生田さん少し痩せられたように見えましたが、お話を聞いているとお元気そうでした。
日雇い労働の仕事は年齢的にもきつくて3年くらい前に辞められたそうです。
今は子どもの里や山王こどもセンターでアルバイトをしたり、講演の仕事をしたりして生計を立てているということでした。
生田さんは大学を卒業してからずっと釜がで寝泊まりし、ホームレスの人たちの心に寄り添って来られています。
このお話し会の後も、夜回りに行きます!とおっしゃっていました。
貧困、ホームレスの人たちの現状は、良くなる兆しがないし、むしろ悪化しています。
そんな中でずっと支え続けておられる生田さんたち、本当に大変だと思うし、時にはもう辞めたいと思った事はないのだろうか…何がここまで生田さんたちを動かすのだろう…これを書きながら、生田さんに質問したら良かったと今頃思っています。

夜周りに参加して、生田さんのお話しをきいてから、自分がホームレスの人たち対しての認識が間違っている事を知りました。
初めて夜周りした帰り、あまりにも自分たちの生活とギャップがあり過ぎて、なかなか受け入れられなくて、自分はいったい何が出来るのだろう…とそんな重たい気持ちになって帰った事を思い出しました。
DVDに出てくる子どもたちが、ホームレスのおじさんにかける一言一言の言葉がとても温かく聞こえて、ジーンときて泣きそうになりました。
「ホームレスと出会う子どもたち」のDVDを買いました。
ご覧になりたい方は、貸出しますのでご連絡下さい!


*****************
※「ホームレスと出会うこどもたち」↓紹介しています
http://blog.goo.ne.jp/donationship/e/c66ee922f7a4e6bab73aa605e66a1b10

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 昨夜はお腹が痛かった | トップ | 福島の姿~3・11で止まっ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

会員日記」カテゴリの最新記事