「困った時はお互い様」    

NPO法人「ドネーションシップわかちあい」事務局ブログです

クロスベイスより、お礼のメッセージをいただきました!

2018-12-15 07:24:01 | ドネーションシップ
第17回↓ドネ―ションシップ・プロジェクトで
https://blog.goo.ne.jp/donationship/e/07a3318711c9d0be3a9976c358c9c422

わかちあい(寄付)をさせて頂いた
NPO法人クロスベイスより
お礼のメッセージをいただきました!
ありがとうございます!
こ紹介させていただきます

寄付、わかちあいが終りではなく、
<現場を知る、一緒に考える、自分に出来ることをする>
ここからはじまるつながりも大事にしていきたいと思っています
これからもよろしくお願いします
(立川さき)

**************************
クロスベイス からの メッセージ
**************************

 この度は、貴法人から「分かち合い、支え合い」の精神に基づく、心温まる寄付を受け賜り、心から感謝を申し上げます。
 当法人は「差別と貧困をなくし、ともに生きる社会をつくる」というビジョンに掲げ、
2017年4月に大阪市生野区にある生野コリアタウン(御幸通商店街)の真ん中に事務所を開設しました。生野コリアタウンは、韓流ブームもあり大阪で有数の集客力を誇る商店街として日々活況を呈しています。一方で生野区は「課題先進自治体」ともいえる多くの社会課題に直面しています。

同区は在日コリアンをはじめ区民の5人に1人、実に60ヵ国の外国籍住民が日々暮らしているまちです。その比率は、全国の自治体1700以上のうち都市部自治体の中で圧倒的に第1位。特に近年は中国やベトナムの人々が急増しており、在日コリアンのまちから「多国籍・多民族」のまちへと大きく変容しつつあります。そうした変化に比べて、行政などによる多文化共生施策が立ち遅れている現状があります。

 また超少子高齢化の時代潮流の中で、同区の西部地域にある12校の小中学校は数年以内に5校に縮小再編されることが決まっています。子どもの貧困化も深刻で、低所得家庭に支給される義務教育期の子どもへの就学援助費の受給率は全国平均の2倍以上にあたる34.6%(2016年)、3人に1人以上の割合です。

 こうした地域状況の中で、当法人は国籍や民族的ルーツ、生まれ育った家庭環境の格差が、学力や進路の格差につながらないよう子どもたちの学習サポート教室「DO-YA」と体験活動「DO/CO」を実施しています。昨年8月に1名からはじまった「DO-YA」には、現在23名の子どもたちが通っています(2018年12月現在)。

毎週水曜日と木曜日に行われている「DO-YA」に通う子どもたちの構成は実に多様です。国籍も日本、韓国、ベトナム、中国の4カ国にわたり、親が国際結婚や日本国籍を取得している場合もあり、文化的背景も複雑です。日本語指導が必要な子どもたちもいます。
ひとり親家庭で経済的にも困窮している家庭も多い。学校生活や日常生活で生きづらさを抱えている子どもたちもいます。

若い講師を中心に子どもたちと寄り添いながら一緒に勉強をします。講師たちは活動を通じて、原則子どもたちに命令、禁止、比較をしたりする言動はしません。勉強が終われば、講師たちは子どもたちと「雑談」と呼ばれる1対1の対話の時間を持ちます。
教室には、いい感じの空気が流れています。

 また昨年10月から始まった「DO/CO」は原則月1回行われています。子どもたちが「広い世界、異なる他者、未知なる自分」を発見し、自分の将来を考えるきっかけをつくります。これまで13回開催され、のべ参加者は349名になりました(2018年12月現在)。
直近の「DO/CO」の活動では大学キャンパスツアーと銘打って、小学4年生から中学3年生までの子どもたちを中心に立命館大学・大阪いばらきキャンパスの見学と大学生たちとのワークショップを行いました。ある不登校の小学生は感想シートに「大学に行って、自分のやりたいことを見つけたい。大学に行こうと思った」と記していました。
今後もいろいろな人や体験ができる機会を提供していきたいと思います。

 当法人は生野コリアタウン(御幸通商店街)の事務局も担っていますが、今後は多文化共生の生野区モデルの構築に向けて市民主導で考え、活動していくためのプラットホームづくりにも注力していくつもりです。しんどい家庭の子どもたちが、生き生きと暮らしていくことができる仕組みづくりにも貢献できればと考えています。
この度のご支援は、子どもの学習サポート教室と体験活動などの子ども支援事業の費用として大切に使わせていただきます。あらためて、感謝いたします。

2018年12月
NPO法人クロスベイス
代表理事 宋悟

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ドネ・プロジェクト 第17回目... | トップ | 北海道胆振地震支援基金(い... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ドネーションシップ」カテゴリの最新記事